saorippaさんのアイコン画像

saorippa

Spring Wedding♡
爽やかな春をテーマに、ゲストも私たちも明るく楽しくなれる式を目指しました!

ディズニーのドナルド・デイジーが大好きなので、こっそりと会場のテーマカラーはドナデジカラーをチョイス。春らしくパステルカラーで、全体的に柔らかい印象にしました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-04-20
東京ベイ舞浜ホテル
70人未満

高い天井と大きなシャンデリアがとても印象的なチャペルです!大きな窓で開放感も◎。天窓から降り注ぐ自然光が、ドレスをキラキラと輝かせてくれます。

バージンロードも幅が広々としているので、ドレスの長いトレーンやベールが映えること間違いなし!一目見れば惚れる、透明感のあるチャペルです♡

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-04-20
東京ベイ舞浜ホテル
70人未満

高砂席のバックに海が広がります!
写真映えもする素晴らしい眺めです♪お世辞にも広いとは言えない会場ですが、ゲストとの距離が物理的に近いのでアットホームな雰囲気を求める方にはおすすめです。また、天井が低いので装花を盛り盛りにしなくてもイイ感じになります(笑)

「アステラ」というLEDライトの入場演出を取り入れたのですが、ディズニー挙式を目指す方は必見です!わくわくします!感動します!フェアに行くと見せてもらえると思いますよ♪

コンセプトやこだわったこと

結婚式は日ごろお世話になった人達に感謝の気持ちを伝える時間!その気持ちを忘れずに、ゲストと一緒にリラックスした楽しい時間を過ごせるように心掛けました。笑顔溢れる会になって本当に良かったです!

ウェルカムスペースやペーパーアイテムのDIYは主にわたし、動画製作は夫と作業を分担して、「一緒に作り上げる結婚式」を意識しました。大好きなディズニー・ドナデジ要素も全体に散りばめました♡

音楽にもこだわりました!
音楽でその場の雰囲気も私たちの気分も上がるので、大好きな曲に囲まれることが出来て本当に幸せでした♪

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

式場提携のMclasse(エムクラッセ)でレンタルしたプリンセスラインのウェディングドレスです。このドレスを試着してみて、フワフワとした可愛らしさに一目惚れしてしまいました!

胸元はハートカットですっきりとしていて、でもシンプル過ぎないデザインがお気に入りです。大きな花のモチーフと軽やかなチュールがSpring Weddingにぴったりでした。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
KIYOKO HATA

KIYOKO HATAのローズピンクAラインドレスです。
ピンクのグラデーションが綺麗で、全体的に甘く可愛らしい印象のドレス。白地にピンクの小さな花が散りばめられているデザインで、これまた春っぽい印象です♡

写真を撮って並べた時に、このドレスが一番目立って写真映えしたように思ったのでこれに決めました。

THIRD DRESS
ドレス 3着目

二次会会場の提携ドレスショップで選びました。
本当は二次会はエンパイアドレスにしたかったのですが、身長が足りず裾を踏んでしまって歩きづらかったのでこちらのデザインに。二次会はそんなに歩く事がなかったので、エンパイアにすれば良かったかも…と少し未練があります。

SHOES
シューズ

靴のデザインはまっっったくこだわりがありませんでした。
身長約150cmなのですが、とにかくヒールが必要だ、とのことで12cmヒールになりました。普段ヒールを履かないので、転ばないかどうかが一番不安でした。

太めヒールのパンプスをレンタルしましたが、当日まで実物を履くことが出来ず不安だったので、自分で履き試したものを購入して事前に履き慣れておいた方が良かった気がします。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式は低めのシニヨンでまとめました。
前髪ありで流す感じにしたかったので前髪を切りました。披露宴はベールを外すだけで髪型は変えず、お色直しでローポニーに♡印象を変えたかったので、前髪をupにしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

すべてレンタルです。
(が、後々になって浅草橋の花嫁ロードをSNSで知ったので、先に知っていれば持ち込みにしたと思いますっっ!ちょっと悔やまれます…。)

ネックレスもイヤリングも小さめパールのものを選びました。ドレスをメインにしたかったので、アクセサリーは全体的に控えめです。

お色直しではドレスに合わせてピンクの花モチーフのものを。このドレス専用のアクセサリーもあったのですが、私の好みには合わず別の物を選びました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式は小さめのティアラを選びました。
後ろ姿が寂しかったので、前撮りで購入した小枝アクセサリーも一緒に着けてもらいました。

またベールは買い取りでした。切りっぱなしのみレンタルがあり、縁に加工を入れる場合は有料買い取りになります。ドレスのトレーンが長いのでベールはミディアム丈にしましたが、ロングベールへの憧れが未だに拭えません。写真を見る限り、ロングベールでも良かったかもしれません。

お色直しではドレスとお揃いの造花のヘッドドレスがあったので、それをレンタルして使用しました。

NAILS
ネイル

人生初のジェルネイル。
爪の違和感がまったくなくて感動しました!つけ爪にしなくて良かったです。(お色直しで変更出来るからつけ爪を選択する人もいるらしいです)

デザインはパールホワイトでうっすらピンクを入れてもらいました。あまりゴテゴテしたデザインは好みではないので、薬指だけストーンを多めに入れてもらい、あとはとてもシンプルにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

使うお花はフローリストさんにお任せしました。
会場装花もドナデジカラーで、白・水色・黄色・ピンク・パープルをバランス良く飾って頂いて、全体的に明るい印象の会場になりました!

高砂のバックには白の造花も飾っていただきました。
写真映えしたのでお願いして正解でした。

FLOWERS
装花のポイント

ブーケ・ブートニアはデイジーカラー♡
薄いピンクとパープルのお花と、白いカスミソウを使ったラウンドブーケにしてもらいました。隠れミッキーがポイントです!

打ち合わせの際にフローリストさんとイメージを共有するために、「ドナルド デイジー ウェディング」で検索して出てきた画像をお見せしました。おかげでイメージぴったりの装花で大満足でした!

FLORIST
フローリスト

ファースト花壇

FOOD
お料理のこだわり

リアンというコースを選びました。
試食をしたり、実際にコース料理が食べられるフェアを予約したりして、自分たちでも事前に食べて量や味を確認しました。

メインの肉料理が千葉県産の「しあわせ絆牛」を使った一皿で、試食で食べた時に気に入ったのでこのコースにしました。ゲストからも美味しかったと好評でした。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

式場の基本プランから選んだ一段のハート型ケーキです。
ケーキトッパーにドナルド・デイジーとシンデレラの飾りを持ち込みました。ファーストバイトで食べたとき、想像以上に美味しくてビックリしました!

WEDDING FAVORS
引出物

贈り分けは6タイプ。
友人ゲスト分は会場に依頼しましたが、それ以外は持込にしました。ANCIE WEDDINGというサイトで選びました。タンブラーとバウムクーヘンはほぼ全員にお渡ししました。

PETITE GIFTS
プチギフト

5粒のドラジェを包みました。
気に入ったデザインの既製品が無かったので、自分でラッピングしました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

Vendome AOYAMAのプロポーズリングを渡してくれました。
そこから婚約指輪を買う流れなんだそうですが、婚約指輪は私はあまり欲しいと思っていなかったので、婚約指輪無しで結婚指輪を選ぼう!となりました。

WEDDING RING
結婚指輪

Vendome AOYAMAの【Notre Lien / ノートル リアン】という指輪を選びました。
二人の出会いとつながりを象徴する、”絆”をイメージしたシリーズだそうです。ストレートフォルムも捨てがたく、柔らかい印象のカーブフォルムも捨てがたく、、悩んでいた時にこれを見つけてとても気に入って決めました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

ご招待したゲストが一人も欠席無く参列くださったことにとても感動しました!ゲストは接客業の方が多くて、週末の開催ということで全員は都合がつかないのではないか…と思っていたのですが、私たちのために直前までスケジュールを調整して集まってくれたのです!!

高齢の祖父母や多忙な親族も遠方から駆けつけてくれて、大切な人が一堂に集まった奇跡とゲストの愛に感謝の気持ちで胸がいっぱいでした。

そして、披露宴の最後の新郎からの謝辞で、夫の泣いたところを初めて見た時はかなりウルっときました。

二人らしさとは

何事も楽しみ、家族の時間を大事にすること!

嬉しかった参加者の反応

楽しんでくれたようで、披露宴後の帰り際も皆さんニコニコでした!

「結婚式は何度も参列しているけれど、久しぶりにとても良い式だった!」
「感動して泣いた!」
「初めての結婚式参列だったけれど、こんなに楽しいものだったとは知らなかった!」
なんて言葉がすごく嬉しかったです!

ピンクのカラードレスで登場した時、友人卓からの「ピンク選ぶ!?」「うそだろ!」っていう野次が想定通りだったので地味に嬉しかったです(笑)

私にとって結婚とは

このパートナーと共に生きていくことを周囲に認めてもらうものだと思います。
私たちは5年ほど同棲生活をしていて、籍を入れないだけでほぼ結婚しているような状態でした。ある時、夫(当時は彼氏)が大きな事故にあって急遽入院することになった時に、家族以外は面会出来ないという現実がありました。

婚姻届にサインするかしないかで二人の関係性が変わるわけではありませんが、「結婚」という契約をしたことで二人の世界はぐんと広がりました。なにより、家族が増えていくということが喜ばしいことでした。

後悔していること

記録映像にもっと気を配ればよかったです。
撮って出しエンドロールは注文していたのですが、あとは家族にビデオを回してもらおうと思っていました。

が、当日三脚を忘れてしまったり、お願いする兄弟にも「ここは絶対撮って」などの指示をしていなかったので、主賓挨拶や乾杯発声、私たちが中座しているときの会場内などが映っていませんでした。一番の後悔です。

また、カメラマンへの指示書を作ればよかったと思います。私たちは人前式にしたので、キリスト教式と違ってゲスト側を向くということを失念していて、挙式の写真は殆ど正面・斜め前から撮ったものばかり。ドレスの後ろ姿の写真を楽しみにしていた私は、写真データを見て少しがっかりしました。

他にもチャペルのシャンデリアが写っていなかったり、入場シーンの後ろ姿の写真が無かったり、、色々と「あるだろう」と思っていたショットが無かったのが心残りです。

ドレスの試着ももっとしておけばよかったと思っています。めんどくさがった私は、ウェディングドレス3着、カラードレス4着だけ着て、それぞれ1日で決めました。沢山着ると悩んで決められなくなりそうだったので。それも確かにそうなのですが、ドレスを着られるのはこの時期だけ!もっと積極的にお店に通って試着して写真を撮っておけばよかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

リムジンでの外周と写真撮影を諦めました。
二次会の時間が迫っていて、リムジン外周の時間が無くなってしまいました。なので、乗って写真1枚撮ってすぐ降りることになってしまいました。ディズニーリゾートの滝の前で写真を撮りたかったです…。

節約のための工夫

ペーパーアイテム、引き出物、プチギフトの持込をしました。
式場発注よりもかなり安くなりました!招待状は印刷まで注文して、封入だけ自分でやりました。TODAY風席次表と、パークチケット風席札にしたかったので、席札・席次表はデザインと印刷も自分でやりました。

引き出物はサイトによってはかなり割引されるので、持込料を考えてもお得になるケースもあります。プチギフトはラッピング自分でやったので、単価をかなり抑えられました。

あとは、式場見学の時に予算を低めに伝えること、見積もり書をMAX状態で出してもらって削る作業をすること、交渉すること(料理のランク上げるのでここのところを~…みたいな)、などなど。プランナーさんもノリノリで値下げしてくださったのでありがたかったです(笑)

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

SNSなどで情報を集めることがとても重要です!
インスタで良いと思った画像を保存しておいたり、先輩花嫁さんに話を聞きに行ったり。「もういいよ~何が正解か分からなくなってきたよ~~」と匙を投げそうになることもあるかもしれません。(私は若干投げた時期がありましたw)

が、事前にどれだけ自分の理想をイメージできるか、それをパートナーやプランナーさんやスタッフさんに伝えられるかが理想の結婚式実現への鍵となります。二度と無い準備期間を存分に楽しんでください!!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です