卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
美らの教会
30人以下

ガラス張りの天井なので、教会の閉塞感がなく、光もたくさん入って開放感のある素敵なチャペルです!
牧師さんもユーモアあふれる方だったので、和やかな雰囲気で挙式ができました。バージンロードを歩く際は天国に行くような気分でした(笑 

待合ロビーも含め挙式会場全体的に白で統一されていて、ゲストも「会場に着いた瞬間からワクワクした!」と言っていました。
※挙式会場内は撮影不可なのだけが残念でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
美らの教会
30人以下

会場に大きなガラス張りの窓があり、開けられるようになっています。私はケーキカットをしなかったので開けなかったですが、ケーキカットの際は窓を開けて、外のガーデンに出れるのでガーデンウェディングのような雰囲気も味わえようです!

54人くらいが入る会場を30人程度で使いましたが、私達は披露宴中かなり動き回ったので、大きめの会場でもちょうどいいくらいでした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

「ゲストと距離を近く過ごす結婚式」
にこだわりました。

自分が友人の結婚式に参加した経験から、「もっと新郎新婦とゲストが話せる結婚式にしたい」と思っていました。そのため、通常の結婚式から変更したところがいくつかあります。

1.フラワーシャワー→ゲストとハイタッチ  
※自分がゲストとして参加した際に、フラワーシャワーだと写真を撮りながら、空いてる手でお花を用意しなければならず大変だった経験もあり、ゲストとハイタッチにしました。
ハイタッチにすることで、ゲストも写真を撮りやすいですし、何よりハイタッチするときにゲスト一人一人に話しかけられたので良かったです

2.三線の生演奏
披露宴では余興などは特にお願いせず、代わりに新郎新婦からのプレゼントとして沖縄らしく三線の生演奏を入れました。その際には、新郎新婦も高砂を離れてゲストの席に自ら向かうようにしました。

3.前日の夜に親族のみの食事会を実施
親族一同が泊まるホテルをこちらで手配したため、「当日までに顔見知りになって頂こう」と前日夜に親族のみの食事会を設けました。
普通は挙式後に行うことが多いと思いますが、前日にやったことで当日も親族同士顔見知りになり、緊張もほぐれて目指してた「アットホーム」な雰囲気で当日を迎えられて良かったです。親族からも好評でした。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

品番:sc17309

こんな時しかプリンセスラインは着れないだろうと思ってプリンセスラインだけは決めていました。挙式では横や後ろ姿も見られるので、横から見た時の形やバックスタイルが綺麗なものを選びました。また胸元の刺繍が綺麗で気に入ったのもこのドレスに決めた理由です。

国内リゾート婚だとお色直しはしない会場が多いと思います。サッシュベルトがついていたので、挙式と披露宴で雰囲気を変えられそうと思ったのもこのドレスにした理由です。

ショップ
YNS WEDDING
シューズ

ネットで見つけて一目惚れしたBELLABELLE FRANCES ICORYにしました。
足首のところでリボンを結ぶスタイルなのが可愛くって、全体に施されているビジューも綺麗で、華奢で上品に感じたので決めました。

ただ、新品はなかなか高価だったので、メルカリで卒花さんから譲って頂きました。 私も結婚式後この靴をメルカリに出して、次の花嫁さんにお渡しできたので、気に入ってるけど高くて買えない!って思ってる花嫁さんは、結婚式後に売ると決めて買うと買いやすいかもしれません。

ヘアメイクのポイント

ネットで探して気に入ったヘアメイクをスクショしておき、当日のスタイリストさんに見せてお伝えしました。 シニヨンがよかったので、挙式のテーマであるアットホームに合わせて、シニヨンの中でもゆるくふんわりした形を選びました。

アクセサリー

ナチュラルな結婚式にしたかったので、ネックレスやブレスレットは付けず、ピアスのみにしました。
ピアスは挙式と披露宴でつけるものを変えました。
挙式時は短めのピアスで、披露宴はorgablancaのタッセルピアスにしました。

これもネットで見て一目惚れしたのですが、高価だったのでメルカリで卒花さんからお譲り頂きました。 このピアスは気に入ってますし、今後もパーティなどでつけれそうなので売らずに持っています。

ヘッドアクセサリー

母がフラワーアレンジメントを習っていたので、ブーケ、ブートニアとともにヘッドアクセサリーも作製をお願いしました。 一式お願いしたので、ブーケの色とヘッドアクセサリーを統一できすごく良かったです!

挙式時と披露宴でヘッドアクセサリーを変えると、追加料金がかかるとのことだったので、変えていません。

ネイル

大理石柄に金箔をつけたデザインにしました。
初めて金箔付けましたが可愛かったです。

メインで使った花や装花のテイスト

会場の基本プランのなかから装花は選びました。
基本プランの装花が、白と緑をベースにしていてナチュラルで自分たちのやりたい雰囲気と一致していたので満足でした。

お料理のこだわり

沖縄の素材を使ったコース料理ということで、ゲストに沖縄を感じてもらえそうだなと思いました。
女性も男性も食べきれるくらいの量のコースを選びました。 デザートにパイナップルが出てきて沖縄感が出ていてよかったと思います

ウェディングケーキ

ケーキカットはしないことにしました。
ケーキカットは新郎新婦の写真を撮るのにいい機会だと思いますが、私達はそれよりゲストの近くに行って話したり盛り上がったりしたいと思いました。

沖縄での結婚式だったので、沖縄の雰囲気も感じてほしいと三線の生演奏を入れて、演奏中はゲストの元に自ら行って乾杯したり踊ったりしました。
結果沖縄のおはやし「い〜や〜さっさ」もゲスト全員声出してくれて、会場は大盛り上がりでした(笑

引出物

沖縄から引き出物を持ち帰るのはゲストの負担になるだろうと思い、「ヒキタク」という宅配引き出物サービスを利用しました。友人からのお祝儀は辞退しておりましたが、親族からは頂いていたので引き出物は親族のみに絞らせて頂きました。

▼共通で贈ったもの
・ジュースセット(リンゴジュース、みかんジュース)
※新郎新婦の地元が、りんごとみかんが有名なので選びました(笑

▼親族(新郎側)
・男性:お米食べ比べセット/バームクーヘン/ジュースセット
・女性:熊の筆の化粧筆/バームクーヘン/ジュースセット

▼親族(新婦側)
・男性:今治タオルセット/おつまみセット/ジュースセット
・女性:今治タオルセット/ドライフルーツ/ジュースセット

プチギフト

プチギフトとして持って帰ってもらうことを想定し、ハーバリウム席札というものを手作りしました。
飛行機でも持って帰れる100mlの瓶でハーバリウムを手作りし、そこにゲストの名前が書かれたシールを貼って席札にしました。 結婚式後は思い出として家でインテリアとして飾ってもらえたらいいかなと思い、プチギフトとして持って帰って頂きました。

また、当日のカメラマンがとった写真が後日WEBで見れるようになるので、その案内が書いてある紙を渡しました。

あと、プチギフトではないですが、当日両親にはレイを首にかけてあげました。レイは式後回収し、半年後には額縁に入った絵(押し花のような形)になって両親のもとに届くようにしています。

婚約指輪

ith (イズマリッジ)

結婚指輪

ithはオーダーメイドもできるようですが、既成のデザインから選びました。細身の指輪の方が好みだったので、細身でツイストが入った「cabtabile」というデザインにしました。

また、既成のデザインではダイヤが3つずつついてたのですが、私は2つがいいなと思ったので2つに変更してもらいました。 オーダーメイドができるブランドなので、既成のデザインでも一部変更も簡単にできました。夫はツイストなしがいいとのことでノーマルなデザインにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

最後の新郎父の言葉です。
「新郎の父です」と言った後から、涙を流して言葉が出なかった義父が、その後に言った言葉がうれしかったです。

「こんな同僚、友人と一緒にいられるお二人・・・・、おめでとう」と言ってくれました。

「おめでとう」という言葉に、参列してくれたゲスト(友人・親族)の人柄が両親にも伝わったんだなぁという嬉しさと、それによってより私たちの事もより知ってもらえたような認めてもらえたような気がして、嬉しかったです。

もともと、「新郎新婦はもちろん、会場に集まった方皆の関係性や、人柄がわかるような結婚式にしたい」と思ってたので、それが伝わったんだなという嬉しさもありました。

義父の言葉に感動したのはもちろんなのですが、なぜかその後義父が義母にマイクを渡し、その流れで新婦父・母までマイクが回って、最後には母が、司会進行度外視で一本締めしてしまったのです。(笑
予定とは違いましたが、会場大爆笑でしたし、笑いあり涙ありでこんな結婚式もいいなと思いました。

二人らしさとは

「シンプル且つナチュラル、そしてユーモア」かなと思います。

「結婚式は何のためにするのか」を沢山話し合った結果、「両親への感謝と、今まで関わってきてくれた人たちの事も知ってもらって、全員の交流の場にしたい」という思いが一番でした。
コンセプトに合うように本当に必要な事だけを選んだので、華やかなことは特にせず皆と関わる時間をいかに作るかを考えた結婚式でした。

アットホームな雰囲気になるように、三線の生演奏も新郎新婦自ら踊ったりして、ユーモアも交えた結婚式でした。

嬉しかった参加者の反応

三線演奏に合わせてゲスト総立ちで踊る、母親からの新郎新婦紹介、フラワーシャワーじゃなくてハイタッチ、新婦母が一本締め(笑 
等、通常の結婚式と異なる部分が多く驚いたゲストもいたと思うのですが、最後に「こんな結婚式みたことない、メッチャおもろい」と言ってもらえました。

また、「よく考えられている結婚式だった」「感動した」という言葉をもらった時は嬉しかったです。
また、「いいご両親だね」「素敵な親族の皆さんだった」「いい友人を持ったね」と言う言葉もいただき、私達の事だけでなく、参列者の人柄まで皆に伝わったのは嬉しかったです。

私にとって結婚とは

結婚は「価値観のすり合わせ」の連続だと思います。
結婚式1つにしても、「なぜ結婚式をするのか」「結婚式で自分たちは何を実現したいのか、表現したいのか」を2人ですり合わせることが大切で、それができると、具体的に会場を選ぶ時でも、披露宴の内容を考える時でも、何をしたらいいかが明確になってくると思いました。

たぶん「価値観のすり合わせ」って、結婚式だけでなく、今後マイホームの購入だったり、子供の教育を考えたりするうえでも、ずっと続けていく必要があることだと思います。でもそれをすることで、より夫婦の絆も強くなる気がしました。

後悔していること

新郎親族、新婦親族全員で写真を撮ることを忘れてしまい・・・それが心残りです(笑

また、会場のスケジュールの関係で、ビーチでの30分のフリータイムの時に、後半15分は新郎新婦だけでビーチ撮影をしなければならなく(しかもゲストがいる前で)、ゲストを待たせてしまったので、そこはどうにか今後変えられないのかな?と思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

ガーデンウエディングや和装での結婚式。
「2月17日(入籍日と同じ日)に結婚式を挙げる」が最優先だったため、2月ならできるだけ温かい所でと思い沖縄にしました。
その結果沖縄にはあまりガーデンウエディングができる会場がなく、和装となると琉球衣装がメインになるようだったので(笑 あきらめました。
結婚式のスタイルよりも、日付を重視した結果です。

節約のための工夫

*できるものは手作り
・ハーバリウム席札
・ウェルカムボード兼撮影小物
・リースブーケ、ブートニア、ヘッドパーツ(母手作り)
・リングピロー(義母手作り)
・サンドセレモニー

*中古で買う、結婚式後はメルカリで売る
・ブライダルシューズ(メルカリで購入、式後メルカリで売却)
・ピアス(メルカリで中古で購入)
・ベール(メルカリで購入、式後メルカリで売却)
・ブライダルインナー(メルカリで購入、式後メルカリで売却)
・蝶ネクタイ(式後めるかりで売却)
・ドレス(式後メルカリで売却予定)

*「結婚式で大事にしたいこと」を夫婦で話し合う
夫婦で結婚式で何を大事にしたいか最初に考えた結果、下記は自分たちの結婚式には必要ないと考えて行いませんでした。
・ケーキカット
・フラワーシャワー
・フォトツアー
・披露宴ムービー
・お色直し

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式にルールも決まりもないと思うので、夫婦二人でたくさん話あうのが大事だと思います!