卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
セント・ラファエロチャペル銀座
70人以下

チャペルのがステンドグラスで囲まれている為、どこから写真を撮ってもステンドグラスが映り込みとても綺麗な写真を残すことが出来ます。またバージンロードが長いのもポイントです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
セント・ラファエロチャペル銀座
70人以下

白を基調とした会場なので装花やテーブルクロスの色で、どんな雰囲気にもすることができます。また高砂の横には小さな階段がある為、階段入場も可能です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

私たちらしく、明るく楽しく、ゲスト全員が笑顔で過ごせる結婚式を目指して準備しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

セラマジィ

バージンロードが長いので後ろ姿にこだわり、トレーンが長いドレスを選びました。シンプルな生地ですが、プリンセスラインでボリュームがあり腰のワンポイントがお気に入りです。

ブランド
ANTEPRIMA
ドレス 2着目

セラマジィ 宇宙ドレス

ウエディングドレスとガラッとイメージを変え、真っ白な式場でも目立つように派手なドレスを選びました。宇宙ドレスの特長であるスパンコールが映える濃い目のカラーにしました。

ブランド
KIYOKO HATA
シューズ

式場でレンタルをしたシューズで7センチヒールを選びました。

ヘアメイクのポイント

挙式ではアップスタイル、披露宴ではポニーテールにしてもらいました。

アクセサリー

カラードレスのイメージに合うようなものを探してて用意しました。お花のような形でイラキラとしているものです。

ヘッドアクセサリー

アクセサリーと同じ種類のものを着用しました。

ネイル

カラードレスに合わせてブルーにし、宇宙ドレスなので月のワンポイントをつけました。

メインで使った花や装花のテイスト

メインの装花は濃いピンクと白をミックスしました。ピンクでもガーリーになりすぎない色合いでお願いしました。

装花のポイント

高砂にあまり沢山のお花があると新郎新婦よりお花が目立ってしまったり他のアイテムが目立たなくなってしまうので、お花は多すぎず、色合いを派手にして頂きました。

フローリスト

式場の装花担当の方にお願いしています。

お料理のこだわり

シェフと何度もやりとりをし前菜からデザートまで完全にオリジナルメニューにしました。

前菜は新郎新婦の好きなものを詰め込んで、スープは飲みやすいもの、お魚はリゾットを添えてボリュームをだし、お肉は冷めても柔らかい煮込み料理にしてもらいました。デザートはケーキがあるので軽いアイスクリームを選びました。

ウェディングケーキ

テーマであるスヌーピーの形をしたケーキにしました。新婦がイラストをかいて提出し、そのイラスト通りにパティシエさんが作ってくださいました。

引出物

遠方からのゲストが多かったのでヒキタクにしました。
親族やご夫婦で来られた方には、保存容器にもなる食器とバウムクーヘン、お茶のセット。男性ゲストにはタオルとラーメンか焼き菓子を人に合わせて、女性ゲストにはタオルと小包装になっている和風バウムクーヘンを贈りました。

また式に来られずご祝儀だけいただいた方には、ステンレス保温マグと鯛の炊き込みご飯の素、バウムクーヘンを贈りました。

プチギフト

ミンティアにオリジナルラベルを手作りして貼ったものを配りました。

婚約指輪

ビジュピコ のスヌーピー のシリーズ

結婚指輪

ビジュピコ のスヌーピー のシリーズ

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新郎がサプライズを2つ用意してくれていたことです。

1つ目はお色直し後の再入場で私たちは新郎新婦、別のドアから入場する演出だったのですが、新郎が私を迎えに来る際にスヌーピーのネックレスを用意していて、プレゼントしてくれました。

2つ目は披露宴の終盤に新郎が作ったムービーが上映されました。新婦の取り扱い説明書がテーマのムービーでしたが、仕事終わりに残業と嘘をつき毎日遅くまで作ってくれていたようで、とても嬉しかったです。

二人らしさとは

笑顔 楽しいことが大好きな夫婦なので笑顔を大切にしています。またテーマであるスヌーピー、2人の共通の趣味であるバドミントン私たちらしいものだと思います。

嬉しかった参加者の反応

今まで行った結婚式の中で1番お腹の底から笑った
こんな楽しい結婚式は初めて!
呼んでくれてありがとう

ゲストから言われたこんな言葉がとても嬉しかったです。楽しい結婚式を目指していたので、頑張って準備してきてよかったと心から思いました。

私にとって結婚とは

彼氏彼女とは違い<家族>になり、相手との時間も増え、どんな些細なことでも2人で共有できるようになりました。 壁にぶちあたっても2人で助け合って乗り越えていこう!という気持ちが強くなりました。

後悔していること

人前式にしたので、オリジナルの演出があったのですが、司会者の方が間違えてしまったのか考えていた進行と違う流れになってしまった部分がありました。

リハーサルの時は長くなってしまうと口頭のみで短縮してしまった部分だったので、実際に動きのリハーサルはしなくても本番前にしっかりと流れを司会者さんと改めて確認しておくべきでした。

やりたかったけれど諦めたこと

各テーブルに光るキャンドルを置く
エンドロールとは別に全てをビデオで残すサービス
オリジナルカクテルや数種類ある梅酒の提供
どれも見積もりから跳ね上がってしまう為、あきらめました。

節約のための工夫

引き出物と招待状は外注し、プロフィールブックやテーブルナンバーなどは手作りをしました。またオープニングムービーやプロフィールムービーは外注をするとかなりのお値段になってしまう為、こちらも自作しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

どんなテーマ・雰囲気の結婚式にしたいか、自分たちの好きなものは何かを書き、打ち合わせの際にプランナーさんに共有することで理想の結婚式に近づけると思います。無理かな?と思うことでも、まずはプランナーさんに相談してみると良いと思います!!

一生に一度の結婚式なので後悔しないように、準備してほしいです。