卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
アートグレイスウエディング コースト
70人以下

白くて大きな大階段に一目惚れしました!
20mのバージンロードも素敵で、バージンロードの意味を教えていただいたときは、ぜひ両親と歩きたいと思いました。
日本とは思えないほどのリゾート感あふれる立派なチャペルでした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
アートグレイスウエディング コースト
70人以下

私たちの披露宴会場は、テーマカラーでもあるピンクがモチーフの会場だったので、わくわくした気持ちがとまりませんでした!
DIYした物も用意しましたが、こちらから用意しなくても十分なぐらい、装飾品はたくさんありました。
階段があり、階段から再入場する演出もできました。
ガーデンもあるので、ガーデンで写真を撮ることもできます!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

テーマカラーの白とピンクを取り入れ、DIYできるものはDIYしました。
また、テーマのディズニーをたくさん取り入れました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

式場内のドレスショップ
アクアグラツィエ
AQ0012

ウエディングドレスは、王道のウエディングドレスがよかったので、サテンで長いトレーン、そしてバックに大きなリボンが付いているものを探しました。

ブランド
ACQUA GRAZIE
ドレス 2着目

式場内のドレスショップ
EBI0023

ピンクのお花が付いているものを探しました。
卒花さんからいただいた、お花のヘッドパーツが似合いそうだったので、カラードレスは、このドレスを1着目に着た瞬間、これだ!と思いました。

シューズ

ウエディングドレス用として、キラキラの太ヒールがよかったので、ネットで探して購入しました。
10センチヒールです。

カラードレス用は、白のレースで、小花がついている物を用意しました。
こちらもネットで探しました。5センチヒールです。

ヘアメイクのポイント

挙式では低めのシニヨンにし、お色直し後は、ラプンツェル風にしてもらいました。

アクセサリー

挙式時はパールのネックレスとイヤリング、小さめのティアラをつけました。
お色直し後は、カラードレスにお花がついていたので、お花の形でキラキラしたネックレスとイヤリングをつけました。

ヘッドアクセサリー

お色直し後は、卒花さんからいただいた、ラプンツェルをイメージしたカラーのお花のヘッドアクセサリーをつけました。

ネイル

シンプルな白ベースにしました。
薬指にはお花のデザインを入れました。

メインで使った花や装花のテイスト

ピンクと白で可愛らしいイメージをお伝えしました。
大好きなガーベラも入れてほしいとお願いしました。

装花のポイント

あまりこだわりはなかったので、ほとんどお任せしました。

フローリスト

式場でお願いしました。

お料理のこだわり

お料理のコースはいくつかあり悩みましたが、卒花さんからアドバイスをいただいて選びました。

ウェディングケーキ

カタログ内から選びましたが、色をピンクに変えてもらいました。
カタログでは、ナチュラルテイストのお花がついていましたが、葉はなくしてもらい、ピンクと白のお花を所々に散りばめてもらいました。
ミッキーのケーキトッパーを用意し、つけてもらいました。

引出物

彼の親族が遠方から来られたので、引出物は後日、各ご家庭に送られるヒキタクにしました。
中身は、メインはカタログ(親族や上司には少しお高めのカタログ)、引菓子としてバームクーヘン(親族や上司には堂島のバームクーヘン)、縁起物はドレッシングとスープのセット/鰹節と、一人ひとりに送りわけができました。

プチギフト

コストコのマルティネリというりんごジュースを用意しました。
葉っぱのタグをDIYして、くくりつけました。

婚約指輪

アイプリモ

結婚指輪

アイプリモのウェーブラインで、真ん中ではなく、サイドにダイヤが付いているデザインです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

職場からサプライズムービーがありました。
小学校で働いているのですが、教職員からではなく、クラスの子どもたちからのメッセージもありました。
子どもたちに結婚することはまだ言っていなかったので、とても驚きました。
教え子から結婚式のときにお祝いしてもらうのは夢だったので、その夢が叶い、本当に嬉しかったです。

二人らしさとは

お互いを尊敬しあうことです。

嬉しかった参加者の反応

テーマのディズニーづくしで、とてもこだわっていた結婚式で、本当に幸せ溢れる結婚式だった、と聞いたときは嬉しかったです。
また、同窓会みたいで楽しかった!と言って頂けて、私たちだけではなく、ゲストにも楽しんでもらえたのも嬉しかったです。

私にとって結婚とは

喜怒哀楽を一番に共有することです。

後悔していること

彼には内緒でプランナーさんに、「彼のデザートプレートに""奥さんにしてくれてありがとう""というメッセージをかいてほしい」とお願いしていたのですが、当日かかれていなかったのは、残念でした。

やりたかったけれど諦めたこと

デザートブュッフェです。
今まで、私自身がデザートブュッフェがある結婚式に参列したことがなかったので、珍しくゲストにも喜んでもらえると思ったのですが、仕事柄、年上のゲストが多く、その方たちに立って取りに行ってもらうのは失礼と思い、諦めました。

節約のための工夫

DIYできるものはDIYしました。
また、アクセサリーやベール、シューズやパニエなど、自分たちで用意できるものは用意しました。
お花にはこだわりがなかったので、装花はプランではなく、単品でお願いしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

準備は大変かもしれませんが、一生に一度の結婚式。
やりたいことを詰め込んで、とことんこだわりましょう!
その準備期間が楽しい時間ですよ!!
テーマを決めて進めていくのも、楽しいですよ!