_tm_wedding0830さんのアイコン画像

_tm_wedding0830

テーマは「Noble Vacances」
貴族の休日という意味です。
ヨーロッパの人たちの休日の過ごし方が「何もしない贅沢」を味わうことということを知り、派手な余興や演出はないけれど、久しぶりに集まった親族がのんびり食事を楽しむようなアットホームな会にしたいと思ったので、このようなテーマになりました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-08-30
心斎橋セントグレースヴィラ
30人未満

チャペルには大きなステンドグラスがあり、とってもきれいです。バージンロードは大理石でできていて、誓いのキスや退場のときにはそのバージンロードにも私たちの姿がうつり、幻想的な写真を撮ってもらえます。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-08-30
心斎橋セントグレースヴィラ
30人未満
カーサドルチェ

私たちが披露宴を行ったカーサドルチェの会場は、もともとレストランだったそうで、ザ・結婚式場という感じではなくおしゃれなお家のような雰囲気がします。それからおしゃれなソファーやフォトスペースもあって、初めてカーサドルチェに足を踏み入れたときに、絶対ここがいいー!と思った記憶があります。

コンセプトやこだわったこと

親族でのんびりできる空間にすることを意識しました。
会場コーディネートは海外のリゾートのようにし、姪っ子の演出を取り入れたりゲストみんなで行う演出をしたりしました。派手な余興などはせず、歓談メインの披露宴にしました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ショップ
DESTINY Line

DESTINY Lineのソフトマーメイドドレスです。
後ろが編み上げになっていて体のラインに合わせられるところと、胸元がハートカットですっきりして見えるところが気に入りました。ビジューや刺繍もすごく素敵で、当日は姪っ子が「きれいねぇ〜♡」と言いながらずっと触っていました。笑

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
ANTONIO RIVA

ANTONIO RIVAのSIBILLAです。
普通のドレスの3倍の布が使われているそうで、ANTONIO RIVAっぽい立体的なスカートや後ろのシルエットのデザインがとても素敵です♡シックなブルーの色味とスッキリした胸元のハートカットが大人っぽく見せてくれるのも決め手でした。

SHOES
シューズ

DESTINY Lineでレンタルしました。
DESTINY Lineでは身長をドレスに合わせるためにシューズのヒールの高さで調整するそうです。私の身長とドレスとを合わせて選んでいただいたので、身長の低い私でもマーメイドドレスが綺麗に着れました。普段ハイヒールを履かない私でも、歩きやすいシューズでした。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

前撮りのときにちょっと濃いめのメイクにしてもらったのですが、写真で見ると笑っていないときがちょっとキツく見えたので、出来るだけナチュラルにしてもらいました。目の周りはラメでキラキラに、チークとリップで血色がよく見えるように色味を入れてもらいました。

WDのヘアーは高めのシニヨンにしました。
マーメイドドレスと合わせると、低めよりも高めの方がうなじから肩や胸元までがスッキリし、若々しく見えました。中座のエスコートをしてくれたおばあちゃんは、この髪型がとっても気に入ってくれていました。

CDはダウンスタイルにしました。
旦那さんがダウンスタイルが好きで、前撮りのCDのときにダウンスタイルにしてみました。するとドレスとの雰囲気もよく合っていたので、当日もダウンスタイルでお願いしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式のときはビジューのイヤリング、披露宴開始時にタッセルのイヤリングにチェンジしました。
お色直しでは小枝モチーフのイヤリングをつけました。RANJANA KHAN風のタッセルイヤリングが特にお気に入りです♡

胸元をスッキリさせて首をできるだけ長く見せたかったので、あえてネックレスはつけませんでした。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式のときはビジューのヘッドドレスをつけました。
お色直しでは小枝や花のモチーフのヘッドドレスにチェンジしました。

NAILS
ネイル

淡いピンク色をベースにパールやシェルを散りばめたデザインにしてもらいました。自分の好みのネイル画像を集めて、その共通点を見つけることで「あー自分はこんなデザインが好きなんだなぁ」と気づくことができました。オーダーもスムーズでした!

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

Noble Vacancesのテーマに合わせて、装花はリゾートっぽいグリーンをたくさん使ってもらいました。テーブルには様々な花器にくすみ系のお花を挿してもらいました。

FLOWERS
装花のポイント

中座のときにひまわりのフラワービュッフェをしました。中座まではガーデン側にひまわり畑があるようなイメージで様々な種類のひまわりを並べてもらっていました。

そして、フラワービュッフェ後に、作ってもらった花束をテーブルの上に飾ってもらうことにしました。そうすることで会場全体にひまわりが並べられて、会場の雰囲気もお色直しすることができました。

FLORIST
フローリスト

ベストブライダルの山口さんです。
西日本地域のフローリスト代表の方だそうです。

FOOD
お料理のこだわり

お料理はとにかく美味しいところを探しました。
セントグレースヴィラの料理は本当にどれも美味しいです♡

また、結婚式といえばフランス料理が主流だと思うのですが、あえて和風テイストのコースを選びお箸だけでも食べられるようにしました。前菜から三大珍味が出てきたので、妹夫婦は「これは絶対いいコースだ...」と言って、とても喜んで味わっていました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ケーキはネイキッドのケーキにドリップをしたいと思っていてのですが、どちらも行うのは無理だそうで、ネイキッドにするのはあきらめて、ドリップケーキを選びました。ひまわり畑の前でのドリップはケーキがひまわりの色に変わっていくので、会場の雰囲気ともマッチしてとっても素敵でした♡

ケーキにはドライフルーツやナッツが乗っているのもお気に入りです。ファーストバイトは顔に生クリームがつかないように、フルーツをお互いに食べさせ合いました。大人婚らしく、きれいに食べられました!

WEDDING FAVORS
引出物

基本的にはカタログギフトとクッキー&紅茶セットを全員に渡しました。贈り分けは、ご祝儀の金額によってカタログギフトの値段を変えました。

装花にこだわっていたので、引き菓子もお花のクッキーにしました。後日祖母から、お花のクッキー美味しかったよー!という報告があったのでそれにしてよかったです♡

PETITE GIFTS
プチギフト

オリーブオイルと地元の茶葉にしました。
オリーブセレモニーを行ったので、そのオリーブにちなんでオリーブオイルをプレゼントしました。

また、地元のお茶屋さんに行ったときに、パッケージに大きく「感謝」と書かれた茶葉を発見し、これまでの感謝の気持ちやコロナ禍の中でも来ていただいた感謝の気持ち、そして自分たちが住むところを知って欲しいという思いからこの茶葉を選びました。

セントグレースヴィラでは持ち込み料は無料なので、助かりましたよ♡

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ENUOVEのflowというリングにしました。
大きなダイヤモンドの両端から小さなダイヤモンドが流れるように並んでついているデザインでとても綺麗です。

WEDDING RING
結婚指輪

MIO RINGの月灯と陽向にしました。
太めのリングで和紙のデザインが施されているので、かなり珍しいmarriage ringです。旦那さんがピンクゴールドに憧れていたので、2人でお揃いのピンクゴールドの指輪にしました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

挙式の誓いの言葉が1番感動しました。
私たちは人前式にしたので誓いの言葉もオリジナルでした。

始めはお世話になっているベテランの先輩に神父役をしてもらって誓いの言葉をする予定でしたが、コロナの影響で親族婚になったため変更しました。いろいろ調べていると海外ではvowbooksに書いた誓いを読み合うことが多いというのを知り、私たちもvowbooks で誓うことにしました。

中の文章は当日まで内緒だったので、旦那さんが一つ一つ語ってくれる言葉にグッときて、涙が溢れてきました。私が誓うときも旦那さんへの想いが溢れて涙が止まりませんでした。

二人らしさとは

私たちらしさは「笑顔」です。
親族が集まって一人一人と関わり合うことができ、笑顔の絶えない結婚式になりました。

嬉しかった参加者の反応

ご飯も美味しかったし、装花も豪華でみなさんにとても喜んでもらえました。お義母さんからは「100点満点の結婚式だった!」と言っていただけました。

私にとって結婚とは

結婚とは絆を深めることです。
大変なことやぶつかることもあるけど、何とか2人で乗り越えてきたことで旦那さんとの絆がさらに深まったと感じています。

後悔していること

前撮りのときのポージングです。
やりたいポージングを伝えていたのでその通りに撮ってもらったのですが、私たちに合っているかというと...やはりプロのカメラマンさんにお任せして客観的に見て自分たちが1番素敵に見えるであろうポージングで撮ってもらったらよかったと感じました。

そのことがあってから、希望は伝えるけれどある程度はプロにお任せする方がいいと学んだので、その後の打ち合わせでは基本的に提案していただいたことをそのままする方向へもっていきました。おかげで自分たちだけでは思いつかなかったような素敵な結婚式になったのでよかったです!

やりたかったけれど諦めたこと

コロナの影響で友人や職場の方を呼ぶのを諦めました。
それに付随して、サンドセレモニーや誓いの言葉を変更したり、デザートビュッフェも諦めました。その分映像にお金をかけてしっかり残すことで、後日友人にはきちんと報告できるようにしました。

節約のための工夫

マイナビウエディングで式場見学を予約して、迷わず一軒目で決めたので、Amazonギフト券が8万円分もらえました。そのギフト券でヘッドドレスやイヤリング、前撮りのグッズなどを購入したので、とても助かりました。

またみんなのウエディングに口コミを投稿した特典で、挙式退場時にバブルシャワーをつけてもらうことができました。何かを我慢して費用を抑えるという発想はあまりなかったので、節約とは少し違うかもしれませんが、SNSを活用するのはとてもお得です♡

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

今の時期、自分たちが何のために結婚式をしたいのかをしっかり考えることが大事だと感じます。どうしてもしたいのか、2人だけでもいいのか、それとも誰かに来て欲しいのか、誰に祝って欲しいのか...全てを叶えることが難しい情勢ですが、だからこそ自分たちオリジナルの結婚式を考えることができると思います。

お2人でしっかり相談されて、誰とどんなふうに過ごしたいのか考えておくといいと思います。

また、Instagramなどで好みのブーケや会場装飾、ヘアメイクやネイルデザイン、ケーキのデザインなどを保存しておくと打ち合わせの際に役に立ちます。言葉だけでなく写真で共有することで、イメージが共有しやすいです。自分の理想がしっかりと伝わるように準備されるといいと思いますよ!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です