卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

pypy_wd

pypy_wdさんのプロフィール写真
アメリカンホテルウェディングにしました。
ティファニーがニューヨークのブランドなので、ヒントにしました。
アメリカではガーデンウェディングが多いですが、
ホテルの室内にアメリカンなテイストを持っていったらどうなるかを想像しました。
また、ゲストに懐かしんでもらえたらと思い、なるべく自分たちにルーツのあるものを選ぶように心がけました。
テーマカラーは、ティファニーブルーとゴールドにしました。

maricuru掲載記事
https://maricuru.com/users/UXpCRlJ3
千葉県 / 舞浜駅
ホテルオークラ東京ベイ

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ホテルオークラ東京ベイ
70人以下

屋内で小さめのチャペルですが、天井が青空の絵になっていて開放感があります。また、音の跳ね返りが良く、聖歌隊や楽器の音がとても壮大に感じられます。光る床もポイントです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
ホテルオークラ東京ベイ
70人以下

あまり特徴がなくこじんまりとした会場ですが、その分オリジナリティを発揮できます。同じ会場でも人によって雰囲気が大きく変わる会場です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

装花、音楽、料理、ドレス など 会場に統一感を持たせることにこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

TIG DRESSのアメリカンスリーブドレス
ホテルなのでクラシカルなサテンのドレスを希望していました。 わたしのコンプレックスである首の短さと肩幅の広さをどうにかしたかったのですが、アメリカンスリーブは首の短さをカバーでき、肩幅の広さを寧ろ強調できる点がぴったりと思い、決めました。

ブランド
TIG DRESS 東京
ドレス 2着目

アンドレアクチュール(イタリアのインポート)のブラウンドレス
母が結婚式でブラウンのドレスを着ていたので、わたしもブラウンと決めていました。 母数のかなり少ない色ですが、中古のドレスショップで偶然見つけ、運命を感じました。

シューズ

普通の7センチヒールです。

ヘアメイクのポイント

メイクは普段の顔をかけ離れないようにナチュラル目にお願いしましたが、式中にまつ毛が崩れないようにマツエクをしました。 ヘアはWDでは夜会巻きにし、クラシカルに。CDでは髪を下ろして左右でアシンメトリーにし、時間帯的にもナイトウェディングのような髪型になりました。

アクセサリー

WDではクールな印象のクリスタル、CDではがらっと印象を変えたくゴールドのものにしました。

ヘッドアクセサリー

アクセサリーに同じです。

ネイル

白いWDのときでも邪魔しないように、ベージュを基調にしました。左右1本ずつ、アクセントにゴールドを入れました。

メインで使った花や装花のテイスト

フューシャピンク1色にしました。

装花のポイント

アクセントであるティファニーブルーにも合わせたい、でも会場や料理を明るく見せたい、でもかっこよさも出したかったので相談しました。

フローリスト

バルーンブラッサム(会場提携)さんです。

お料理のこだわり

会場が料理に定評があり、オリジナルのコースを作ってくれます。試食会をもとにアレンジしてコースを決めました。 スープではお互いの地元である北海道のジャガイモを使用し、デザートでは仕上げの演出をやってもらいました。目で見ても美味しい料理になったと思います。

ウェディングケーキ

イミテーションケーキにしました。ホテル婚らしい見た目が気に入っています。

引出物

全員カタログギフトと会場のお菓子です。 カタログギフトの金額で送り分けしました。

プチギフト

地元北海道の六花亭製菓の「おかげさま」です。名前がまさしくプチギフトにぴったりです。

婚約指輪

ティファニー ハーモニーです。

結婚指輪

ティファニー ミルグレインです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

直前にお互いの地元北海道で大地震がありました。親族を含め、一度はみんな来れないのではないかと誰もが思いましたが、必死になってみんな来てくれました。式の日の朝まで飛行機を取るやりとりをLINEで見返すと、今も涙が溢れてきます。チャペルが開いて、みんなの顔を見たときはほっとしました。

二人らしさとは

2人が好きだったものや、使っていたものなど、ルーツがあるものを持ち寄ること。 自分の言葉で話すことです。

嬉しかった参加者の反応

ゲストを含めて一体感があった。こんなにみんな笑っていてみんなが泣いている結婚式は初めて見たと言ってもらえました。

私にとって結婚とは

この人を一生守っていくことを心に決めることだと思います。

後悔していること

夜中まで飲めなくなったことです。

やりたかったけれど諦めたこと

披露宴会場が、もう少し招待人数が多ければ、設備も充実した広い会場を使えたので、そこが残念です。仕方がありません。

節約のための工夫

自分で作る…ブーケや受付スペースの物などは自分で作りました。 自分のためのものは安く済ませる…ドレスやブーケなどは自己満の域。高ければ良いに決まっていますので、そこは予算を決めてその範囲で納得のいくものにしました。 友人の力を借りる…ムービーや前撮りの写真などは得意な友人の力を借りました。みんなとても真剣にこだわってくれて感謝しかありません。プロに頼むより、作ってくれた友人の人柄が出る素敵な作品になりました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

式場にお願いする前に、自分の頭の中に理想の結婚式を思い浮かべて、それが叶うように自分の出来ることをフル活用するといいと思います。仕事をしながらでは体力を使うことも多いと思いますが、きっと自分のやりたいことを予算内で叶えられます。