卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
アニヴェルセル 江坂
100人未満

光の透けるステンドグラスが美しく、アニヴェルセルでしか歩くことのできないロイヤルブルーのバージンロードは貴重だと思います。

当日はチャペル内で家族へのサプライズ演出もできるので、改めて結婚したことを実感し、感動しながら父親と一歩ずつバージンロードを歩く事ができました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
アニヴェルセル 江坂
100人未満
シェルダジュール

私たちが選んだシェルダジュールという会場は、階段があるので天井の高さもあり、大阪府内で見学した中では広く感じられる会場でした。白を基調としている綺麗な空間で、シャンデリアも飾られており、お城の中にいるような華やかな雰囲気がありました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

一番にゲストへのおもてなしを考えていたので、会場の広さとアクセスのしやすさは重要視しておりました。その中で、自分たちのイメージする結婚式が叶えられる空間を探しました。

ペーパーアイテムなどできるだけdiyできるものは取り入れて、おもてなしの気持ちを込めました。特にお食事は満足して頂けるメニューを考えました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

リディアを選びました。
胸元の細かく華やかなインド刺繍と、綺麗でスタイル良く魅せてくれるドレスラインに惹かれました。スパンコールがキラキラ輝くチュールも素敵で、サテンドレスにはない魅力を感じました。

腰のリボンやトレーンの刺繍も華やかで、取り外しができたので挙式と披露宴でパターンが楽しめて素敵なドレスでした!

ショップ
TAKAMI BRIDAL
和装 2着目

タカミブライダル様の青菊花青海紋を選びました。
ブルーのようなグレーのようなベースに、華やかな総柄、今まで見たことのないおしゃれな色打掛だったので一目惚れしました。テーマカラーとしていたオレンジ系も差し色で入っていたので即決でした。

ヘアセットによって、可愛らしい印象にも大人っぽい印象にもなる素敵な一着でした。

スタイル
色打掛
シューズ

Jimmy Choo の LOVE65、スターシルバーを選びました。

グリッターパンプスが主流ですが、普段使いできるものを探していたところ出会いました。6.5cmヒールなので歩きやすく、どんなドレスにも合わせやすいシューズだったので、二次会も三次会も、お呼ばれの時も使用しました!

ヘアメイクのポイント

挙式、披露宴、お色直しと3パターンのヘアメイクをお願いしました。カラーは落ち着いたグレー系に細めのハイライトも入れていただいてたので、ヘアセットによっては動きもでて綺麗な色味を感じられました。

3パターンの内容は、①挙式時:シニヨンに前髪あり、②披露宴時:ポニーに前髪あり、③お色直し:シニヨンに前髪アップ、という感じでした。

アクセサリー

ドレスにインド刺繍があったのでネックレスは着用しませんでした。

挙式時:シルバーのクリスタルロングピアスを使用しました。大ぶりで存在感もあり、キラキラしていてとても綺麗でした。

披露宴時:シルバーの大きいお花ピアスを使用しました。こちらも大ぶりで存在感があり、横顔も華やかにしてくれました。

お色直し時:和装だったので、何もつけませんでした。

ヘッドアクセサリー

挙式・披露宴ともにビジュー、クリアビーズ、パールのついたシルバーのヘッドドレスを使用しました。ヘアスタイルによって付ける位置や向きを変えていただき2パターン楽しみました。

お色直しの和装では、シニヨン部分にドライフラワーをたくさんつけてもらいました。こちらも華やかにセットしてもらえたので好評でした!

ネイル

会場や和装のテーマカラーに合わせて、ブルー系のデザインにしました。夏っぽくならないようにくすみブルーでお願いしたところがこだわりです。

メインで使った花や装花のテイスト

パンパスやプロテア、コットン、ユーカリなどを使用してもらいました。テーブル装飾などにピンク要素がなかったので、華やかになるようプロテアをピンク系でお願いしました。プロテアは開き具合で色味も変わるということで当日まで分からなかった点も楽しめました。

装花のポイント

可愛らしい印象より、おしゃれでトレンド感のある雰囲気で会場をまとめたかったので、海外ウエディングぽく、流行りの装花を盛り込んでいただき華やかにボリューム感を出してもらいました。

お料理のこだわり

とにかくお越しいただくゲストに満足して頂けるよう心がけていたので、お料理だけは妥協できないポイントでした。

鮑、キャビア、牛フィレ肉など贅沢な食材が使用されたアニヴェルセルの「ブーケダムールオランジュ」というコースをベースに、お魚料理を人気メニューに変更したりなど、カスタムさせていただきました。デザートビュッフェも選択できましたが、無しでお願いしました。

ゲストの方々からは「美味しかった」「すごいボリュームだった」「料理が温かくて最高だった」「食材が高級だった」と大満足のお声をたくさん頂けました。

ウェディングケーキ

海外ウエディングでトレンドの、高さと太さのあるケーキをベースに、ぺたぺたナッペ、苺をたくさん使用した垂れ流しケーキを選びました。

引出物

職場の方々には、ボウルカタログセット/樹峰バウムクーヘン/お茶漬け最中セット

親戚には、吉祥釉豆皿揃(木箱入)/樹峰バウムクーヘン/お茶漬け最中セット

家族や友人には、オーバルプレートセット/バウムクーヘン

プチギフト

リンツのチョコレートに、ロータスのビスケットを合わせて詰めました。用意した透明袋にサンクスタグを貼り付けてdiyしました。

婚約指輪

俄の露華ROKAをもらいました。

結婚指輪

私は茜雲AKANEGUMO
旦那は初桜UIZAKURA
婚約指輪に合わせて俄で好みの物を選びました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新型コロナウイルスの影響で、来てもらいたかったゲストが全員参加できずだったので残念な気持ちがありました。出席で予定してたの方々も当日までいつ欠席連絡があってもおかしくない不安な状況の中、友人とも半年以上会えずにいたので、当日みんなの笑顔を見れた時が一番感動して涙がでました。

また、そんな中で何度も打ち合わせて思い出の場所を巡ってくれた友人の余興も最高にありがたく幸せを感じました。私たちの大好きな方々が揃って集まってくれた結婚式は本当に最高の素敵な一日となり、一生忘れることのない思い出になりました。

二人らしさとは

お互い何より家族友達思いなところです。結婚式を行う上でも、自分たちのことより、まずお越しいただく方々を第一に考えて準備をしてきました。

みんなのことを考えながら思いながら準備することで楽しさもありましたし、素敵な結婚式を過ごすことができたと思います。皆様の笑顔が自分たちの笑顔の源です。

嬉しかった参加者の反応

「にぎやかで楽しかった」「おしゃれでこだわりがたくさん感じられた」「食事が美味しかった」「お料理のランク頑張りすぎ!」「お父さんお母さんが嬉しそうだったね」など、たくさん嬉しいお言葉を頂きました。

当日あまり周囲に目を配ることができず、行き届かない部分があったかと思いますが、それでもこのようなお言葉がいただけたことに安心しましたし、満足して頂けたことが伝わり嬉しく思いました。

私にとって結婚とは

お互いの思いやりの心が大事だと思います。
一緒に生活して約2年、旦那も仕事で疲れている中、苦手な家事をたくさん手伝ってくれるのですごく支えられています。

日々感謝の気持ちを伝えてくれることもあって、私としても自分にできることは何でもしたい気持ちになりますし、家事をやらされてる、なんて気持ちになったことも一切ありません。毎日気を配って優しく接してくれる旦那にほんとに心から感謝しています。

やりたかったけれど諦めたこと

①コンフェッティ―シャワー
散らかってしまうとの事で、次の挙式の方を考慮して使用を控えなければなりませんでした。

②チャペルでのクロージングハグもしくはキス
恥ずかしいということで旦那がNGでした。

③プロによるムービー製作
プロに委託して、おしゃれでかっこいいムービーを作ってもらいたかったのですが、コスト面も考えて諦めました。

④カラードレスのお色直し
結婚式といえばカラードレスへのお色直しのイメージがあったので、そこが叶えられなかったのは少し心残りです。

節約のための工夫

芳名帳・席次表・席札・プロフィールブックなどのペーパーアイテム系、オープニングなどのムービー系は自分たちで用意しました。両親への贈呈用花束も持込okだったので自分たちで手配しました。アクセサリー類やベールなどもレンタルが高かったのでフリマアプリなどで探し出して節約しました。

なるべく持込okなものはdiyしたり自分で用意して節約の工夫をしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

自分がどんな結婚式をしたいかのイメージを固めるために、花嫁アカウントを作成し、先輩花嫁様のインスタグラムをたくさん拝見して参考にさせて頂きました。私たちの結婚式がおしゃれだったというお声を頂けたのも、素敵な先輩花嫁みなさまのおかげだと思っております。

前撮りのスタジオひとつ選ぶのもそうですが、検索エンジンから調べ出すよりも、インスタグラムで自分が撮ってもらいたいイメージを探し出して依頼するのが一番良いと思います。

私たちのように新型コロナウイルスの影響を受け、結婚式を開催していいものかどうか、悩み不安に思われてる方々はたくさんいらっしゃるかと思います。

仕事柄もあり、ご自身やご家族の状況が人それぞれあるかと思いますが、「一番だれに来てもらいたいか」「一番だれに花嫁姿を見てもらいたいか」をしっかりお考えいただき、その方々がお越しいただけるのであれば、開催するタイミングはその時なのだと思います。

コロナと向き合った結婚式の在り方を考え、そして決行されるその日が素敵な一日となるよう応援しておりますし、心より願っております。