卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
アマンダンヴィラ
100人以下

会場自体はシンプルでモダンなので、どんなテイストにも合うと思います。
ガーデンや披露宴会場、チャペルなど周りの自然と一体化して楽しむことができるのが最大のポイントです。
五感で季節や天気、鳥の声など感じながら挙式ができるのでより一層特別な一日の印象も強く残ります。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
アマンダンヴィラ
100人以下

ガラス張りなので自然の光を浴び、開放感満載です。
夜も湖の噴水や、ガラスに反射したシャンデリアが輝いていて日中とはガラッと雰囲気が変わり、1日で二度違った披露宴会場を楽しむことができます。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

お互いの出身地である岡山(晴れの国:イエロー)と石川(日本海:ブルー)をテーマカラーに、giftというコンセプトで会場の装飾を統一しました。
一人一人に向けた感謝の贈り物や、来てくださった方が楽しめる演出、ペーパーアイテムやプチギフト、ウェルカムスペースの装飾など全て自分たちで考えて、製作し、準備したオリジナルのウェディング!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

NOVARESEとtemperleylondonコラボドレス
corine

ヴィクトリア時代のラブレターからインスピレーションされた可愛い刺繍がポイントです。
ドレスの形はシンプルですが、刺繍が入ることによって個性的なドレスになっているのでお気に入りです。
他の人とは中々被らなさそうなのと、ファーストインプレッションで自分らしいドレス!と思って惹かれたので決定しました。

ブランド
NOVARESE
和装 2着目

NOVARESEの色打掛

イエローとブルーの二色が入った、ステキな色打掛です。
テーマカラー2色が偶然入っていたの事が決め手になりました。

スタイル
色打掛
シューズ

ゴールドのパンプスです。
挙式、披露宴、二次会すべて同じものを使用したかったので、どのドレスにも合うシンプルで歩きやすく、デザイン性のあるものを選びました。

ヘアメイクのポイント

それぞれのドレスや和装、シーンによってバランスを考えました。
ヘアアクセとの相性もじっくり考えて、あまりゴテゴテしてないナチュラルでシンプルなヘアにしました。

アクセサリー

挙式はシンプルなゴールドのイヤリング、 披露宴はemi made.のヴィンテージ真鍮ピアス、和装は一点もののヴィンテージショップで購入したイヤリング、二次会はmncRoのピアスをつけました。
すべてのシーンでアクセサリーを変更しました。

ヘッドアクセサリー

Miriam Haskellのバレッタです。
ヴィンテージもので、大きめのゴールドリーフ型になっていて、大人っぽい上品なデザイン。

ネイル

和装とドレスに合うよう、ブルーのスモーキーカラーとゴールドのミラーネイルで、あまり主張しすぎないシンプルなものにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

ナチュラルだけど可愛すぎないようにバランスを考えました。
全体的にドライフラワーを使用して、テーマカラーのブルーとイエローのお花をポイントに、プロテアやエリンジウム、などをブーケはメインにしてもらい、装花はブラウンのひまわりやアンスリウムなどを足してもらい、華やかさをプラスにしました。

装花のポイント

ブーケや会場との統一感を重点において考えました。
チャペルはシンプルなガラス張りの空間なので、ドウダンツツジのグリーン系のみを置いてもらい、二次会は同会場で行ったので、披露宴や挙式で使用した装花を高砂に再利用したりと工夫しました。

フローリスト

vressetrose

お料理のこだわり

料理は一番グレードの高いもので、和洋折衷のものにしました。
外でバーベキュースタイルでお肉を食べれるアマンダングリルを入れて、ゲストに楽しんでもらいました。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキは二次会の無料特典についていたものだけを利用しました。
スクエア型のシンプルなショートケーキの上に色とりどりのフルーツが乗っているオシャレなケーキでした。

引出物

親戚…金沢の九谷焼の小皿、抹茶のカステラ、お吸い物

上司…高岡の銅のice coffee cup、ディップソースセット、グルテンフリースイーツ

友人…カタログ、金箔バウム、ティーバッグセレクション

石川県らしいものを入れました。

プチギフト

ネットで手配した、バスソルトにしました。

婚約指輪

Milluflora
シンプルだけど、デザイン性のある可愛い指輪です。

結婚指輪

mederu jewelry
ゴールドでディティールが少し面白いデザインです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

大切な家族や仲間が一つの会場に集まって一緒に楽しんでいる瞬間一つ一つです。
あと、余興をしてくれた友達がオリジナルの時計作ってプレゼントしてくれたことです。

二人らしさとは

小さなことでも思いっきり楽しみ、 周りの人と出会った縁をずっと大切にしていくことです。

嬉しかった参加者の反応

「私たちらしい式」
「会場もテーマも食事もパーフェクト!」
「また結婚式して欲しい」

など嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

私にとって結婚とは

思いやりです。
お互いの良いところ悪いところ、二人で補い合うことです。

後悔していること

ありません。

やりたかったけれど諦めたこと

私は会場も式場やゲストハウスじゃない、オリジナルの場所でしたかったのですが、旦那さんはある程度カジュアルすぎず、しっかりとした式にしたいという意見が分かれたので、お互いのやりたい方向性を中和させたました。

節約のための工夫

派手な演出は控えて、なるべく持ち込みできるものはネットで買ったり、家にあるのものを使用したりしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

一つテーマを決めることで、最初から最後まで方向性がブレず、内容決定しやすくなると思います。
当日はもちろんですが、準備期間から結婚式はスタートしているので、沢山楽しんで、悩んで、ステキな結婚式にしてください。