卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
古我邸
70人以下

古我邸の裏山にある森のチャペルは本当に素敵です。シンボルツリーに布を垂らしたシンプルな装飾だけでも緑に囲まれた空間はとても絵になり、リラックスして挙式が挙げられました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
古我邸
70人以下

築100年を越える和洋折衷の洋館も素敵ですが、レストランということでお料理が美味しくて盛り付けがとても綺麗です。
長テーブルなのでホテルの披露宴会場よりもアットホームな雰囲気になります。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

京都での鴨川ピクニックをイメージした、装花やアイテムをたくさん取り入れたことです。
また、招待状やプロフィールブックなどのペーパーアイテムは全て手作りしました。
古我邸の中をゲストにも散策していただきたくて、古我邸MAPをプロフィールブックに入れて、私達の思い出を辿りながら巡ってもらえるようにしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

リブロンというドレスを着ました。
アンティークレースを使ったドレスを扱うドレスアトリエです。
レストランの中の通路が手狭なので、エンパイアかAラインのドレスを探していました。
マリアエマリエさんは、古我邸で紹介していただいた時に一目惚れしたドレスアトリエでした。
こちらのドレスは2wayや3wayで着られるドレスが多く、試着の時にはアレンジの出来るエンパイアラインを中心に試着させていただきました。
繊細なレース使いのドレスはどれも素敵でした。
リブロンは、綺麗なエンパイアライン、ウエストマークのレースがポイントになっていて上半身にメリハリのあること、ビスチェ、肩レース、ブラウスと3wayで楽しめてどのスタイルもとても好きだったのが決め手でした。

ショップ
Maria et Mariee
シューズ

Maria et Marie(マリアエマリエ)でドレス、小物と一緒にレンタルしました。
シューズもアンティークレースを使って職人さんが作られた1点物で、私がレンタルしたシューズはベージュっぽいレースを使った11.5cmのヒールです。
とても履きやすくて動きやすかったです。
会場内の移動と二次会用には、レペットで真っ白なバレーシューズを用意しました。
こちらも動きやすかったのはもちろん、リブロンにもとても合っていました。

ヘアメイクのポイント

メイクはナチュラルなベージュ系、
ヘアは挙式は低めのシニヨン、お色直しはローポニーでお願いしました。

アクセサリー

挙式では、パールのピアス、ずっとお守りのようにつけているティファニーバイザヤードの1粒ダイヤのネックレスをつけました。
お色直しでは、ネックレスを外してドライフラワーのヘッドパーツに合わせて、ゴールドのお花のピアスにチェンジしました。

ヘッドアクセサリー

挙式では、同じ古我邸で挙式された卒花嫁さんからお譲りいただいた繊細な手作りヘアアクセサリーをつけたくて、それに合うようにアレンジしていただき、ローポニーはオーダーしたブーケとお揃いのドライフラワーのヘッドパーツをつけました。

ネイル

ピンクベージュのジェルネイルで、薬指だけマットな仕上げのホワイトレースを描いたデザインにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

イメージとして鴨川ピクニックがあったので、野原に咲いているような小花とグリーンを中心の装花をお願いしました。
ブーケに合わせて白、イエロー、パープル、ピンク系のお花をメインにしました。

装花のポイント

高砂はソファーにしていただいたこと、高砂の後ろの窓枠をもしゃもしゃのグリーンで森の中のような雰囲気にしていただいたことです。

フローリスト

maison malta

お料理のこだわり

ゲストにお料理も楽しんでいただきたかったのもあり、色どりが綺麗で味も私達が気に入ったコースを選びました。古我邸で使っている器の中にゲストの陶芸家さんのものが使われているのも知っていたので、それも選んだポイントでした。

ウェディングケーキ

ナチュラルはシンプルなケーキが良かったので、ブルーベリーやブラックベリーを使った2段のネイキッドケーキにしました。
夫婦で譲れなかった切り株のウッドプレートにオリーブの葉をあしらっていただきました。

引出物

私達は、ゲストに合わせてメインの引出物をかなり細かく贈り分けをしました。
親族には、make my dayの中皿2枚セット、
お料理好きな友人には、小さい土鍋と中皿のセット、お酒好きな友人には、ビアカップセット、
小さいお子さんのいるゲストには、布製の知育絵本、高校の友人には、ヒノキの防虫グッズを選びました。 メインの他は、引き菓子はチョコケーキ、3品目は親族にはかつお節、それ以外のゲストには古我邸オリジナルデザインのドリップコーヒーにしました。

プチギフト

moogyにしました。
コーヒーマグをイメージしたサンキュータグを手作りして麻紐で1つ1つ結びました。

婚約指輪

SIENA ROSEの「贈り物」という名前のついたエタニティリングで、素材はシャンパンゴールドのような色のロゼチナにしました。

結婚指輪

SIENA ROSEの叶えるシリーズのきれい目というセミオーダーのリングです。
細かめの叩き加工で2.5mm幅のプラチナで夫婦お揃いを選びました。
私のリングだけ1粒ダイヤを埋め込んでもらいました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

友達からのムービーや父の謝辞にも泣きましたが、1番感動したというかびっくりしたのは主人からのサプライズです。
4月の頭に三峯神社に行ったこと、その時のムービー後に何かサプライズがあることは知っていましたが、上映されたムービーは三峯神社に行っただけではなく、なんと主人がお箸作りをしている映像がメインのものでした。演出がNHKのプロフェッショナル、仕事の流儀風で私もゲストも大爆笑(笑)
縁樹というとても縁起の良い木で作られたお箸を、ムービー上映後に主人からプレゼントされました。
当日まで全然気づかなくて本当にびっくりしましたが、とても嬉しかったです。

二人らしさとは

カメラが趣味の主人とおうちパーティーや盛り付けが好きな私は、興味がある物や好きな物がとても似ています。夫婦2人で楽しみながら1つのもの、ことを作ることが私達らしさに繋がっていると思います。

嬉しかった参加者の反応

2人らしいアットホームで温かい式だった。
手作りの物で溢れていて会場からも2人のおもてなしの気持ちがとっても伝わってきた。
そんなふうに言っていただくことが多くて本当に嬉しかったです。

私にとって結婚とは

大好きな人と家族になるということ。
今まで別々の環境で育ってきた2人だから、ぶつかることはあっても、心から安心して一緒にいられる人の隣にいられることはとても幸せなことだと思います。

後悔していること

カメラマンを友人にお願いしたのですが、打ち合わせをしたのが1ヶ月以上前だったので、直前に改めて打ち合わせをしておけぱ良かったと思います。
でも、とっても素敵な写真をたくさん撮ってくれました。

やりたかったけれど諦めたこと

果実酒セレモニーを時間の関係で諦めましたが、幹事が二次会に取り入れてくれました。

節約のための工夫

ペーパーアイテムや、エスコートカードの麦わら帽子などのアイテムを全て手作りしたことや、
ブーケ2つ、ブートニア、ヘッドパーツも外注して会場のブーケ1つ分くらいの値段に押さえました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

予算内で自分の理想通りの結婚式を実現するにはどうしたら良いのかとても悩むと思います。
大変なこともたくさんあります。
でも、それさえも楽しみながら乗り越えられたら、きっと素敵な結婚式が待っていると思います。
頑張ってください!

前撮り
後撮り
前撮りの満足度
5
古我邸・光明寺

満開の桜の中でも素敵だったと思いますが、
葉桜の淡いグリーンも素敵です🌸🍃

ウェディングプロフィール

ショップ・フォトグラファー

縁鎌倉ウエディング
photography 伊藤郁弥

衣装の数

2

着用した衣装

色打掛
白無垢