卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ザ・マジェスティック・チャペル
10人以下

パンフレット以上の感動を体感できる会場です。
バリでもビーチにかなり近い会場で、
祭壇からみえる海と空は圧巻でため息が出ます。
リッツカールトンでコスパよく挙式ができ、
ハネムーンも楽しめるので最高の場所です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
センチュリーコート丸の内
10人以下

東京駅からも近く、
重要文化財というレストランだったので、
遠方からのゲストも迷わず来れて、
かつヨーロッパ調の雰囲気も楽しめました。
海外挙式はふたりだけで行ったので、
父とバージンロードを歩きたかったので、
チャペルが併設されているのも良かったです。
また演奏をしたかったので、
ピアノがあるのも良かったです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ちぴドレスです。
体格が大きめのわたしにとって、
ハートカットの胸元は胸をすっきり可愛く見せてくれ、かつウエストもくびれて見えます。
チュールのボリュームも大きいので、
存在感もあります。
外での撮影は本当に映えるドレスです。

ショップ
ワタベウェディング
ドレス 2着目

ピンクが大好きなのですが、
流行りはスモーキーピンクのため、
なかなか好みのパッと明るい色に出会わず、
たどり着いたのがシンデレラアンドコーさんでした。 明るいピンク色で、自分の顔や肌馴染みもよく、
フリルのスカートがフラミンゴみたいでお気に入りです!

ショップ
Cinderella & Co.
シューズ

オリエンタルトラフィック、1.5cmヒールです。
足が大きいのと、身長が高いので、
夫にインヒール入りの値段の高いシューズを買いました(笑)

ヘアメイクのポイント

海外挙式⇨まとめ髪
ビーチ撮影・ロケフォト⇨ハーフアップ
国内挙式⇨斜めに下ろしたスタイル
お色直し⇨ポニーテール
やりたい髪型を全部やりました。

アクセサリー

ゴテゴテしすぎず、かつ石の大きめのものにしました。
お色直しでは、友人が作ってくれた
イヤリングを使用しました。

ヘッドアクセサリー

頭の横につけるタイプのものを付けました。
後撮りでティアラを買いました。

ネイル

仕事先に報告をしないで挙式披露宴をしたので、
職場でも派手すぎないように白は使わず、
薄めのピンクとゴールドを使用しました。

メインで使った花や装花のテイスト

国内披露宴では、
好きなピンクとブルーを入れた色合いにしてもらいました。
会費制だったので、予算内のものにしています。

お料理のこだわり

国内披露宴がレストランだったし、
口コミの評価も高いので、
安心してお任せしました。
なので、試食もしませんでした。

ウェディングケーキ

海外挙式⇨プラン内のチョコレートケーキです。
国内披露宴⇨一般的なイチゴのショートケーキです。こちらもプラン内です。
ショートケーキが好きなので、
国内で叶えられてよかったです。
演出はビッグスプーンでのファーストバイトをしました。

引出物

サンクスバッグを込みで引き出物としました。
親族や友人で夫婦で来ている方:片方に焼き菓子類、片方に紅茶のセット
友人:焼き菓子
お菓子はパブロフの詰め合わせです。
可愛かったのもあり妹も喜んでいました。
紅茶は三越で買いました。

プチギフト

会費制内のクッキーを渡しました。
エッフェル塔の箱に入っていたので、
ウェルカムスペースに飾っていたものです。

結婚指輪

TANZO

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

海外挙式で、祭壇に向かって歩いている時です。
雄大な景色も圧倒して感動したのですが、
大好きなチャペルで、
大好きな人と、憧れていた海外挙式を本当にしている!という感動がありました。
国内では、父が病気のため海外挙式に来れなかったので、一緒にバージンロードを歩けて良かったと思いましたが、感動より笑いが多かったので、
私自身もすごく楽しめました。

二人らしさとは

結婚式でのふたりらしさは、
とにかくカジュアルにみんなを巻き込んで、
全員が楽しんで帰ってもらいたい、
というのを求めたと思います。
いわゆる泣かせようとする国内挙式はやりたくなかったので、感謝の手紙を読まずに演奏したり、
ゲストに頼んで夫のサプライズ誕生日をしたり、
みんながあまり見たことがなさそうな、
ビッグスプーンでのファーストバイト…
などを入れ込みました。
普段の生活では、感覚が似ているのもあるのですが、夢や悩み愚痴はなんでも言い合い、アドバイスもし、それぞれひとりや友人との時間も大切にし(自由行動に寛容)、旅行やご飯などの共通の時間も必ず楽しむ!
というスタンスがあると思います。

嬉しかった参加者の反応

国内披露宴では、お色直しで出てきたときになぜか男性の友人からの反応がよかったことです(笑)
親族のおじさんたちは、途中まで普通の披露宴で飽きそうだった(何度も出席しているからだと思います)けど、演奏が始まって最高だった!と喜んでいたり、
CDほしいという友人がいたり…
サンクスバッグは友人たちから、
今でも使っているという報告を聞いています。
会費制もありがたいと言われました。

私にとって結婚とは

人生の城を築く、共同経営。
結婚は重いもの、面倒なものと思ってたので、
実は結婚すると思わなかったです。
なので、パートナーや共同経営者のほうが、
私たちにはしっくりくる言葉で、
お互いにアドバイスし合うことで、
暴走に歯止めがかかったり、年収があがったりと、
お互いを高め合う親友のようなライバルのようなら存在です。
もちろん、いいことばかりではありませんが、
ふたりでいることで精神的にも、
強いサポーターいることで安心できますし、
楽しさも2倍になること、ブレーンがもうひとりいることが大きなメリットではないかとは思います。

後悔していること

海外挙式が楽しい&準備が楽すぎて、
国内披露宴の準備で頭が回らず、
撮りたかった写真を伝えきれなかったり、
ひとりひとりに配ったメッセージも、
ぐちゃぐちゃだったと思います。
細かいところまで気を配りきれませんでした。

やりたかったけれど諦めたこと

オリジナルのウェディングケーキです。

節約のための工夫

私のシューズは値段は6000円しなかったと思います。ブーケも自分でいくつか作りました。
国内挙式でのお色直しのドレスも、
コスパに見合うものを探しました。
会費制のレストランウェディングというだけで、
だいぶコストダウンにはなりました。
また、海外挙式の旅行と個人で手配しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

インスタやネットの情報ばかりに踊らされないで、
自分の予算や、旦那さんの意見も大事にしてみてください。
ただし、写真など男性があまり乗り気でないのに、
女性側がどうしてもやりたいものに関しては、
値段とそれに見合う効果をきちんとプレゼンするといいと思います。

前撮り
後撮り
バリ

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

バリはアジアならではの独特の雰囲気があるので、
ホテル内やビーチ撮影だけでなく、
ロケーションフォトも行いました。

バリ ロケーションフォトツアー アルバムを見る >