卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ラソールガーデン大阪
100人以下

初めてみた瞬間、「ここがいい!」と一目惚れしたチャペル。ゲストの座席が広々としており、座り心地が良かったのも決め手の一つです。
自分たちらしい式にするため、人前式を選びました。入場シーンでは涙する友人たちでしたが、誓いの言葉やキスでは笑いも起こり、堅苦しくない、私たちらしい挙式となりました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ラソールガーデン大阪
100人以下

やりたいことが多すぎて「何かを削らないといけない」とプランナーさんに言われていましたが「どうしてもやりたい!」というわがままを一生懸命叶えてくださり、この式場にしてよかったなと思いました。
ゲストが窮屈さを感じない広い会場でありながらも、新郎新婦との距離が遠くなりすぎない絶妙な大きさの会場で大満足です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

今までにない、自分たちらしい結婚式にしたかったのでたくさんのアイデアを詰め込みました。

中でも特に下記の演出をこだわりました。

・オリジナルの誓いの言葉
・手作りムービー (Instagramに載せています)
・升タワー
・乾杯の儀 (サプライズで両親と乾杯)
・両親への手紙演出 (新婦からの手紙+ムービー+子育て感謝状のプレゼント)

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ショップ
bridal house TUTU
かわいらしさもありつつ、上品できれいなドレスを選びました。バージンロードが長いので、トレーンも重視して選びました。

和装 2着目

ブライダルハウスTUTU
どうしても着てみたかった和装。
明るい色彩の刺繍に顔が映えるかなと思い選びました。

スタイル
色打掛
ドレス 3着目

胸元の刺繍、くすみピンクとパープルの色味ががとても好みでした。結婚式のテーマカラーにもぴったりで、即決しました。

ショップ
bridal house TUTU
ヘアメイクのポイント

基本的にナチュラルなメイクです。
衣装によってリップを変えました。

アクセサリー

ブライダルハウスTUTUでレンタルしたイヤリングのみです。どちらかといえばヘッドアクセサリーにこだわったので、アクセサリーはシンプルにしました。

ヘッドアクセサリー

ウエディングドレスでは、式場レンタルのヘッドドレスをつけました。ウエディングドレスがシンプルなので、ヘッドドレスは少し目立たせるために前からも見える位置に付けました。
和装では、色打掛の色に合わせた造花とタッセルを用意しました。
カラードレスでは、ドレスとブーケに合わせた造花を用意しました。

ネイル

どの衣装にも合うように、薄めのピンクでナチュラルなネイルにしました。ただ「キラッと光るストーンがある方が手元が華やかになるよ」とネイリストさんからアドバイスをいただき、ストーンをいくつかのせました。

メインで使った花や装花のテイスト

「春の森」をテーマにしており、「グリーン・ホワイト・ピンク」を中心にオーダーしました。自分で作ったアイテムでもそれらのカラーを意識したり、木を基調としたものを選んだりしていました。

お料理のこだわり

新婦の故郷の食材かつ好物である牛タンや、二人の思い出の地である京都の料理をメニューに入れていただきました。 ラソールガーデンさんでは、シェフと打ち合わせをし、オリジナルメニューにすることが可能でした。

ウェディングケーキ

和装ということもあり、ウェディングケーキではなく升タワーにしました。ラソールガーデンさんでは初めての試みだったそうなのですが、快く引き受けてくださりました。ドライアイスがもくもくと上がるのでとても盛り上がりました。

また、サプライズで新郎新婦の両親に出てきてもらい、皆で乾杯をしました。 両親もとても喜んでくれたので良かったです。

引出物

引出物:カタログギフト
縁起物:白子のりのギフトセット
引菓子:グランマーブルのデニッシュ
引出物と縁起物の中身については、親戚・上司・友人で内容を少し変えました。

プチギフト

外箱のおしゃれなクッキーにしました。

婚約指輪

NIWAKA

結婚指輪

Cartier

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

沢山の大事な人たちに囲まれている空間に終始感動でしたが、一番印象に残っているのは友人の余興と旦那さんからのサプライズです。
普段仕事で忙しい旦那さんが、こっそり歌やダンスを練習してくれていたことに感動しました。

二人らしさとは

二人とも「相手に喜んでもらいたい」「楽しませたい」という思いを持って日々を過ごしています。結婚式においては、お互いの大事な人たちも含めて皆に楽しんでもらうことを考えていました。

嬉しかった参加者の反応

カメラマンさんに「ゲストが絶えずに高砂に写真を撮りに来ていた、こんな結婚式は初めて」と言っていただきました。また再入場の音楽に合わせて手拍子だけでなく、みんなが歌って盛り上げてくれたことがとても嬉しかったです。

後日ゲストからは「今まで行った結婚式の中で一番感動した」「笑いと涙のあふれる素敵な式だった」と言っていただきました。

私にとって結婚とは

お互いを支え合い、一緒に生きていくこと。

後悔していること

「楽しんでもらえるかな?」「装花はあれでよかったかな?」など式まで色んなことが不安でした。
でも式当日は本当に最高な一日を過ごすことができたので、結婚式までの日々も不安を感じず、楽しみに過ごしていれば良かったなと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

旦那さんにも両親への感謝の手紙を読んでほしかったのですが、時間の都合で諦めました。そのかわり、両親へブーケの他に「写真付きの子育て感謝状」を贈りました。

節約のための工夫

二人の思い出の写真がたくさんあったので、前撮りはしませんでした。 また映像や装飾、フラワーシャワー、受付グッズ等、できる限りは手作りしました。
手作りすることにより、節約できることはもちろん、より自分たちらしい結婚式にすることができたと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

とにかく早めに準備を進めてほしいです。準備中にアイデアが湧くことも多いため、ゆとりを持って行動した方が良いです。また、装花等は言葉だけでは想いが伝わりにくいので、写真など見える形で伝えることをお薦めします。

こちらのウェディングニュースさんにはたくさんの先輩花嫁さんたちの素敵な写真やレポートがありますので、是非活用していただきたいです!

直前にならないと進めることができないことがあり、式が近づくにつれて不安なことも多々出てくると思いますが、当日を楽しみに、ぜひ準備から楽しんで過ごしてください。
皆様にとって最高の一日になりますようように!