卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
アニバーサリーアン恵比寿
100人以下

円形ホールでゲストに囲まれながら誓い合える結婚式が出来るのは、アニバーサリーアンだけだと思います!!
私たちはゲストの多さに比べ、 比較的コンパクトな式場だったので、当日まで広さを心配していました。
いざ当日、扉が開くとゲスト一人一人との距離が近く、アットホームな式が挙げられました。
キリスト挙式にしましたが、人前式のようなみんなに認めてもらったような感じでした。
こんな式は初めて!と、ゲストからもとても喜んでもらえました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
アニバーサリーアン恵比寿
100人以下

披露宴会場も、ゲストとの距離が近いことが私達は1番のポイントでした!
また、高砂の後ろはミラーになっていて、
バックスタイルや、壁だと映らないゲストの表情が見えて良かったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストが一番に手に取るペーパーアイテムは特にこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

元々私はプリンセスラインのウェディングドレスに魅力を感じておらず、最初からマーメイドドレスが着たい!と思っていました。
最初はビージングや刺繍の入っているドレスをイメージしていましたが... このドレスを着た時に、 あ!!!これかも!!という気持ちになりました。
どのドレスよりもスタイルが良く見えました。
ただ、お値段が予算を上回っていたことと、だいぶ細身のドレスだったので、かなり悩みました。
家族に何枚か写真を見せ、相談したところ、全員一致でこのドレスがいい!とのことだったので、このドレスに決めました。
もちろん旦那もこのドレスを1番に推してくれました。 ウエストのツイストが細見えをupし、裾のボリュームが、座ったときにプリプリっとなって、本当にマーメイドになった気分です**

ブランド
INES DI SANTO
ショップ
JUNO
ドレス 2着目

元々はウェディングドレスを2着着たいと思っていました。
しかし、運命すぎる1着に出会ったので、2着目はカラードレスにしました**
Junoのカタログをもらったときから、気になっていたこのドレスでした。
とても人気ドレスだったらしく、試着を3.4ヶ月待ちました...
実際に見てみると、 動くたびにキラキラするビーズ達 パステルカラーが苦手だったので、 このスモーキーグレーにも一目惚れしました。
このドレスに出会う前から、2着目は赤いシューズにすると決めていたので、そこの相性も抜群過ぎて即決しました◎

ブランド
Leaf for Brides
ショップ
JUNO
シューズ

1着目はTHE LOVEL のゴールド×ベージュのシューズ。
2着目はmiumiuの赤いシューズ。
どちらもオープントゥで足先が見えるようにしました。

ヘアメイクのポイント

挙式ヘアはあまり今どきっぽくならないように、
上品にアップにしてもらいました。
2着目は、下めポニーで雰囲気を変えてもらいました! メイクについては、上品過ぎず、 普段とあまり変わらないようなメイクで、お任せでやってもらいました*

アクセサリー

挙式と披露宴でアクセサリーを変えました。
挙式イヤリングは手作りしました。
バールから見えるお花がお気に入りです*
披露宴では、友人のアクセサリーブランドsominiumのイヤリングです。

ヘッドアクセサリー

挙式ではシルバーのティアラ。
披露宴では、 CA4LA weddingのベッドドレスをつけました。

ネイル

肌馴染みがいいゴールド。 + シューズやブーケに合わせて、アクセントに赤を入れてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

ブーケは、私の名前にも入っている百合を入れました**
高砂や、テーブルには、深いグリーンと色味は入れずにホワイトのお花をメインにしました。
6月生まれなので紫陽花を入れてもらいました。

装花のポイント

百合はウェディング過ぎてしまわないように、
蕾や葉っぱを多めにしてカジュアルにしました。
本当は花粉を入れたかったのですが、ドレスにつくので絶対NG!と言われ、花粉の色味を意識したドライを入れてもらいました**

お料理のこだわり

私は甘いものが苦手なので、 デザートはウェディングケーキのみにし、その分、お料理をランクupしました。
アニバーサリーアン自慢のホイップバターは、ゲストが大喜びしていました。
バターを食べたくてパンをお代わりしちゃったとの声をたくさんもらいました。
旦那は飲食店勤務なので、 お料理大丈夫かな?と心配でしたが、とても美味しかったと気に入ってもらえました。
お料理が美味しいのも、 アニバーサリーアンに決めて良かった**と思えるポイントです。

ウェディングケーキ

ケーキにも色味を使いたくなかったので、ホイップで参考画像を元にウェーブを描いてもらいました。
ファーストバイトの演出がどうも好きでなかったので、 新郎兄夫婦にお手本バイトをサプライズで頼み、義姉にスプーンを選んでもらい、ファーストバイトをしました。
(大きいのと小さいのを2本使え!との指示ありました。笑)
新郎兄夫婦は遠方に住んでいるので、なかなか親族と会える機会が少なかったので、親族からも喜んでもらえたり、他ゲストにも彼の家族をたくさん知ってもらえたのは私にとっても嬉しいです**

引出物

親族、職場上司には、UMASHIMAという、食品カタログ/桐箱に入った引き菓子/風呂敷付きの鰹節
友人には、1品と1食品が選べるカタログのセット(確かマイプレシャスのカタログ)
女性友人には、お皿+ドレッシングのカタログ/小分けされてる引き菓子
男性友人には、ペアカップ+世界のビールカタログ/小分け引き菓子を贈りました。
引出物の持ち込みはNGでした。
引出物バッグも本当は持ち込みたかったですが、持ち込み料かかったので諦めました。

プチギフト

彼がイタリアンで働いているので、 イタリアのジュースYOGAにしました。
オシャレでコスパ最高でした。
みんなにオススメしたいです!

婚約指輪

メダルジュエリー
小ぶりなダイヤが5つ並んでます。
彼がサプライズでくれたもので、ゴールド×プラチナのデザインです。
大きなダイヤではありませんが、私はリングをつけられるようなお仕事なので、普段つけられるものを希望していて、 希望通りすぎるリングです。
一生大切にしたいと思ってます。

結婚指輪

友人夫婦で作っているemiru jewelryに初のマリッジリングを特別に作ってもらいました。
(これからはマリッジリングも展開予定とのこと)
いわゆる結婚指輪ってテイストが2人とも苦手だったので、何度か打ち合わせをして、本当に可愛くて思い入れのあるリングを作ってもらえました。
一生大切にしたいし、本当に誇りに思う友人です。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

私の夢は、小さい頃からずっとお嫁さんになることでした。
can you celebrateで入場すること。
祖母に結婚式に出席してもらうこと。
入場のときに 急に結婚式してるーって実感が湧いて、大好きなみんなが手を叩いて喜んでくれてる。
と特別な気持ちになりました。
中座で祖母に迎えきてもらった時は、一生懸命歩いてきてくれる姿や、本当に嬉しそうな祖母に涙出そうになりました。
祖母は結婚式後、 とても元気になって写真を毎日枕元に置いて寝てるそうです。
結婚式当日はもちろんですが、 結婚式後の家族の絆が深まったこと。それがとても嬉しいです。

二人らしさとは

相手を想う気持ちです。
私よりも彼は本当に自分よりもまず相手をという人です。
結婚式も自己満にはなりたくなくて、 ゲストの目線で常に考えました。
結婚式ってお呼ばれしたときに、100%嬉しい気持ちだけとは限らないとも思っていたので。
私たちが楽しいことはもちろんですが、自分がゲストだったらどうかな?ということを考えていました。

嬉しかった参加者の反応

もう一回あの日に戻りたい!というくらい素敵な式だったね。
私たちが理想としてたいた、ディズニーランドに行った時のような気持ち。
と言われて、それが実現に出来ていたんだと思って、涙が溢れました。
彼の職場の先輩達も、集まるたびにいい式だったと話してくれているそうです。
訳あって来れなかったゲストからも写真からも幸せが溢れていると言ってもらえて、私達自身も本当にいい式が出来たと思っていて(笑)、ゲストの声はどれもとっても嬉しいものでした。

私にとって結婚とは

家族が増えることです。
私はこれまで家族が増えたことがありませんでした。家族が半分になったこともあり、家族に対していいイメージもなかったし、結婚に対しても決していいイメージだけではなかったです。
しかし、 彼と出会って、 彼の家族と出会って、
本当に幸せな気持ちになりました。
家族が増えることがこんなに嬉しいなんて思いませんでしたし、家族がこんな幸せなものだとも知りませんでした。
私はこれまで、家族との時間を疎かにしてきましたが、これからは少しずつでも家族の時間を増やしていければと思います。
彼と彼の家族には、心から感謝しています。

後悔していること

後悔していることは、
スパイダーシャワーが1つ不発だったこと。
イヤリングが壊れてしまったこと。
準備では、ムービーや招待状に時間を費やしすぎてしまい、後半かつかつになってしまったこと。

やりたかったけれど諦めたこと

高砂の装花や、会場の装飾をもっとモリモリにすることです。金額が怖すぎました。笑
あとは式場が改装してしまって、本当は前の方が良かったなーとも思いながら、何か出来ないかなーと思いながら当日を迎えるしかなかったことです。

節約のための工夫

ペーパーアイテムは全部自作しました。
ウェルカムスペースなど本当に必要かを考え、
慎重に購入し、ほぼ家にあるもので完成させました。
またアクセやシューズ、インナーはメルカリを利用しました!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私達が1番に考えたのは、ゲストに楽しんでもらえることです。
私達と同じように、今日という日を忘れない1日にしてもらうことを目指しました。
オシャレな花嫁様がたくさんいらっしゃって目移りしてしまうと思います。
テーマを決めるべきだとか、テイストを絞りブレないようにする!とか、そういうアドバイスは確かに正しいと思いますが、 決まらなかったり、無理矢理決めてしまうと、そういう言葉は自分を苦しめることもあります。
自分らしく、2人らしく、 マイペースに。
2人らしさを楽しみにしてくれるゲストがたくさん待ってくれています。
当日までワクワクと同じぐらい、不安な気持ちもたくさんあると思います。
私も式場やドレスショップへ不満を伝え、凹んだこともありました。
ですが、式当日はそんなことが全く無かったかのように幸せな1日でした。
想像以上の喜びで幸せに溢れた1日になります。
今の時間、人生で1度きりのプレ花嫁を楽しみながら、最高の1日を迎えてください。

前撮り
後撮り
豊島区立目白庭園

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

前撮りは家族に見守られて行いました🥰
彼のご両親と、私の母と祖父母。
現地に到着すると、
全員にカメラを向けられ、ポーズをとるたびに可愛い〜💕と言われ、まるで七五三のようでした👘笑
和装は母と祖母の希望でしたが、やって良かったです**
こんなふうに家族写真を撮るのは何年ぶりだろう...
いや、初めてかもしれない。
私の結婚をきっかけとして、家族が集まってくれることが、今すごく嬉しいです🦋💓

和装前撮り アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

衣装の数

1

着用した衣装

色打掛