卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ペルテスパーツィオ
100人以下

シンプルで真っ白なチャペルは、アレンジが自由自在でした!和婚にもぴったりでした。
また、素敵なガーデンでのガーデンセレモニーは、ゲストにも大好評で、たくさんいい写真が撮れました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ペルテスパーツィオ
100人以下

太陽光が入る明るい会場で、ナチュラルウェディングにぴったりでした。会場自体はシンプルなので、どんなテイストにも合うし、好きなコーディネートができました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

和とナチュラルウェディングの融合です。
手作りアイテムでアットホームに、ゲストとの距離が近くなるようにこだわりました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

あゆみブライダルさんの白無垢(裏赤)です。
挙式は白無垢と決めていました。
真っ白なチャペルに栄えるよう、白無垢と綿帽子を裏赤のものにしました。

スタイル
白無垢
和装 2着目

あゆみブライダルさんのピンクの色打掛です。
桜がテーマだったので、ピンクの色打掛にしました。裾が茶色のグラデーションになっていたので、可愛らしくなりすぎずよかったです。
春らしく、桜のウェディングケーキとも相性ぴったりでした。

スタイル
色打掛
ドレス 3着目

グリーンのカラードレスです。
ナチュラルウェディングにぴったりの、シアーグリーンのドレスにしました。 春らしく、淡いシンプルなグリーンのドレスが着たかったので、ネットでめちゃめちゃ探しました。イメージ通りの素敵なドレスに巡り会えてよかったです。

ブランド
ANTEPRIMA
ショップ
ACQUA GRAZIE
シューズ

ドレスショップでレンタルしました。
見えないものだったので、白のシンプルなものにしました。節約ポイントでした。

ヘアメイクのポイント

白無垢、色打掛の時は、新日本髪にしました。
お色直しのドレスでは、編みおろしです。

アクセサリー

ドレスの時は、ネックレスはなし、ピアスは、手作りしたビーズのフラワーピアスをつけました。

ヘッドアクセサリー

和装の時は、胡蝶蘭をメインに生花をつけてもらいました。
ドレスでは、プリザーブドフラワーのナチュラルなものをつけました。

ネイル

桜をモチーフに、和・洋どちらにも合うデザインにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

すべてナチュラルテイストに統一し、グリーンをメインに、桜をイメージした淡いピンクや白いお花を使ってもらいました。

装花のポイント

ナチュラルで統一したかったので、チャペル、披露宴会場、ガーデン、ロビーの装花をすべてテイストを揃えました。季節感を大切にしたかったので、春をイメージした、ぬくもりのあるナチュラルテイストにしました。

フローリスト

すべて式場のフラワーコーディネートさんにお願いしました。

お料理のこだわり

滋賀での結婚式だったので、地元食材の近江牛をメインにしました。 試食会で、お互いの両親も呼び、全員で違うランクのコースを食べ比べ、前菜からデザートまで、1つ1つ、自分たちでメニューを決めました。

ウェディングケーキ

桜がテーマだったので、桜のウェディングケーキにしました。和装でのケーキ入刀、ファーストバイトだったので、和装に合うデザインにしてもらいました。

引出物

カタログギフトにしました。
親戚、上司は少し値段を上げました。
また、男女で、男性用、女性用と贈り分けをしました。
縁起物は、お茶漬けなどが入ったセットにし、男性の一人暮らしでも使いやすいものにしました。
引き菓子は、式場オリジナルのワッフルです。
味も1つずつ選べたので、男性、女性で味を変え、贈り分けました。

プチギフト

定番のマルティネリのアップルジュースにしました。ナチュラルウェディングにぴったりでした。

結婚指輪

一生使うものなので、とにかくシンプルなものにしました。ひねりのデザインが流行っていたけど、まっすぐのデザインで、飽きがこないもの、そして丈夫ということで、プラチナではなくパラジウムにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

披露宴で、主人と主人の友人がサプライズでフラッシュモブをしてくれたことです。

二人らしさとは

2人ともシンプルなものが好きなので、派手でなく、シンプルでアットホームに、大切にしていることは、あたたかさです。

嬉しかった参加者の反応

手作りアイテムがすごくよかった、ガーデンセレモニーや演出が楽しく、全体的にとてもよい式だった、と言ってもらえたことです。

私にとって結婚とは

自分の家族を作るスタート。
いつも、こんな家庭にしたいという思いをお互い伝えあって、一緒に考えたりしているので、思っているだけじゃなく、口に出すことは大切だと思います。

後悔していること

共通の友人に、ブライズメイド、アッシャーをやってもらったのに、新郎新婦+ブライズメイド、アッシャーの写真が1枚もなかったことです。
当日は、カメラマンにも遠慮して撮りたいと言えなかったのですが、一生に一度のことなので、そのくらいのワガママ言っとけばよかったと後悔しました。

やりたかったけれど諦めたこと

装花に、テーマの桜を入れたかったですが、季節がすこし早く入荷できなかったことです。

節約のための工夫

ペーパーアイテムと、ムービーはすべて手作りしました。結婚証明書や、挙式で使ったアイテムもすべて手作りしました。基本的にほとんど100均で揃えました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

やりたいことは、すべてプランナーさんに伝えてください!一生に一度のことなので、遠慮してたらもったいないです。いろんな提案をしてもらえます。