卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
表参道テラス
150人以下

・チャペルは自然光が入り、厳かにもナチュラルにも自分がしたい雰囲気に合わせることができます。

・生演奏がプラン内でついているので、それが嫌な方もいるかも。私はちょっとそこだけ違ったかな…と感じました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
表参道テラス
150人以下

・バリのリゾートを意識した雰囲気なので、老若男女リラックスできます。

・何よりスタッフさんたちのプロ意識が高いので、新郎新婦だけではなくゲストが満足できるプロフェッショナルな応対です。

・披露宴会場は柱などの仕切りがなく、ゲスト全員の顔を見渡すことが出来ます。高砂も一段高いとかはなく、ゲストと同じ目線で楽しむことが出来ます。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

❶すべてアットホームに仕上げること。厳かにしないこと。
BGMや演出、装飾に至るまで、みんながリラックスできるように。人前式だったので、「我が家の10か条」を読み、厳かになりがちな式もみんなが笑って過ごせるようにしました。

❷感謝を全力で伝えること。
ゲスト全員に感謝の手紙(1~2枚)を書き、中座後、再入場の前にお渡し。プランナーさんにも!感謝の想いをとにかく伝えたかったので、一人ひとりと披露宴中会話が出来ない分、伝えきれない思いを手紙にしました。

❸お互いの地元感を演出に出すこと
私は北海道、夫は富山の出身。
どうしてもケーキカットからファーストバイトという流れが嫌だったので、私の地元の名産の鮭と、夫の実家の田んぼで育った米を使った「ちらし寿司ケーキ」を作ってもらい、それを「同時バイト」しました。
お互いが自立し、共に食べさせ合い続けるよ、という意味を込めて。

また、お互いの友人家族にお手本バイトと、父同士にお手本バイトをしてもらい(笑)ゲストからの笑いを誘うような演出にしたこともこだわりです。

※互いの父がたまたま同い年、同じ背格好、ひょうきん者という共通点があったので(笑)

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

イエローベースな私の肌に合うようなカラーで、スレンダーラインのドレスを探していました。

アントニオリーヴァのドレスの中でも選んだのは実はカラードレスに属する、ベージュ寄りのピンクのカラー。友人が絶対に似合うと試着の際におすすめしてくれて、決定しました。

ブランド
ANTONIO RIVA
ショップ
MIRROR MIRROR
ドレス 2着目

どうしてもカラードレスのイメージがわかず…。マーメイドラインでレースがちりばめられ、一着目と異なる大人っぽいウエディングドレスに。

これも友人がおすすめしてくれて、一発で決めました。本当にお気に入りのドレスです。

ショップ
MIRROR MIRROR
シューズ

ベニルのレースホワイトのシューズです。
裾を踏んで破れないように、2センチ以上の太さのヒールでとショップから言われていたので、それを基準に。ショップでおすすめされたシューズにしました。

ヘアメイクのポイント

・一着目: 首が長く見えるよう、アップスタイルに。
下の位置にシニヨンを作り、大人っぽく。前髪をウエーブにしたことがこだわりです。

・二着目: こちらはマーメイドラインに合うように、大人っぽくダウンスタイルに。前髪をかき上げたことでハンサムに仕上げました。夫がすごく素敵だと喜んでくれたのが嬉しかった!

・メイク:一、二着目ともに変えず、ブランのアイシャドウでしめながらも、血色がよく見えるような明るいカラーのリップにしました。

・人生初のマツエク:私が大好きなインフルエンサーの藤井明子さんが、ご自身のご結婚式の時に「やってよかった!」といっていて。そのお写真がすごく素敵だったので、私も真似して同じサロンを予約。おかげでアイラインも引くことなく、黒い涙を流すことなく(笑)、素敵なメイキャップに仕上がりました。

アクセサリー

一着目:
・挙式:父から以前もらった、一粒のスワロフスキーのイヤリング
・披露宴:コットンパールが五月雨についたものでカジュアルダウン ※下の写真

二着目: ストーンがついたゴールドのリング状のイヤリング。こちらもかなりお気に入りです。
二つとも、Creemaでハンドメイドのアクセサリー。女性ゲストからかなり褒められました!

ヘッドアクセサリー

あえてつけず、ヘアスタイルとイヤリング、メイクに意識が向くようにしました。

ネイル

どのドレスにも馴染む長めの大人っぽいネイルに。

メインで使った花や装花のテイスト

カラーはボルドーやくすんだイエローをアクセントに、緑と白などで仕上げました。ドライフラワーとパンパスグラスを活用し、大人っぽカジュアルな印象に仕上げたのがこだわりです。

装花のポイント

ゴージャスになりすぎないこと。私たちのテーマに合うよう落ち着いた、そらでいてあったかい雰囲気を出すこと。

フローリスト

TGのオリジナルショップです。
(長能さんという優秀なフローリストが、私の意図を即座に汲み取り、提案くださったもの活用しました!)

お料理のこだわり

味、量ともに満足度が高いことと、重くなりすぎないこと。また、ヴィーガンの子が一人いたので、その子にも安心して食べてもらえるよう、アレンジしてもらいました。

ウェディングケーキ

前記のとおり、ケーキカットはしなかったので、普通のショートケーキにしました。

引出物

・女性ゲスト:HACCIのドンクとはちみつのセット

・男性陣ゲスト:シューキーパー(30回以上結婚式に出席している夫が引き出物にもらって一番嬉しかったと言っていたので)

・ファミリー:上記のセットかバーニーズニューヨークのカタログギフトを。お子さん用にそれぞれ好きなキャラクターのグッズも。

・引菓子:地元北海道の名産「マルセイバターサンド」 とても喜んでもらえて、大正解でした!

プチギフト

夫の地元の名産のかまぼこ。
しかも「キンメダイ」なので、縁起物にしました。

婚約指輪

Tiffany

結婚指輪

Tiffany

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ゲストのみなさんに「これまでに出席した結婚式の中で一番よかった!!」と言ってもらえたこと。
ゲストへの感謝を伝える場にしたかったので、心の底から嬉しかったです。

二人らしさとは

とにかく「笑い」が多いこと!
私は泣いてばかりいましたが(笑)、笑いも忘れない、そんな結婚式にできたことが一番二人らしかったと思います。

私にとって結婚とは

【生きることを倍楽しくしてくれるもの】
結婚は、してもしなくてもいいと思います。ただ、私にとっては結婚したことに意味があります。

夫や夫の家族と家族になって家族が増えたことで、さらにたくさんの「味方(心のよりどころ)」ができました。それは、一人でいるよりも何倍も人生を楽しく彩ってくれています。

私が結婚したかったのは、そんな家族がほしかったから。だから今、こんなに自分の心の寄りどころが増えて幸せだし、より仕事やライフスタイルを充実させることが出来ています。

後悔していること

・挙式のときの生演奏がすこしイメージと違った…。そこだけ厳かな感じになっちゃったので、自分が指定した音楽かければよかった、もしくはそれを演奏してもらえばよかったと思いました。

・二着目の時にリップカラーをかえることを忘れてしまったこと。予定していたカラーにチェンジすることを忘れて登場してしまいました。

・ちらし寿司ケーキがサーブするときに冷え切っていたこと…。ゲストに申し訳なかった。

そのくらいです。ほぼ後悔していません。

やりたかったけれど諦めたこと

・いちじくの3段ウエディングケーキ →いちじくの旬が終わってしまっていて、冷凍になってしまう=見栄えが悪いとなってそれにできなかったこと。
結果、ちらし寿司ケーキへの対応可と、式場側でイレギュラー対応してくれたので、結果オーライです。

節約のための工夫

・ペーパーアイテムをグレードダウンしたこと(でもおしゃれなものにしました)
・シューズはメルカリ
・イヤリングもネットで
・夫のシャツ、カフス、はスーツセレクト等で
・二次会用のドレスもネットで購入
・動画はすべて外注
・アルバムも別の会社に委託し、前撮りと当日の写真を網羅してつくってもらえるように工夫
・本当に必要なもの(写真などあとで残るもの)は予算をかけ、そうでないものは削減しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

プレ花嫁さまへ
ご自身と、旦那様が大事にしたいことをゆっくり時間をかけて話し合ってみてくださいね^^
そこから、テーマやコンセプトが生まれてくるので、なにか迷いが生じたとき、そこに立ち返ることが出来ます。

あとは役割分断をそれぞれしたほうが、仲良く準備することが出来ます^^
私たちは喧嘩はすることなく、一度「ん?」と思ったときも、冷静に話しあうことが出来ました。
なによりも自分たちが楽しむことが一番なので、楽しくないな…と感じることは、無理してやらない!これも大切かと思います^^

たくさん悩んで考えて‥それも一生の大切な思い出になると思います。