卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
カールトンテラス
100人以下

自然豊かな立地でヨーロッパの田舎みたいな雰囲気。貸切になるのでゲストにもくつろいでもらえました。ナチュラルな雰囲気のチャペルでの写真はとても素敵。ベールダウンをする場所が一段高いところにあったり、バージンロード中央にエスコートチェンジのスペースがあるなど、ゲストにも要所要所を見てもらいやすいです。ブーケトスは2階からできます!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
カールトンテラス
100人以下

スクリーンの後に螺旋階段があり、そこからの再入場がとても評判がよかったです。お庭からの入場も意外性があるようでみんなに褒められました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ロゴマークを自作してプロフィールブックや席次表などに使用。ペーパーアイテムはほとんど手作りしたので、雰囲気を統一できました。プロフィールブックでは夫婦の好きなものをいくつか挙げ、それぞれにまつわるエピソードを紹介。小さい子どもさんにはおもちゃを用意して飽きないように工夫を。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

式場が経営しているお店でパールシュガー。
ウェディングドレスは王道のものをと思っていたのでシルク素材のものを。チャペルに映えるようにロングトレーンは絶対条件でした。トレーンだけでなくパールやビジューなどでゴージャス感もあるものを選びました。

ドレス 2着目

シルク素材のネイビーのドレスをお色直しで着用。胸元に白も入っているので重くなりすぎず、大人かわいい感じに惹かれました。もともとパステルカラーよりもネイビーなどの濃い色が似合うほうなので、試着した中で1番しっくりきたものです。

シューズ

式場のものをレンタルしました。

ヘアメイクのポイント

挙式は王道ということでシニョンに。少し緩めにしてもらいました。披露宴ではティアラから生花にチェンジ。 お色直しではしっかりめに巻いてもらってハーフアップに。前から見た時の印象を変えたかったので。サイドには編み込みを入れてもらいました。

アクセサリー

挙式はパールのイヤリングとネックレスを。披露宴ではパールをお花のモチーフに並べたゴールド系のセットを。 お色直しではビシューアクセサリーにチェンジしました。

ヘッドアクセサリー

挙式はティアラを着用し、披露宴スタート時に生花にしてもらいました。 お色直しはビジューのヘッドドレスを着用しました。

ネイル

仕事柄すぐに落とさないといけなかったので、セルフです。 白地で指先だけシルバーのラメをいれました。

メインで使った花や装花のテイスト

オレンジ系のお花をメインにグリーンを少し入れてもらいました。 ゲストテーブルはブック型のBOXにお花を入れてもらってナチュラルな感じに。

お料理のこだわり

夫が湯葉を作っており、会社はお麩も扱っているので、湯葉とお麩をお料理に取り入れてもらいました。

ウェディングケーキ

3段のネイキッドケーキにしました。 いちごなどのベリー系を使ってもらって、生クリームの塗り方で少し模様を入れてもらいました。こちらも比較的王道のケーキだと思います。

引出物

引き出物はカタログギフトをメインにしたと思います。 親族、会社の上司、友人の3パターンにしましたが、新婦側の友人には女性向けのカタログギフトにしました。

プチギフト

プチギフトは夫の会社が作っている揚げてたべるお麩のお菓子にしました

婚約指輪

ポルターダのアイレをつや消しゴールドで作ってもらいました。

結婚指輪

夫婦ともにポルターダの指輪ですが、シリーズは別のものを選びました。夫はゴールドでミル打ちのあるシンプルなものを、私はプラチナで細かい彫りのはいっているものです。一生つけるものなので無理にお揃いにせずに、お互い好きなものを選ぶことにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

大好きな祖母と中座をしたことです。私の結婚が決まったころに大きな病気をして生死をさまよった祖母が元気になって出席してくれたこと、一緒に中座できたことに胸がいっぱいになりました。

二人らしさとは

あまりしんみりすることなく常に笑いの絶えない式だったと思います。明るく朗らかであることが私たちらしさかなと思いました。

嬉しかった参加者の反応

余興は友人に頼まず新郎新婦それぞれでおこなったのですが、その評判が良く嬉しかったです。 また記念品贈呈の際に両親とハグをしたのですが、それも非常に印象的だったようでゲストのかたから感動したと言ってもらいました。

後悔していること

両親への手紙がかなりありきたりな内容になってしまったこと。 やはり人前で読むので書くのをためらってしまった内容もあり、照れくさかったこともあって、もう少し素直な気持ちを書けばよかったなぁと思っています。

やりたかったけれど諦めたこと

プロフィールムービーの作成と友人待合室に友人達との写真を飾ること。 ムービーはそこまで手が回らなかったというのもありますが、大きな原因は夫の写真がほとんどなかったことです。私ばかりが写真をたくさん飾るわけにもいかないので諦めました。

節約のための工夫

結果的に節約になったかどうかはわかりませんが、ペーパーアイテム類を自作したことと、筆耕を頼まなかったこと。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

新郎さんとしっかり話をすることが大切だと思いました。ネットで色々な例を見ることが出来るので新郎さんと一緒に見て、好みを共有するのは大事だと思います。 ドレスの試着は周りになんと言われようとも納得いくまでやるのも大事だと思いました。 式の段取りなどはすぎてしまえばあまり気にならないかもしれませんが写真はずっと残るので。