mayalemonさんのアイコン画像

mayalemon

2人とも旅行が好きなので、旅行をテーマにした結婚式を挙げました。

ロケーションと会場の雰囲気が決め手となり、THE ORIENTAL TERRACEを選びました。
私たちはプランナーの加藤さんと、シェフの前川さんに担当していただきました。お2人とも、私たちの希望をを全力で叶えようとしてくださり、ここで結婚式をして良かったと思います!
無理を言ったり、食事について細かいことをお願いしてしまいましたが、快く引き受けてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-11-03
秋葉山本宮秋葉神社
30人以下

ずっと神前式に憧れていたので、浜松市内にある秋葉山本宮秋葉神社で行いました。
朱色の鳥居が連なる回廊が綺麗でした。厳かな雰囲気の中で夫婦の誓いを立てることができ、とても感動しました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-11-03
THE ORIENTAL TERRACE
100人以下

私たちは、THE GALLERIAという会場を選びました。
佐鳴湖が一望できて、会場からの眺めが素晴らしいです。

また、織物が使われた壁、日本建築の技法が用いられた天井、シャンデリアなど、上品で落ち着いた雰囲気がとても素敵です。

コンセプトやこだわったこと

来てくださる方々のことを一番に考えたくて、お食事や引き出物選びに時間をかけました。

旅行をテーマにしたので、ウェルカムボードに世界地図を使い、地球儀を芳名帳代わりにしました。地球儀にはお名前とお勧めの国をシールに記入してゲストに貼っていただきました。
プランナーの加藤さんにご提案いただいたのですが、思い出に残りとても良かったです。
さらに、テーブルの名前をお互いが行ったことのある国や大陸の名前にして、ポストカードを飾りました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
和装 1着目

スタイル
白無垢

神前式でしたので、白無垢に綿帽子を着用しました。
Blanc de Style unの吉祥鶴のものです。
真っ白な光沢のあるお着物で、顔映りがよかったのでこちらにしました。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
色打掛

披露宴は色打掛で入場しました。
Blanc de Style unの市松菊牡丹草花文様のものです。
様々な色の総刺繍が美しく、一目で惹かれました。

THIRD DRESS
ドレス 3着目

ショップ
Blanc de Style un

お色直しでウェディングドレスを着ました。
Blanc de Style unのマイアというものです。
胸元と背中にレースがあしらわれていて、首元に少し高さのあるドレスです。スカートはふんわりと程よいボリュームがあって、背中はくるみボタンになっています。上品で素敵だったので、こちらに決めました。

SHOES
シューズ

ランバンオンブルーのシューズです。
靴全体がシルバーのグリッターでキラキラしています。
身長が高いので、ドレスの丈に合わせてヒールのないものにしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ヘアは和装洋装ともに、顔に髪がかからないように前髪も全てアップにしました。
和装は艶のあるシンプルなもの、洋装はふんわりと柔らかな印象になるようにしました。
メイクは、白無垢では真っ赤な口紅を、色打掛はコーラルピンクで控えめに、ドレスはピンクで優しい雰囲気にしていただきました。

ACCESSORIES
アクセサリー

ドレスの時のみ、シンプルなパールのイヤリングをつけました。
母から借りたものです。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

白無垢の時は綿帽子を被りました。
色打掛では、シニヨンの左側にのみ蘭の花を付けました。
ドレスの時はビジューのヘッドアクセを付けました。Blanc de Style unでお借りしたアルバニアというものです。

NAILS
ネイル

透明感のあるホワイトのグラデーションネイルで、つめ先に少しだけシェルを置きました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

高砂は蘭の花を使って、華やかにしていただきました。

FLOWERS
装花のポイント

会場の雰囲気を活かしたかったことと、お着物にもドレスにも合うようにしたかったので色は白とグリーンのみにしました。

色や雰囲気だけお伝えして、担当の方にお任せした部分も多かったのですが、イメージ通りにとても素敵にしていただけて嬉しかったです。

FOOD
お料理のこだわり

SPECIALITEというコースにしました。
実際に試食させていただきましたが、盛り付けも味も本当に素晴らしかったです。
シェフとお話をして、アレンジも可能だということでしたが、私たちはそのままでお願いしました。
ゲストからは、ワインボトルから注がれるビスクや、黒鮑のステーキが美味しかったし、驚いたという感想をいただきました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ウェディングケーキはなしにしました。

WEDDING FAVORS
引出物

親族には様々な品物が選べるカタログギフトを、女性の友人にはDEAN&DELUCAのカタログギフトを、男性友人と北欧好きの方には北欧雑貨等のカタログギフトを選びました。

そこにミルトンのプチ紅茶セット、アルポルトのケーキを付けました。
また小麦が食べられない方やビーガンの方には、タオルなど別のものをお渡ししました。

PETITE GIFTS
プチギフト

静岡県以外からお越しいただく方が多かったので、静岡茶のティーバッグにしました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ブルガリのものです。

WEDDING RING
結婚指輪

ダイヤモンドシライシのものです。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

私たちのためだけに、お世話になった方や、大事な友人、多くの方々にお越しいただけたことです。
入場と退場でその光景を見て、感動と感謝で胸がいっぱいになりました。

プランナーの加藤さんのはからいで、退場の時にその光景を目に焼き付ける時間をいただけたことが嬉しかったです。

二人らしさとは

お互いに、結婚式に来ていただく方々のことを常に考えて物事を決めましたので、それが2人らしさだと思います。

嬉しかった参加者の反応

お食事が美味しかったという感想を多くいただきました。
また入場が津軽三味線の生演奏と先導でしたので、驚いた方が多かったようです。

私にとって結婚とは

人生をより豊かにするものかなと思っています。
結婚式もその一つだと感じていて、本当に貴重で幸せな経験でした。

後悔していること

私たちは有難いことに妥協したことがなかったので、後悔したことは思い浮かびませんでした。

やりたかったけれど諦めたこと

こちらも同様で、特にありません。

節約のための工夫

私たちにとって大事なことをまず決めて、それ以外のことを節約するという工夫をしました。
一番大事にしたものは食事で、節約したのは自分たちのインナーやシャツなどです。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

人生に一度きりのことなので、後悔のないように、したいことは全てしたほうが良いのかなと思います。
その時は金額が気になったりもしましたが、式を終え振り返ると妥協しなくて良かったと心から思います。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
2022花嫁必見!春婚 レポ特集
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です