卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

ngtskr

ngtskrさんのプロフィール写真
テーマは『ナチュラルウエディング 』

お花はドライフラワーで統一してみどりとくすんだ色を使いました。なるべく式場の小物は使わず自分でハンドメイドしたりハンドメイドの作家さんから購入したりして揃えました。
東京都 / 表参道駅
ラグナヴェール 青山

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ラグナヴェール青山
70人以下

会場が地下だったんですが、中に滝があり上から入ってくる光ですごくキラキラ光っていて、いい写真が撮れました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ラグナヴェール青山
70人以下

ナチュラルにアットホームな披露宴にしたかったので、各テーブルが結構近めのゲストハウスを選びました。当日はみんなと距離が近くとてもアットホームでたのしい披露宴になりました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

写真もふつうの写真を加工してチェキ風にしたり白黒にしたりして小物にも一工夫しました。特にウェルカムスペースは自分で考えれたのでこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

夏でしたが、どうしても透け素材の長袖のドレスを着たかったので真っ白のレースの長袖ドレスを選びました。

ブランド
PRIMACARA
ドレス 2着目

お色直しはふつうカラードレスですが、自分がイメージした披露宴の雰囲気はカラードレスが合わなかったので、2着目もウエディングドレスにしました。

1着目とはまた違う少し霞んだ白色で袖なしのタイトめのドレスにしました。

シューズ

レンタルしたのであまり覚えていないです。でもヒールの高さはあまり高くないものにしてもらいました。

ヘアメイクのポイント

ツヤツヤメイクにしたかったので、ハイライトをたくさんいれてもらいました。
あまり濃いメイクがすきじゃないので薄めのメイクで、ドレスに合わせてピンクやオレンジのチークに変えたりしました。

アクセサリー

ドレスに合わせてシルバーで統一したり、あまり飾りすぎるのは好きではなかったのでシンプルなものにしました。ハンドメイドのピアスも探して使いました。

ヘッドアクセサリー

シンプルな飾り物や紐とドライフラワーをつかったヘアアレンジもしてもらいました。

ネイル

すべて白ベースにしてもらいシンプルでオシャレな感じにしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

お花は基本的にはドライフラワーでした。
ブーケも装飾もドライフラワーにしてもらい、ユーカリをたくさんつかって緑で統一しさた。

装花のポイント

披露宴会場に木とお花のガーランドを飾りたかったのでおいていただきました。

フローリスト

会場と提携していたお花屋さんだったので名前はわからないです。

お料理のこだわり

結婚式の料理はゲストの方にがっかりされないように事前に式場の試食会にいって味などを確認しました。

ウェディングケーキ

ケーキはあまり生クリームをつけず、少しスポンジ部分が見えるような感じでケーキにもドライのオレンジやグリーンを乗せてもらいました。

引出物

親戚にはステンレス製のコップペア/会社の上司にはステンレス製のコップ/女性友人には美容グッズとタオル/男性友人にはビームスの食器

引き菓子は全員バームクーヘンでした。

プチギフト

チーズ味のパスタ

結婚指輪

かわいいなと思っていたeteの指輪をプレゼントしてくれました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

式から披露宴まででたくさんの方が感動してくださっていて、その姿をみて涙がでました。特に親への手紙は親も自分も普段は言えない気持ちを伝えることができてとても感動しました。最後に新郎からサプライズでお手紙とひまわり100本をもらって感動しました。

二人らしさとは

いい意味でも悪い意味でも2人とも子供な部分があるので、2人で仲良く話したり泣いたりする素の部分を出せたところが私たちらしい式だったなとおもいました。

嬉しかった参加者の反応

装飾や会場選びや小物にこだわったのでみんなからわたしらしくてとてもオシャレだったと褒めていただいて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

結婚する前とした後ではそんなに変化はなかったんですが、結婚しているということでお互い自然と支え合っていけているなと思います。

後悔していること

小物集めや招待状にとりかかる時期は早ければ早いほどいいなと思いました。わたしはこだわっていたにもかかわらず、ギリギリで準備してしまったので結婚式3ヶ月前からずっと忙しかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

お花の装飾はお金をかければかけるほど可愛くなるので飾りたくても金銭的に限界はありました。

節約のための工夫

招待状はほぼ自分で作りました。デザインや印刷も自分でやったので節約になったと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式の準備はゆとりをもって2人でゆっくりしていったほうが仲良く楽しく当日を迎えることができると思います。