卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

ayumi_0066

ayumi_0066さんのプロフィール写真
ゲストへ感謝の気持ちを伝えたい、楽しんでもらいたい、「結婚式に来て良かった!」と思って帰ってもらいたいということを一番に考えました。

両親や祖父母に喜んでもらえるものにしたいという思いから、伝統のあるホテル雅叙園東京での和装挙式を選びました。

私の祖父母がとても喜んでくれているのを見て「ここを選んで良かった!」と心から思いました。
東京都 / 目黒駅
ホテル雅叙園東京

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ホテル雅叙園東京
70人以下

会場はもちろん、会場前の廊下からすでに豪華です!赤い絨毯に和装が映え、式の内容も本格的で、友人から「神前式は新鮮だった」と言っていただけました。

式前に母と二人だけの空間で行なった『紅差しの儀』では"今日で本当に結婚するんだ”と実感することができ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ホテル雅叙園東京
70人以下

会場は天井が金色になっており華やかで、見た目のインパクト大です!

そしてなにより、スタッフの方々の細やかな心配りにも感激しました。式に携わる”人”が魅力だと感じ、ホテル雅叙園東京を選んで良かったと思ういちばんのポイントでした。

熟練のキャプテンが式全体を見て裏でしっかり仕切ってくださり、介添人の方も挙式の時からずっと温かく支えてくださって、とても安心感がありました。
ゲストから「料理の配膳スタッフが熟練の方で、冗談を言ってくれてとても楽しかった!」と言ってもらえました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストの方々に感謝の気持ちを伝えたかったので、どうしたら喜んでもらえるかという点を重点的にこだわりました。

披露宴中に流すBGMの選曲はゲストの好きなアーティストやゆかりのある曲にしたり、遠方から来てくれる方がほとんどだったため引出物を宅配にしたりしました。

私たちは余興が多かったこともあり、オプションの演出は一つも入れませんでしたが物足りない感じはなく、充分大満足な披露宴となりました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

挙式での衣装はホテル雅叙園東京の衣装室でレンタルしました。

挙式会場の赤い絨毯が印象的だったので、伝統的な和装にしたく白無垢と綿帽子を選びました。
白無垢の伊達襟は絨毯と合うよう赤色のものを選びました。

スタイル
白無垢
ドレス 2着目

披露宴では、一目惚れした『YUMI KATSURA』のシルクの薔薇がたくさんあしらわれたドレスを着用しました。ドレス選びを一緒にしてもらった親友に太鼓判を押してもらい決めました!

『YUMI KATSURA』では選んだドレスを花嫁の体型に合わせて細かくサイズ調整してくれるため、当日はオーダーしたドレスかと思うほどフィット感がありました。他にも、薔薇の見え方や角度などについてもどこからでも美しく見えるよう微調整をしてくださり、プロ意識と技術力の高さを感じさせられました。

また、このドレスを少しでも長く着ていたかったので披露宴入場前のオープニング動画を長めにして着替えの時間を作り、披露宴の初めから最後までお色直しもせずに過ごしました。

ブランド
桂由美(YUMI KATSURA)ブライダルハウス
シューズ

『YUMI KATSURA』でレンタルに含まれていたウェディングシューズです。私は背が低いので、12cmのヒールを履きました。

ヘアメイクのポイント

こだわりが少なかったのでメイクさんにお任せしました。
彼は挙式当日の朝、いつも行っている美容室でヘアメイクをしてもらっていました。

アクセサリー

ネックレスはつけず、イヤリングのみつけました。
彼にプレゼントしてもらってから着けたことのなかった超個性的なイヤリングだったのですが、ドレスのデザインにマッチしたので合わせました。

ヘッドアクセサリー

『MIKIMOTO』のティアラ(PZL−3202)をつけました。『YUMI KATSURA』でレンタルしました。

ネイル

白をベースに、薬指のみマットなパステルピンクにし白い花を描いて陶器のようなデザインにしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

ダリア・ラナンキュラス・ガーベラを使い、全体的に赤やオレンジをメインの色にして、華やかでかつ会場に合うようにしました。

装花のポイント

後ろの席からも前が見えるように、ゲストの席に背の高いお花を入れないようにしました。

また、お花については正直なるべく費用を抑えながらも寂しくならないようにしたいとオーダーしました。結果、水中花や水中キャンドルを利用し装花に高低差をつけることで見栄えも費用も希望通りに仕上がり、「さすがプロ!」と思いました。

また、夕方からの披露宴だったためキャンドルを入れたのは正解でした。動画の時間などで会場が暗転した時にとてもきれいでした!

フローリスト

ホテル雅叙園東京提携のHanahiroさんです。

お料理のこだわり

基本プランに入っていたフレンチのコースで充分だったため変更はしませんでした。
飲み物は、お酒が好きなゲストが多かったためMOET&CHANDONや獺祭が入ったプランにランクアップしました!
料理も飲み物も好評でした!

ウェディングケーキ

最初は三段ケーキに憧れていたので変更するか迷いましたが「食べて美味しければ良いか!」と思い直しました(笑)結果、基本プランのケーキで充分でした。

引出物

遠方からのゲストが大半だったため、引き出物は宅配にしました。
ネットの引き出物業者を使ったので、web上でゲストごとに内容を選択しました。

プチギフト

女性にはjohn masters organicsのネーム刻印入りミニヘアブラシ、男性にはNAKATA HANGERのネーム刻印入りパンツハンガーorネクタイハンガーをお渡ししました。

引き出物が宅配だったので「手ぶらで帰ってもらうのはちょっと...」と思い、軽めながらも特別感のある刻印入りギフトを探しました。

結婚指輪

BOUCHERONの『キャトル ラディアント ダイヤモンド リング ハーフ/キャトル クラシック ハーフ リング』を選びました。

元々上記の2つの指輪を重ねたデザインの『キャトル クラシック ダイヤモンド リング スモール』という商品があり、私たちの指輪は2つで1つの指輪になるというお話を聞いて二人で決めました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

【新郎】友人の乾杯のスピーチです。
大学時代から二人のことをよく知る友人から頂いたスピーチに感動しました。式後に動画で見て、改めて感動しました。

【新婦】友人のサプライズ余興です。
私の好きな歌を内緒で練習してくれていて、みんなそれぞれ忙しい中、準備をしてくれていたことがとても嬉しく感動しました。私の宝物になりました。

二人らしさとは

感謝をことばで伝えることです!言わない日がないくらい、お互いに「ありがとう」と伝え合います。

昔、私が「ごめんね」ばかり言っていたら「ごめんじゃなくてありがとうって言おうよ!」と彼に言われた事があり、それから私も意識するようになりました。

今では事あるごとに「ありがとう」と言っています(笑)

嬉しかった参加者の反応

余興を喜んでもらえていて嬉しかったです。
また、会場スタッフさんのことや料理のことを褒めてもらえたので「ホテル雅叙園東京で挙げて良かった!」と改めて思いました。

私にとって結婚とは

"添い合い"への第一歩!
乾杯の挨拶の中で、夫婦は良いことも悪いこともいろいろなことを分かち合って乗り越えてやっと"添い合い"になるんだと言う話があり、「私たちもそうなりたいね!」と話しました。

現在新型コロナウィルスの影響で二人とも在宅勤務となり、二人でいる時間がとても長いので、お互いに色々と話し合うことでストレス解消ができたり、支え合えていると実感しています。お互いにとって必要な存在であることを認識し、いろいろなことを乗り越えていきたいと思っています。

後悔していること

きれいごとではなく、本当に後悔はありませんでした。「やりたいこと全てやったし、後悔ないね!」と式の直後に話していました。

節約のための工夫

装花はかなり金額が増減する部分かと思います。私たちはその費用を抑えてゲストへのギフトに充てたいと思い、最低限の費用内でやってもらえるよう相談させていただきました。

お金をかけるところと抑えるところを明確にしておいた方が良いと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

何を優先するか、後悔しないようにするにはどうしたら良いかを考えて、こだわるところはとことんこだわったら良いと思います。
とにかく当日は楽しくてあっという間に終わりました!楽しんで後悔のない式にしてください♪