卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

yuuu.107.wd

簡潔に箇条書きにすると
・季節感(秋らしさ)を出す
・ 暖かい雰囲気、アットホームな雰囲気を取り入れる
・ナチュラル、カジュアル

決まったテーマカラーは特にありませんが、秋らしい色や、暖かい色合いにする事を心がけました。
静岡駅
エスプリ・ド・ナチュール(Esprit de Nature)
¥3,243,790 / 74名
挙式
挙式の満足度
5
エスプリドナチュール
100人以下

晴れるとスタンドガラスに光が差し込み、とても綺麗です。また、ウェディングドレスもより美しく見えます。チャペルの扉や、参列者席は真っ白で無機質ではなく、木目の風合いで暖かさを感じられるのもポイントです。祭壇の周りに階段があるため、ドレスのトレーンが綺麗に見えます!階段は一段が浅いので、ドレスで歩いても安心でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
エスプリドナチュール
100人以下
トリアノン ド ラレーヌ

披露宴会場が2つあり、私はトリアノン ド ラレーヌの方でパーティーを行いました。この会場は一体感があり、アットホームな雰囲気を味わえます。開放感があり広々としており、内装は寒色系の色合いですが雰囲気が暗くならずとても綺麗です。ケーキカットは外のプールを使って新郎新婦をゲストが包み込むように集まることで、より一体感を味わえる演出を行えます。実はもう1つの会場の方が雰囲気が気に入りましたが、日程が空いておらず、装花や別の部分でいかにバランスよく自分の好みにするか挑戦しました。元々の会場の宮殿風の内装に、私好みのナチュラル、カジュアルさも取りに入れ、周りの協力もあり、理想の雰囲気に仕上げる事が出来ました。高砂はソファにしましたがスペースを広く作ったので、飾りがあっても親族や会社の方も多く入ることができ、集合写真のような写真も撮れて一石二鳥でした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

10月は自分が生まれた季節、大好きな季節です。それに加えて旦那の名前の由来が和やかに季節を巡る事ができますようにと和季と名付けられました。その為、季節感を出す事にこだわりたい願望が強く、秋の雰囲気を取り入れつつ、自分が好きなナチュラル、カジュアル、程よいアンティーク感も取り入れました。 あと自分達中心の結婚式にならないよう、ゲストの方も参加できる演出を取り入れ、喜んで欲しいという気持ちで構成しました。私達なりにおもてなしの気持ちが伝わるように頂いた物をwelcomeスペースに飾り、細部まで配慮して準備しました。そういった部分でも暖かさを気持ちとして演出したい、届けたいと強く思って形にしました。

ウェルカムスペース アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

2wayで袖付きブラウスを着脱できる点と、ナチュラルさと程よいゴージャス感があり個性的な所魅力的です。理想のドレスだったので出逢って即決でした。またウエストベルトが紐で、ナチュラル感が更に増し、デザインと着てみた時のシルエットや色合いが完璧でした。袖付きのドレスをずっと着たいと思っていて、袖のたるむ部分が可愛く、結婚式のテイストともマッチしていて言うことなしです。 チャペルではシンプルにブラウスは着ず、パーティーから袖付きブラウスを着用しました。1着なのに2wayというよりは、2着着れたような満足感も大きかったです。袖付きブラウスを着ると全体的に雰囲気がガラっと変わるので本当にオススメですしたくさんの方から褒められて好評でした。

ブランド
LANVIN en Bleu
ショップ
fino静岡
ドレス 2着目

紫のドレスは元々考えていなかったのですが、こちらのドレスは紫があまり強すぎず、ピンクも入っていたので、フェミニンな雰囲気で可愛いと思いました。試着してみると、本当に可愛くて紫が秋らしい程よい深みを演出しつつ、ピンクが暖かい可愛らしさも出していて、バランスの良い1着だなと思い決めました。元々カラードレスは刺繍の入ったドレスを着たいと思っており、細かいお花の刺繍がたくさん入っていたので惚れ惚れしました。トレーンにも刺繍が入ってます。2wayでトレーンのつけ外し可能ですが、私は素敵だったので外さず着ました。勿論外しても可愛いです! あとはパーティー会場がやや寒色系なのでこちらのドレスならかなり色が映えるのも選んだポイントです。シルエットもウェディングドレスと違い、ボリュームがあったので別の楽しみを味わえました。

ブランド
ISAMU MORITA
ヘアメイクのポイント

挙式は、しっかり後頭部中心くらいでまとめ、顔の両サイドに少しだけ後れ毛を出しました。
ウェディングドレスが2wayで、パーティーからは袖付きブラウス着用しました。それに合わせてヘアは後ろでゆるく編みおろしにしました。地毛では長さが足りなかったので地毛と同じ色を手配していただき付け毛をしてからの編みおろしです。始めはアップにしようかと思いましたが、アップだと袖付きブラウスを着用した時の雰囲気と合わないかな?と考え直し、この形となりました。 カラードレスは全く違う雰囲気も出したい欲はありましたが、また大きくヘアチェンジすると料金もかかってしまう為、白ドレスの時、後ろで編みおろしをした状態から、横に持ってきただけのサイド編みおろしにチェンジしました。位置が変わっただけなので大幅にチェンジ料金もかかりませんでした。元々カラーの時はサイド編みおろしが候補に挙がっていましたし、カラードレスの雰囲気との相性も良く丁度良かったです。因みに前髪はないのが似合わないのでどんな場面でも前髪ありの状態で行いました。

ヘアメイク アルバムを見る >
アクセサリー

あまりごちゃごちゃつけるのが好きではない為、ネックレスは付けませんでした。ピアスは白ドレス、カラードレス、どちらもドレスショップからお借りしたデザインの違うシンプルなものをつけました。どちらも揺れないピアスです。あとキラキラ光るものが好みではなく、結婚式のテイストともずれてしまうしせっかく個性的、魅力のあるドレスを選んだので 出来るだけドレスだけでインパクトを出したい気持ちもありました。

ヘッドアクセサリー

挙式では、ドレスショップからお借りした バレッタを左側につけました。パーティ前半(白ドレス)は、自分で通販利用し、安い御値段で小枝ヘッドアクセサリーを購入しました。 (イエローベースなのでシルバーではなく ゴールドの方が馴染みいい為ゴールドを購入しました。) ドレスの雰囲気、ヘアスタイルと相性よく満足でした。 パーティー後半(カラードレス) のカラードレスの時は何も頭につけてません 。つけるとしたらお花のお飾りでしたが、カラードレスにお花の刺繍がたくさんあったので頭にもお花をつけたらバランス悪く、しつこく感じたのと、キラキラしたような物もカラードレスの雰囲気と合わないと考え、あえて何もつけてませんがそれでも十分でした^ ^ 後悔もしてません。

ネイル

白ドレスは何でも合わせやすい為、カラードレスの色合いに合わせました。全部の爪が同じ色ではなく、紫ピンクのような色と、ベージュ、ホワイトを使用し、ドライフラワーや小さいパールなどを少しずつ入れてもらいました。全体的に主張が強すぎない色合い、デザインにし、結婚式のテーマに沿った形になりました。

メインで使った花や装花のテイスト

一番のこだわりはパンパスグラスでした。秋らしさを出したかったのでやはり欠かせないと考え使いたいとフローリストさんに伝えました。あとはドライフラワーが好きなので、たくさん使いたいと話しましたが、全部ドライフラワーにすると結婚式には少し渋すぎて地味になってしまうので、所々グリーンや他のはっきりした色味も使ってみてはどうかとアドバイスを頂きました。葉ものは パンパスグラス、ユーカリ(生とドライ両方)、シルバーアイスなど 花ものは かすみ草、グリーンアナベル、スターチス(白)、ブルーファンタジア、エリンジウム、ドライのバンクッシャ、実物。その他、草花系、小花系(センニチコウや秋明菊) となりました ゲストテーブルも全体的な雰囲気や高砂に合わせた装花にしていただきました。

装花のポイント

華やかすぎないよう、ナチュラルに秋らしさを出すというポイントは欠かせなかったです。やはりしっかり テーマ、テイストに沿って色合いを考え統一感を出したかったので、その点は装花の打ち合わせの時に伝えました。

フローリスト

式場専属のフローリストさんでした。

お料理のこだわり

エスプリドナチュールは選べるチョイス料理コースというものがあります。せっかくなのでおもてなしとしてゲストの方々に選んでいただきたいという気持ちから選べるチョイス料理コースにいたしました。フランス料理か、四季彩創作料理のどちらかを選ぶ欄を招待状の返信ハガキに設けてあったので、事前にそれぞれを選んだ人数を集計して控えてありました。 料理選べるなんて初めてというお言葉を頂いたり、夫婦で参列された方は夫婦で別のコースを選びどちらも食べる事ができたなどの声も聞けて満足でした。 又、料理はおもてなしとしてゲストの方々に気持ちが伝わりやすいという事を聞いた事が沢山ありましたので、一番安いコースではなく、御値段は高くなりますが頑張って真ん中のコースを選びました(ノ_<)

ウェディングケーキ

欲を言えば3段欲しかったのですが、御値段の関係があり、2段に妥協しました。 ケーキもナチュラルな仕上がりにしたかったので、所々にローズマリーの葉とドライのオレンジの飾りを取り入れ、生クリームは飾りがシンプルな分、漆喰塗りのようにナイフでラフに塗っていただきインパクトを出しました。 シロップをかけるカラードリップケーキの演出も行いました。その後に2人でカットまでできて嬉しかったですし、周りも盛り上がっていたので良かったです。

引出物

MUSUBI のカタログギフト、GRAND MARBLEのデニッシュ ( 京都三色 )、OCEAN & TERRE の炊き込みご飯の素セットを引出物にしました。会社のお偉い様や、ご夫婦、ご家族で参列された方にはカタログギフトの金額に差をつけました。

プチギフト

KIRINさんの moogy (ムーギー)です。

結婚指輪

Ryui さんの物です。東京まで足を運び色合いや デザインを決めました。キラキラやテカテカしているデザインは好みではない為、プラチナでマットな質感にたたきが入っています。 色は中心から半円ずつハーフハーフでゴールドとシルバーに別れています。色別れしているのが程よくわかる色合いでお洒落であり、時には半円 回してゴールドだけ、シルバーだけで楽しめる遊び心がとても気に入りました。私の方にはゴールドとシルバーの真ん中に星掘り、ダイヤモンドが小さい入れてあります。 内側にはシンプルに入籍した日付と自分の 誕生石が入っています。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

自分の結婚式ではありますが、それよりも皆様におもてなし、感謝の気持ちを届けるためにどうするかたくさん考えて準備してきました。当日までは不安や緊張の方がかなり大きかったです。 ですが当日になり、友人からの余興やスピーチ、たくさんのお祝いのお言葉と笑顔、全ての光景が輝かしく、嬉しくて暖かくて仕事をしながらの準備で、大変な思いもしましたが達成感に満ち溢れ感無量でした。スピーチで話し始めから 涙した友人に涙し、 友人からの余興映像に後半家族が 出てきたのですが結婚式準備の間、 家族にはしょっちゅう会っていたので驚きを隠せず、涙が溢れてきました。そんな私を見て余興担当してくれた友人も涙していて、そこでまた感動し私もより涙しました。 最後の両親へのお手紙を読むタイミングを迎えた時、普段素直に向き合えていなかった分、生まれてきてからの事が一気に頭にフラッシュバックされたかのようで、感謝の気持ちと寂しさがこみ上げ文頭から涙が溢れて喋り出す事ができず、間が空いてしまいました。予想以上に泣いていた自分に自分で驚かされました (笑) 全体的に感動の場面を思い返すと自己満足かもしれませんが、自分が周りを想って準備した分、皆様からも気持ちが返ってきたような、相互に寄り添えたような結婚式だったなと感じます。

二人らしさとは

互いが持ってる魅力や性格、個性がバランス良く1つになっているという事ですかね(^^)? 私達の場合は、性格が正反対ですが、互いの長所、短所をはっきり理解 しているので、自分には持っていない部分を尊重しています。足りてない部分はフォローし合っています。 又、音楽の系統やファッションの系統は好みが似ているのでよく一緒に音楽鑑賞、ショッピングをします。 2人でお出かけする時は互いにコーディネートのアドバイスもして雰囲気を合わせたコーディネートをして出かける事もあります。

嬉しかった参加者の反応

こんなにお洒落で凝った結婚式初めてだった、何から何まで全部が可愛かったと褒められました。余韻がすごい、いい結婚式だったと言っていただき、努力が伝わった結婚式でした。

私にとって結婚とは

人生の第2章です。新しい自分に出会うステージ、 冒険です。 良かったことは、他人(相手)を思いやることや、自分の短所を知ること、短所と向き合い、親孝行する事が増えました。親族との関わりが深くなり、付き合いが楽しくなりました。そして自分を犠牲にしててでも守りたいものができたことです。

後悔していること

強いて言うなら ヘアスタイル、ヘッドアクセについてもう少し考える時間を設ければ良かったと思ってます。ギリギリまで悩みました。特にメイクリハーサル後にヘアチェンジする場合は、忙しい時期に入ってしまっている中で検討しなければならないので、もう少し余裕を持てば良かったと思いました。 ヘッドアクセの小枝アクセサリーは、メイクリハーサルの時にはまだ購入しておらず、式の日まであと一月を切った中で購入しました。フリマアプリや通販で手配する事が頭になく、気付くのが遅すぎたので、ドレスが決まった時点で髪型と同時にどんなヘッドアクセをつけたいか、どんなものが似合うかなど目処をつけて、メイクリハーサルの時には決めてあった方が確実かなと思いました。せっかくの結婚式なのでこだわり、悩みに悩みましたが、あまり優柔不断でいるとズルズルとあやふやになってしまい 、迷走してしまう恐れもあるので 決断力は大事だと思いました 笑

やりたかったけれど諦めたこと

自分が友人の結婚式で踊りの余興をやった事がなかったので、自分の結婚式ですが友人と余興でアイドルグループのダンスをしたかったです。笑 ですが、お子様がいる友人もいて、それぞれみんな仕事など生活もあり練習に集まることから難しいなと思い、ワガママはやめました! (笑) 結婚式に参列していただけるだけでも有り難いので、更に余興で無理に練習させてしまうのも良くないと思いました。

節約のための工夫

やはりペーパーアイテムは全部diyしたところです。招待状、メニュー表、席次表、席札他です。また、お色直しのヘアスタイルを 大きくチェンジしなかったところや、welcomeスペースのお飾りに100均のものを使用しdiyしたところ、御礼代封筒もdiyです。ブーケ、ブートニアもドライフラワーギャラリーへ足を運び手作りしました。ウェディングケーキも欲張らず3段は諦めて2段にして、ゲストのお料理のランクを中で頑張った分、ドリンクは安い方にさせていただきました。 ・メモリアルフォトも後に自分でカメラ屋さんへ行き、アルバムを作る事もできるので小さめのサイズで妥協しました。ヘッドアクセサリーはフリマアプリ や通販を利用して安く購入しました。ネイルは姉が趣味でやっており上手なので姉に依頼しました。ケーキカットのナイフやスピーチマイクに花は使用せず、リボンのお飾りだけにしました。それだけでも 見栄えは全く問題なく寂しくなかったです。 パーティ会場外のプールの装花も、あらかじめ雨だった時の事も考えシンプルにしておきましたが後悔していません。 元々、テーマがナチュラル、カジュアルなので華やかすぎるとテーマに合わない部分もあった為、負担額を軽減できました。そういう部分でもナチュラルなテイストはお洒落でもあり、得だと思います(^ω^)

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私は、入籍は済んでいたので 仕事、家事、結婚式準備 この3つを同時に進行しなければならず、かなり四苦八苦しました。 仕事は夜勤も行っていたので、生活も 不規則で頭の中で整理する事が大変でした。その中で行なっていたことは、自分用の結婚式ノートを作り、やる事を書き出すこと(項目別に何をどうしたいかまで) 、スケジュール帳に細かく予定を書き込み、いつまでに何をするか検討すること(特に打ち合わせが始まってから) 、インスタグラムでマメに色々なアイテムを検索して理想に近いものを控えておくこと、インスタの他にもGoogleで画像検索してみたり、本屋さんでウェディング雑誌を立ち読み、ゼクシィを念のため毎月購入。あらゆる所から情報収集しました。
旦那とは互いに休みが一緒の日や食事の時間にあれはこうしたい、これはどうする?など話し合い、相手が望むことも控えておきました。家事は頑張りすぎず、手を抜く!特にご飯作りは仕事終わりなど辛い事もあるので、買って済ませる日もたくさんありました。又、準備がてら外へ出ることも多かったので、安いお店へ行き外食で済ましていました。相手が結婚式準備に協力してくれなかったら、準備は主に自分担当となるので、家事は最低限の事は相手に頑張った方が良いです。とにかく相手の理解、協力は必要だと思います。1人で抱え込まない!せっかくの結婚式準備で、ストレス溜めすぎてしまうと勿体ないので、旦那さんとは別に 両親、兄弟、友人 に頼っていいと思います。手作りアイテムの作成もPC操作苦手なので、父にたくさん頼り助けてもらいました!又、diyアイテムの作成ヘルプの為と家事の負担軽減の為にも実家に泊まり、母にもたくさん助けられました。たまに息抜きをするのも大事です。準備ばかりに時間を費やさず自分の時間や友人と会う時間も大切にするとリラックスできます。わからない事はとにかく早くまとめてプランナーさんや式場に聞いておきましょう。打ち合わせ始まる前の段階から式場へお邪魔して持ち込みできる物とできない物、送迎バスについてなどまとめて聞きました。打ち合わせ始まってからもプランナーさんとメールでマメにやり取りしていました。特にドレスや自分自身が身につける物、ブーケに関してはドレス選びが早く始まるのでそのタイミングで何着まで持ち込み可能か、提携ショップでないといけないのかなど細かく聞いておく必要があると思います!後悔しない為にも(>人<;) こだわり強い人はドレス以外にも持ち込めるものは何か全部聞いておくといいと思います。ドレスショップの担当の人や、ヘアメイク担当の人など自分の理想を伝えにくい人もいるとは思いますが、悩んで黙っていても理想は叶わないのでどんどん自分がどうしたいか、こういうのは好きではない などハッキリ伝える事をお勧めします。メイクについてもしっかり自分の顔のコンプレックスを伝えるといいと思います。言えずに曖昧でいると担当の人も困ってしまいます。理想の髪型お写真の用意とルーズリーフなどの紙に要望書いて渡す事もしました。ほかの事で疲れている時や落ち込んでいるときは、結婚式の事は忘れて休みました。その日休んだ分、次の日起きて頑張ろう!という気持ちで挑んでました。マインドコントロールする事はとても大切ですよ。よく聞く言葉ですが結婚式は準備から始まっています。準備の期間もほんとに長いようであっという間です。大変なことも多いですが、努力した分、気持ちがゲストに届く結婚式になると思いますので無理しすぎず、身体や気持ちを休めながら プレ花嫁楽しんで下さい! 終わるとあっという間で夢のようだったと思わされます! 笑 たくさんこだわって悔いのない一生に一度の理想の結婚式を実現して下さい! 心よりお祈り、応援しています( ω )