cojiromaruさんのアイコン画像

cojiromaru

主だって決めなかったのですが、会場の雰囲気を生かしたくアンティーク調を基調としました。
また、装花の担当さんのご提案もあり、主人と共通の趣味である「読書」をテーマにペーパーアイテムを自作し、装花の周辺も古書風のアイテムを揃えていただきました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-02-16
赤坂プリンスクラシックハウス
100人以下

洋館の一室で行う挙式はゲストとの距離が近く、見守られているような、アットホームで記憶に残る式ができました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-02-16
赤坂プリンスクラシックハウス
100人以下

雰囲気のあるクラシカルな会場で、アンティークな装花がよく映えます。
日中は背面の窓いっぱいに、緑が見えることもおすすめです。

コンセプトやこだわったこと

私たちは結婚式、披露宴を16時:親族披露宴/18時:挙式(親族+ゲスト)/19時:来賓・友人披露宴という、二部制の形で行いました。

そのため、第一部ではアットホームな家族団欒の時間を、第二部では1.5次会のような、カジュアルなパーティーをイメージして工夫しました。

具体的には、余興として新郎新婦からガチャガチャを用意し、第一部では親族紹介をくじ引きにし、第二部ではプレゼント大会を行いました。
また、会場の雰囲気を生かすために、ペーパーアイテムをデザインしたこともこだわりの一つです。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ショップ
THE TREAT DRESSING

海外のブランドのものです。
レースとビジューが印象的な、マーメイドラインのドレス。

個性的なマーメイドラインで、ショートヘアによく映えたため決めました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ショップ
THE TREAT DRESSING

トリート・ドレッシングオリジナルのものです。
くるみボタンのついたボレロと、サテンプリーツのクラシックなドレス(3wayでした)。

クラシックピンクの色が、会場によくマッチすると思い決めました。
また1着目と雰囲気を大きく変えることができるのも、決め手の一つです。
※お色直しをしたのは、第二部目のみです。

SHOES
シューズ

トリートドレッシングのレンタル品でした。
1着目は12cmヒール、2着目は15cmの厚底ヒールです。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ベリーショートに近いショートヘアだったので、ボルドーレッドのリップで華やかにしてもらいました。
また2着目では片側だけコテで巻き、アシンメトリーにしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

1着目は、ビジューの印象的なドレスだったため、重量感のあるアンティークなイヤリング。
2着目は、アンティークゴールドの、大きな花のピアスにしました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

1着目はなし。
2着目は、グリーンと小花をつけてもらいました。

NAILS
ネイル

シンプルで、指がきれいに見えるカラー中心のデザインにしました。
数本アクセントに、1mm程度のクリアパーツを乗せてもらいました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

アンティーク調を基調にしました。

第一部:くすみピンク、ホワイトの花、グリーンに綿花+キャンドル、タッセル
第二部:ボルドー、ピンクの花、グリーン+キャンドル、タッセル、本のモチーフなど

FLOWERS
装花のポイント

一部二部で雰囲気を大きく変えたかったので、テーマカラーを少し変えたところです。

FLORIST
フローリスト

mini et maxi 浜川さん

FOOD
お料理のこだわり

試食のメインがとても美味しかったので、そのメニューが含まれているコースにしました。
またノンアルコールメニューに「リーフワイン」という、東洋紅茶が含まれているのも気に入りました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

シンプルで、グリーンの装飾がされたケーキを選びました。

WEDDING FAVORS
引出物

第一部:ペアボウル、赤坂プリンスクラシックハウスオリジナルクッキー
第二部:カタログギフト、赤坂プリンスクラシックハウス
※第一部はご高齢の方もいらしたため、カード式のカタログギフトではなく、ボウルにしました。
贈り分けはしていません。

PETITE GIFTS
プチギフト

福砂屋のキューブカステラ(金、銀、白色)を贈りました。
私の祖父母が昔住んでいた場所で、思い出にちなんで選びました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

カルティエ 1895 プラチナ
ソリテールリング

WEDDING RING
結婚指輪

カルティエ 1895 プラチナ

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

一番感動したのは、新郎のお母様の手紙でした。
一部の最後の挨拶は、新郎のお母様にお願いしており、その手紙の中の私たち二人に「生まれてきてくれてありがとう」という言葉に涙してしまいました。
改めて家族の一員になったことを感じ、結婚式をした意味を噛み締めた瞬間でもありました。

二人らしさとは

私たち二人が大事にしていることは、思いやりを忘れず、互いを尊重する気持ちをもち続けることです。

嬉しかった参加者の反応

・人前式が二人らしくてよかった
・ペーパーアイテムやムービーなど、手作りのポイントに二人を感じる楽しい披露宴だった
・料理が美味しかった
・装花や装飾を真似したい
・二部制がよかった

私にとって結婚とは

人生を一人でなく、二人で走ることになったという感じです。
時に助け合い、支えあいながら、楽しいことだけでなく辛いことも悲しいことも、共に分かち合っていくことに幸せを感じます。
少しだけ、自分がパワーアップできた気がしています!

節約のための工夫

・ペーパーアイテムを自作 (招待状、席次表・メニュー・プロフィール、席札、ドリンクメニュー)
・オープニングムービー、プロフィールムービーを従姉妹に作成してもらった
・ウェルカムボードを、友人に描いてもらった

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式は旦那さんになる彼や彼の家族、自分の家族、友人たちなど、自分たちを今まで支えてくれたたくさんの人たちと向き合い、考える良い機会だと思います。
ぜひ彼と二人で力を合わせて、おめでとうの声でいっぱいの素敵な式を作ってください!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です