卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

oriri.25

oriri.25さんのプロフィール写真
【lighting story】

私の名前 栞 の由来である道標を使ってコンセプトを担当さんが考えてくれました。海外のような挙式に憧れがあったのと、花嫁主役ではなく 私たち2人、そして花嫁の母だけではなく 新郎の両親にも主役になっていただきたくて、その思いを担当さんにお伝えしていました。 そして、一番はじめに伝えたのは おもてなし だけは絶対に忘れないでほしいと。
長崎県 / 長崎駅
ベイサイド迎賓館 長崎

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ベイサイド迎賓館 長崎
150人以下

目の前に映る長崎らしい景色と稲佐山が見えます。
遠方ゲスト様からも、長崎らしい雰囲気だったと好評でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ベイサイド迎賓館 長崎
150人以下

高砂の後ろにはガーデンがあり、私たちの演出の一つとして「カーテンオープン!」の声でデザートビュッフェとスタッフさんたちがプールサイドにいるという演出をしました。

ガーデンにて、フォトスペースも作りましたのでデザートビュッフェの間はみんなで写真撮ったりと 新郎新婦とゲスト様の距離感が近くて最高でした!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

高砂のバックにあるパンパスグラスの飾りや、フォトスペースのボタニカルな感じ。ブーケ、、花の色や形、葉の形一つ一つ担当さんに訂正していただきながら話を進めた結果、想像以上のものができました!

あとは席次表、ウェルカムスペースのものを携帯で作成しました。一番時間がかかりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

長崎にはまだ、理想に近いマーメイドドレスが無いと聞いたときは 着たいものがなく悩みました。
何度かマーメイドドレスのデザインで求めているのをご相談したときに、担当さんが探してきてくださり理想に近いマーメイドドレスと出会いました。
お気に入りは広がったときのレースの綺麗なとこ。

ブランド
Bridal Costume Suehiro
ドレス 2着目

ベル レッド

ハツコエンドウに憧れがあり、当初はネイビーを試着しましたが先着があり諦めました。が、レッドが入荷するとのことで改めて見に行き 試着前に一目惚れ、即決でした!

シンプルだけどボリュームがあり、赤すぎず暗い赤すぎず、上品な感じが気に入りました。

ブランド
Hatsuko endo
シューズ

シルバーのラメが強いオープントゥ

ヘアメイクのポイント

挙式の際は低めのシニヨンスタイルでまとめていただき、 披露宴でのウエディングヘアはかきあげヘアで外国風な巻き方で。カラードレスの際は アクセサリーをつけずにドレスのボリュームに合わせて後ろでまとめていただきました。

アクセサリー

スエヒロさんにお任せして、組み合わせしていただきました。

ヘッドアクセサリー

披露宴ウエディングヘアの際は大きなビジューのバレッタを使用し、それ以外はイヤリングのみでシンプルにしました。

ネイル

フレンチネイルで指輪をはめる場所は、大きなストーンをつけました。

メインで使った花や装花のテイスト

秋をイメージしていたのでパンパスグラスは絶対条件でした。 葉の色は明るいのより少しシックな感じに近いもので丸みがないような葉にこだわりました。

母が白のバラを入れたいと言うことだったので小さなバラをポイントにいれていただきました。

装花のポイント

高砂のボリュームと、フォトスペースのボリューム。

お料理のこだわり

試食会に参加した際に出てきた鯛茶漬け風リゾットは、絶対条件でした。酒飲みゲスト様が多いので量は5品のコース。小さなゲスト様にも楽しんで欲しかったので、食べれるものをリサーチして料理長さんへお伝えしました。

ウェディングケーキ

ハート型の三段ケーキ。 イチゴと生クリーム。

引出物

箱にゲスト様の名前が入ったコップ、夫婦席には感謝やありがとう の文字が入ったペアコップ。

プチギフト

他会社で発注したハッピーターンに私たちの写真を入れました。

婚約指輪

4℃
ダイヤモンドが3粒ほど入ったシンプルなデザイン

結婚指輪

4℃
何もついてないシンプルなデザイン

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

妹が14歳離れていて、中座で前々からお願いをしていたにもかかわらず、当日挙式からずっと泣いていて、忘れていたのか呼ばれた際に泣きながら登場してくれました。

それまでは笑いっぱなしの私は、今までのことを思い出してしまい もらい泣き号泣でした!
周りからも一番泣けたと言われました!

歳が離れてるぶん、お互い気持ちをあまり言いませんが 、手を握って引っ張っていってくれた時に お姉さんになったなと少し親目線に見てしまい更に号泣でした。

二人らしさとは

私たちらしさ、、お互い仕事や友達の前じゃ少し背伸びをしてる部分があったりと、正直 この子にはこの姿、この子にはこの姿と、一部しか見せてないことが多くありました。

彼と出会ってからは同級生ということもあり、言葉で伝えるのを特に大切にしていて、悩んでるときは一緒に悩んでしまうし、泣きたいときは泣いていいよと、嬉しいことがあると泣きながらハグすることも。

天邪鬼夫婦ですが、全力で一緒に泣いたり笑ったり、悩んだりして 笑って解決してきました。

嬉しかった参加者の反応

こだわりが強い私を私側ゲストは特に知っていたので、はじめてこんなこだわりつまった結婚式だったと。 一人ひとりに心遣いのある結婚式だったと。

新郎の両親は結婚式決まる前に 花嫁主役だから、、と男兄弟の母は役目がないようなことをボソッと言われていたので、体重米を記念品にしたり新郎も手紙を読んだりした結果 すごく嬉しかった!と言っていただけました。

私にとって結婚とは

おもいやり。

後悔していること

手作り席次表にして、お名前確認したにも関わらず間違いなどがありました。ムービー作成も。

やりたかったけれど諦めたこと

中庭での挙式。 天気が心配だったので諦めました。

節約のための工夫

印刷物はとにかく作成しました。記念品も、お金かけなくていいからと両親からずっと言われていたので手作りにしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

きっと、ワクワクドキドキの期間です!
前日の夜中まで作業をしていたので 当日まで不安しかなかったですが、挙式が始まると今まであんなに笑ったことは無い!と思うくらい笑ってる私がいました。

あっという間です!
たくさんの情報でパンクしそうに なったら、私たち卒花さんに相談して みてください!

プレ花嫁さんのお力になれるのが 嬉しいです!
ステキな結婚式にむけて、ふぁいと!