卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ローズガーデン三次
70人以下

真っ白なチャペルで、ちょうどいい広さでみんなと顔を合わせながらゆっくりと歩くことができました!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ローズガーデン三次
70人以下

ガーデンが外にあって、バラの咲く季節にはとっても素敵な景色でバルーンリリースやフラワーシャワーを行えます! 外から再入場するのもとってもオススメです! 1日1組限定でおこなってくれるのも魅力のひとつです

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

なるべくなんでも手作りをしたことと、テーマにそった色のものや、ぬいぐるみなどは全部持参したことです! あとテーブルのナプキンをミッキー折りにしたのもこだわったところです!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

白ドレスは、王道のふんわりしたのがよくて、チュールのつかってあるふわっと、でもシンプルなのを選びました

ドレス 2着目

カラードレスは、好きな色のサーモンピンクだったのと、チュールの使い方が絶妙で好みにぴったりだったので、一瞬で決まりました!このドレスはほんっとうに可愛いです! そしてチュールをはずして大人っぽくもなるところがまた魅力でした

シューズ

シューズはお店のかたが貸してくださったものなのでこだわってはいませんが、ヒールのあるシューズでした

ヘアメイクのポイント

メイクはあまり濃いのは好きではないのでなるべくナチュラルにしてください!とお願いしました。 ヘアは白ドレスのときはアップで、カラードレスのときはローポニーテールにしたいと決めていました。

アクセサリー

アクセサリーもお店に借りたのですが、パールのついたものだったり、ビジューのついたものなど比較的シンプルなのを付けさせてもらいました。

ヘッドアクセサリー

白ドレスのときは、ビジューのついたもので、カラードレスのときはブーケとおなじ生花をつかってもらいました

ネイル

仕事上ネイルはできないので、チップをオーダーしました 白ドレスにもカラードレスにもあうように、白とサーモンピンクをいい感じにミックスしてもらいました

メインで使った花や装花のテイスト

全体的にドレスと同じような色味でしてほしいとお願いしました。 あまり大きな花や緑の大きなのは使わず、同じ大きさでふんわりとしたイメージになるようにしてもらいました。

装花のポイント

原色系はいれないようにお願いしました。

お料理のこだわり

とにかく美味しいというのが1番でした!! あとはわたしたちの好みで選びました(笑)

ウェディングケーキ

絶対に3段ケーキがよかったので、その願いを叶えてもらいました。 演出としては、新郎が料理関係の仕事をしているので ファーストバイトでおおきなしゃもじを使いました。

引出物

年齢の上の方はカタログ、 若い女性はジェラートピケのタオル、 上司には少し高めのカタログを選びました あとはバームクーヘンとハート型のラーメンにしました

プチギフト

クッキー

婚約指輪

指輪ではなく、ネックレスでした ヴァンドーム青山のものです。

結婚指輪

アムールアミュレットのものです。 新婦はダイヤが斜めにはいっているもので、新郎は斜めにマット加工がしてあるものにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新郎が、私に内緒で 新郎友人の余興でダンスを踊ってくれたことです! しかも、そのダンスの歌が、私の大好きな嵐の 愛を叫べ という歌で、嵐好きの方はこの歌で結婚式に絶対踊ってもらいたいと願っている夢のようなことをやってくれました。まさか、新郎がダンスを踊るなんて思ってもなかったので本当に驚きで、ダンスは完コピですごく完成度が高くて、たくさん練習してくれてたんだなと思うと本当に嬉しくて感動して涙が止まりませんでした!

二人らしさとは

わたしたちが大切にしていることは、常に相手を尊重して、感謝の気持ちをもつことです。そして、2人で共通の趣味がたくさんあるのでそれを大事にしています。 あとは言いたいことがある時はすぐに言って、ケンカをして、仲直りをしてより仲をふかめていってます。

嬉しかった参加者の反応

装飾がどれもとっても可愛かったよ〜!とか、サプライズでケーキを運んでもらったり結婚証明書にサインしてもらったり、フルーツポンチをみんなで作ったりして、ゲスト参加型の式・披露宴だったからほんとにたのしかったよ!とか、新郎のサプライズダンスには感動した!とか、ドレス姿綺麗だったよとか言われると本当に嬉しくて幸せでした!

私にとって結婚とは

旦那さんがいるという安心感と、家族をもつという責任感と、喜びは2倍になり悲しみは分かち合うことができていて毎日が充実しています。

節約のための工夫

招待状やメニュー表などペーパー類はほとんど手作りをしました

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

後悔することのないように、自分のやりたいと思ったことはすべてゆうだけでもゆってみると、意外とできたりするものです! 焦らず、しっかり2人で考えてケンカもしながら、楽しみながら準備を進めていってください!