卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

mio

mioさんのプロフィール写真
結婚式のテーマは「感謝」
「クラシカルな式場で叶えるアットホームウェディング」

幼少期よりこれまで憧れ続けていたクラシカルウェディングの要素を大きく入れつつも、時節柄 大幅に規模を縮小した結婚式となったため、ゲストひとりひとりにリラックスして楽しんでもらえる時間作りにもこだわりました。

今まで育ててきてくれた両親、親族。幼少期から仲良くしてくれた友人。
規模を縮小したことで、より身近な距離で感謝の気持ちを伝えることができたことはなによりも嬉しく、終始笑顔の絶えない結婚式となりました。

――「シンデレラ」
だいすきなシンデレラの世界観を一部で表現しました。
兵庫県 / 地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅
神戸セントモルガン教会(KOBE St.MORGAN CHURCH)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
神戸セントモルガン教会
30人未満

100年以上の歴史を刻んだ聖堂に輝くステンドグラス、そして聖歌隊の讃美歌と奏楽者の生演奏は圧巻で、式場見学で初めて訪れた際に一目惚れをしました。
そんな厳かな場所、雰囲気の中で愛を誓えた喜びはこの先もずっと私の記憶の中に残り続けていくと思います。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
神戸セントモルガン教会
30人未満

ブラウンを基調としたクラシカルな雰囲気の披露宴会場で、ゲストが程よくリラックスしながら楽しんでもらえる空間です。装花やアイテムによって、色んな雰囲気に変えられる会場だと思います。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

「世界観作り」

テーマにもしていたクラシカル且つアットホームな世界観作りに全力で取り組みました。
これまで思い描いてきたイメージを残しつつ、余興等は全く行わない会食メインのプログラムにしたことで、ゲストにはゆっくりとリラックスした時間を過ごしてもらえたと思っています。

またほぼすべてのペーパーアイテムを手作りしたのも、こだわりのひとつです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

VICTRIA FRANCEZKA

王道のプリンセスラインのウェディングドレスです。
ドレス全体に施されている大柄の刺繍から、どこか重厚感のあるクラシカルな雰囲気を感じ、サテンオーガンジーとチュールの生地からは、透明感が感じられました。

このような魅力を持ち合わせているドレスは、まさにこのドレスだけでした。
また、トレーンは取り外しができるため、挙式と披露宴とで変化をつけられたのもおすすめポイントです。

ドレス 2着目

A by Hatsuko Endo - Manon

こちらは結婚が決まる前から必ず着たいと思っていた、大好きなくすみピンクのドレスです。
大人かわいい上品なピンク色と、胸元の繊細なレース、ボリュームのあるチュール生地、なにもかも全てが理想的でした。ウェディングドレスの時とは異なるやわらかい印象を与えてくれました。

このドレスを着られて幸せでした。

ブランド
Hatsuko endo
シューズ

artemis by DIANA

シンデレラのガラスの靴をイメージし、キラキラのグリッターシューズを当初より思い描いていました。
それに加えて、ローヒールで普段のお呼ばれにも使えるものを探していた際に、こちらのシューズに出会いました。

お手頃な価格にも関わらず、足のサイズに合わせて中敷きも調整していただいていたので、長時間履いていても疲れることは全くありませんでした。

ヘアメイクのポイント

<ウェディングドレス ヘアメイク>
王道のシニヨンスタイルですが、耳元に動きを出し 前髪を少しだけ出していただきました。
メイクは艶肌に、ダークな赤リップで結婚式ならではのクラシカルな雰囲気に。コンプレックスのエラを隠すためのシェーディングは欠かせませんでした。

<カラードレス ヘアメイク>
すべて前髪を下ろしたことでかわいらしい雰囲気にならないよう、ローポニーにしていただきました。
メイクはドレスに合わせてチークを少し濃いめにし、コーラルピンクのリップに。

ナチュラルさを必ず残したかったので 自まつ毛にこだわり、プレ花嫁期間はまつ育に最も力を入れました。

アクセサリー

ウェディングドレス:シルバーイヤリング2種類(TAGAYA BRIDAL)
カラードレス:ゴールドピアス1種類(Bride me)

挙式では、シンプルながらもクラシカルな雰囲気が感じられる一粒のパールを。

カラードレスの際のゴールドピアスのみ持ち込みました。ヘッドアクセサリーの生花を生かしつつ、ピアスそのものにも存在感があり蝶のようにも見えることから、たくさんの方に褒めていただきました。

ヘッドアクセサリー

挙式ティアラ:TAGAYA BRIDAL
披露宴ティアラ:Maria Elena - 8504

結婚式でティアラをつけるのが幼少期からの夢でした。どのようなティアラが自分に似合うのか分からず、ティアラ選びにはかなり苦戦しました。
披露宴でつけたマリアエレナのクラウンは憧れていたもののひとつで、当日初めてつけたものということもあり自分に似合うかドキドキでした。

カラードレス:胡蝶蘭(生花)

胡蝶蘭は和装で取り入れるイメージでしたが、洋装でもきっとかわいいと思い ご用意いただきました。上品な上に存在感があり大満足です。

ネイル

爪が小さいのがコンプレックスで、できるだけスラっと見えるようにシンプルにしていただきました。左手薬指のスワロフスキーがお気に入りです。

メインで使った花や装花のテイスト

プリンセス感を出したかったので、薔薇の花をたくさん使っていただきました。

装花のポイント

とにかくシンプルにしたかったので、たくさんの色味は使わずに ホワイトメインでオーダーしました。
そのためゲストテーブル装花はかすみ草のみ。
ブーケや高砂装花は、大好きなくすみピンクとボリュームを出すためにグリーンも加えてくださいました。
式場のフローリストさんにすべてお任せしました。

お料理のこだわり

和食にこだわりました。和食とフレンチを試食しましたが、やはりどこか安心感を感じたのが和食でした。
いつもとは異なる場所で 特別な和食を召し上がっていただく。アットホームな雰囲気にしたいという私たちのテーマにもぴったりでした。

ウェディングケーキ

インパクトのあるケーキにするため、大きなお城のケーキトッパーを持ち込みました。その他の装飾は敢えてなしに。

引出物

こちらも和食にこだわり、老若男女問わず喜んでいただけそうな 和のカタログギフトを入れました。後日男性ゲストから"嬉しかった"という声を
複数いただけたことがすごく嬉しかったです。

また、友人にはネーム入りの靴べら・ネームタグを入れました。ネーム入りはやはり特別感を感じてもらえるものだと思います。

プチギフト

k-meals, - アーモンドクッキー

ひとつひとつプリザーブドフラワーのアレンジと名前や挙式日入りのステッカーをつけてくださるので特別感がありました。
プリザーブドフラワーはすごく良い香りがしました。

婚約指輪

Cinderella Bridal Collection - You're my Princess

リングの内側には、私たちのイニシャルと馬車、シンデレラ城の刻印が入っています。

結婚指輪

Cinderella Bridal Collection - The First Waltz

リングの内側には、私たちのイニシャルと記念日、シンデレラと王子さま、ガラスの靴の刻印が入っています。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

どこを見回しても大好きな人ばかり。ゲストひとりひとりに感謝の気持ちを伝えることができ、この上なく楽しくて幸せな時間を過ごしました。
新郎からのサプライズムービーもすごく嬉しかったです、唯一泣いてしまった場面でした。

二人らしさとは

「笑顔」

笑っていない日なんてない人生が私たちらしさだと思っています。これからも私たちらしく、さまざまな困難も笑顔で乗り越えていきたいです。

嬉しかった参加者の反応

「全てにおいて世界観が最高だった」
「新しい結婚式の形で楽しかった」
「今日がいちばん綺麗だったよ」

大変なご時世の中、来てくださったゲストの方々には本当に感謝しかありません。

私にとって結婚とは

人生において一生を共にする大切なパートナーができたこと。 そして、第二の人生の出発です。
結婚式では、新たな人生の門出を大好きな方々に祝福していただき、とても意味深い1日になりました。

後悔していること

ウェディングドレスの時のヘアは、王道のシニヨンでゲストと写真を撮りたい思いで 挙式・披露宴でヘアスタイルを変えませんでしたが
今思うと披露宴でヘアスタイルを変えても良かったかなと思ったりもしています。

ですが、自分なりに譲れない点はとことん準備したので大きな後悔はしていません。

やりたかったけれど諦めたこと

<ドレス選び>
ドレスの持ち込みがNGの式場だったので、以前より憧れていたドレスを試着すらできなかったのは残念でした。

<DIY>
DIYで使いたかったパーツが海外にしか売っておらず、時節柄 海外郵便がストップしてしまっていたためにパーツを取り寄せることができませんでした。
作りたかったアイテムに挑戦できなかったことは とても残念です。

節約のための工夫

ほとんどのペーパーアイテムを手作りしました。
節約というよりはオリジナル感を出したい思いで手作りをしましたが、かなりの節約になりました。
卒花嫁さんの素敵なアイデアをたくさん参考にさせていただき、満足のいくものができました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

時節柄、悩まれているプレ花嫁さんはたくさんいらっしゃると思います。私自身も本当にたくさん悩みました。

ご自身が選ばれた答えを信じて、必ず最高の日をお迎えください。