卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

kayo1123

kayo1123さんのプロフィール写真
2018年11月にラ・フェットひらまつで結婚式を挙げました。
コンセプトは、たくさんおしゃべりして、美味しくて楽しい時間を一緒に過ごせるような結婚式。
ゲストをおもてなしし、穏やかな時間を過ごしてもらうことを一番に考え、最高の空間で美味しいお酒と⾷事を楽しんでもらうためラ・フェットひらまつを選びました。
派手な演出などはせず、ゲストと会話を楽しむ時間を多めにとりました。
大阪府 / 肥後橋駅
ラ・フェット ひらまつ

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ラ・フェットひらまつ
70人以下

天空のチャペルは、前面の⼤きな窓から光が⼊りとても綺麗です。
バージンロードを歩くときは光に向かって進むので、まるでふわふわと空に向かうようで、感じたことのない幸せな気持ちになります。

ステンドグラスがあったりパイプオルガンが響くようなチャペルではありませんが、ゲストとの距離が近く、落ち着いた穏やかなチャペルです。キリスト教式ではなく人前式を考えていたわたしたちにはぴったりのチャペルでした。
ブライダルフェアで訪れた際に、ドレスを試着しチャペルでカメラマンさんに写真を撮ってもらったのですが、優しい光が入った写真がとても素敵で、結婚式当日ウェルカムスペースに飾るほど、お気に入りの写真になりました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ラ・フェットひらまつ
70人以下

床から天井まである⼤きな窓から⾃然光が⼊り、とても明るい空間です。
中庭が見える大きな窓からは、鮮やかなグリーンが見え、会場をさらに明るくしてくれます。
私たちは中庭のグリーンをバックにして座りましたが、そこで撮った写真はどれも鮮やかなグリーンが背景になり、とてもいい写真ばかりでした。

また、天井が高く開放感があり、見たことのないデザインのシャンデリアなど、どこを見てもおしゃれで洗練されています。
豪華な装花や特別な演出がなくても、上品で落ち着いた空間で最高のお料理とお酒で大人のおもてなしができます。

オフィスなどが入る複合ビルですが、37階で降りお店に足を踏み入れた瞬間、別世界です。
打合せで何度も足を運びましたが、その空間で過ごせることが私にとっては特別でした。
また、今後も披露宴をした会場で記念日などに食事をすることができるのもレストランの魅力です。
結婚式後もみなさんと関係性が続いていくのはとても嬉しいです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

こうしなければいけないという形にとらわれず、二人がしたいと思うことをしました。
披露宴の最初は、新郎だけではなく私からも挨拶し、ゲストへの感謝の気持ちを二人から伝えました。
私が挨拶の際泣きそうになって止まってしまい、どうしようと新郎に小声で言ったらハンカチを出してくれて、なんだかそれがおかしくて笑ってしまいました。
その瞬間の写真が結構気に入っています。
二人のプロフィール紹介は、お互いの母親に書いてもらい、司会者さんに読んでもらいました。
母親だからこそのエピソード、想いなど、私達らしさがゲストにも伝わったと思います。
事前に目を通しましたが、母親の想いがつまった文面は心に響き、いい思い出になりました。
すべてのゲストに同じように楽しんでもらいたかったので、花嫁の手紙、花束の贈呈など、特定の人へのセレモニーは敢えてしませんでした。
両親にもゲストとして楽しんでもらいたかったので、お見送りも二人でしました。
(当日新郎の父親が酔って混ざりましたが。笑)

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ショップ:アトリエ・ド・ルシェル
⾊味が大人っぽくシンプルですが、胸元にはチュールがあしらわれ、⼤⼈っぽさの中にかわいさもある理想通りのウェディングドレスでした。
⻑時間着ていても疲れを感じない⽣地の軽さでした。

ドレス 2着目

ショップ:アトリエ・ド・ルシェル
⾒たことのないピスタチオカラーのドレスで、ウエストのピンクのリボンがポイントです。
後ろのボリューム感もかわいくて、写真に残った後ろ姿がお気に⼊りです。
最初に見たときは色も形もあまりピンときていなかったのですが、試着した時の「これだ!」という直感は、他のドレスと全然違いました。
主人が「いいやん!」と言ってくれたのも決め手になりました。

ラ・フェットひらまつは提携ショップがたくさんあり選択肢が多いため、自分にあったものを探すことができました。
私は元々ドレスにこだわりがなくすんなり決まると思っていたのですが、ショップを回りだすとどんなドレスが着たいのかわからなくなってしまいました。
そんな時にプランナーさんに相談したところ、私の好みに合いそうと勧めていただいたのがアトリエ.ド.ルシェルです。
ルシェルの方も親身に話を聞いてくださり、私が100%納得するまで根気強く相談にのっていただきました。
あの方がいなければ、納得しきれないままドレスを選び、大きな後悔が残っていたかもしれません。
そう思えるくらいの運命のドレスに出会えました。
当日サプライズで控室に来てくれていて、ウェディングドレスを着付けしてくれたことは本当に嬉しくて泣いてしまいました。
あの時の気持ちは一生忘れることはないと思います。

シューズ

ドレスショップでレンタルした⽩のウェディングシューズです。
足元はドレスに隠れて見えなかったので、強いこだわりはありませんでした。
ウェディングドレスのときは5センチにして、新郎とのバランス考えました。
カラードレスのときは、ドレスに長さがあったのでキレイに見えるよう9センチのヒールにしました。

ヘアメイクのポイント

大人っぽくナチュラルな雰囲気にしてもらいました。
インスタで髪型をたくさん見て決めました。

アクセサリー

普段ほとんどつけないため、ドレスショップの方に相談して決めました。

・ウェディングドレス:パールのイヤリング
・カラードレス:⼤きめのイヤリング

首元はすっきりさせるとキレイだとアドバイスしていただいたので、なにもつけませんでした。

ヘッドアクセサリー

・ウェディングドレス
挙式の時はかすみそう(⽣花)をつけました。
披露宴の際はミニ薔薇(生花)に変えました。

・カラードレス
⺟がプリザーブドフラワーで作ってくれたヘッドアクセをつけました。
お色直しのリースブーケ、新郎のブートニアもあわせて母が作ってくれたものです。

ネイル

ナチュラルなベージュの⾊味にストーンをいれました。

メインで使った花や装花のテイスト

挙式は白いバラを使いました。
バージンロード、ダーズンローズセレモニーで使う花も白いバラにしました。

披露宴は、会場の一面に見える中庭のグリーンと合うように、色味をリクエストしてナチュラルなイメージでお任せしました。
イメージ通りでとてもかわいく、会場の雰囲気にあったものでした。

装花のポイント

⾊は、グリーン、⽩、ピンクです。
ウェディングドレスの白
カラードレスのグリーン
中庭のグリーン
カラードレスのリボンのピンク
衣装と中庭の色味にリンクさせて決めました。

フローリスト

クリスチャントルチュ

お料理のこだわり

コースは3種類あり、試食させてもらうとどれも美味しくギリギリまで悩みましたが、すべてのゲストに最後まで美味しく食べていただけるコースを選びました。

ドリンクは、白ワイン、赤ワインに代わるノンアルコールの美味しいぶどうジュースがありました。
お酒が飲めないゲストが多かったのですが、いろいろな飲み物を食事に合わせて楽しんでもらうことができました。あんなに美味しいぶどうジュースはここでしか出会えないのではと思います。

私たちは披露宴中ほとんど手をつけることができなかったのですが、終了後に控室でいただくことができました。
余韻が残る中、ゆっくりと新郎と二人で「楽しかったね」と一日を振り返りながらフルコースを楽しみました。その控室からも大阪の夜景が見え、とても贅沢で有意義な時間でした。

ウェディングケーキ

四⾓い⽣クリームに苺などベリーをのせたウェディングケーキにしました。
新郎が新婦に引きずられているケーキトッパーをのせて、それにあわせて引きずられている跡をクリームで演出してもらいました。

ケーキがすごくかわいかった!とゲストからも好評でたくさん写真を撮ってもらいました。
ファーストバイトでは司会者さんに「未来の⼆⼈」と説明をいれてもらい、愛情の分の大きさのスプーンを選ぶ演出をしました。新郎から新婦は大きなスプーン、新婦から新郎へは小さなスプーンを選び盛り上がりました。

引出物

すべてのゲストにカタログギフトを贈りました。
会社の同僚以外には新婦会社のグラスセットを贈り、同僚にはリラックスタイムに使ってもらおうと、スターバックスのギフトカードを贈りました。
ひらまつの結婚式でしか買えない引菓子を全員に贈りました。

プチギフト

⼆⼈が⼤好きなチョコレート、リンツのリンドールにしました。
リンドールタワーにして受付に飾り、お見送りの際にゲストに手渡しました。

婚約指輪

なし

結婚指輪

新郎はシンプルなリングですが、新婦の方はダイヤがV字に⼊ったリングです。
ブランドにはこだわりがなかったので気に⼊ったものを選びました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式でダーズンローズセレモニーを行ったのですが、みんなから集めたお花で作ったブーケを渡してもらう時に、新郎が膝をついて「一生大切にします!」とプロポーズをしてくれました。
プロポーズされることなく結婚の話がすすんだので、されたいな~と言ってはいたものの、まさかそんな形でそんな言葉を言ってくれるとは思っておらず、すごく驚きました。
よろしくお願いしますと返事をしたあと、ゲストに温かく⾒守られ、祝福してもらえたことに感動し、涙が出ました。

二人らしさとは

なにごとも楽しくおもしろくふざけること。

嬉しかった参加者の反応

*ダーズンローズセレモニーが素敵だった
*料理が今まで参列した披露宴で⼀番美味しかった
*レストランのスタッフさんのサービスが素晴らしかった
*たくさんしゃべれて嬉しかった
*こんなに笑った結婚式は初めて
などと言っていただきました!

私にとって結婚とは

いちばんの味⽅ができることだと思います。
自分よりも大切に思える人ができること、
そしてその人を守りたいと思うことで強くなれることだと思います!

後悔していること

写真に残った髪型が少し気になりました。
ヘアメイクリハーサルのときより、少し派手だったように思います。
本番だったので、華やかにしてくれたのだと思うのですが、イメージしていたものと少し違い、当⽇少し気になっていたのでその時に伝えられればよかったなと思いました。

また、受付にお守りをアレンジしたウェルカムボードを置いたのですが、飾りの貼り方が甘く落ちてしまっており、カメラマンさんの写真はすべて飾りが落ちた状態でした。
ボンドなどで強力につけておくべきでした。
とても気に入っていたものなので、とても後悔しています。

やりたかったけれど諦めたこと

ありません

節約のための工夫

特典がついたプランにしたため、プランに含まれていたヘアメイク、ドレス、メニュー、写真、映像、引菓子などは持ち込みできませんでしたが、OKなものも多かったので可能なものは持ち込みました。

フラワーシャワーを⾃作のハートシャワーにしました。ピンクの紙をハート型のパンチで切り抜いて作りました。
フラワーシャワーは、重みがあるのですぐに落ちてしまいますが、紙なので滞空時間が⻑くきれいでした。
夜な夜なひたすらパンチで紙をくり抜く日々は大変でしたが、写真にもとてもキレイに写っており、がんばって作ってよかったです。
⼤理⽯の地⾯に落ちたハートもかわいかったです。

リングピロー、お色直しのリースブーケ、ブートニアは母が手作りしてくれました。
芳名帳、ウェルカムボードなどは手作りし、席札、席次表は外注しました。
引出物も持ち込みました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式をするにあたり、素敵な「人」との出会いがたくさんあります。
プランナーさん、スタッフの方々、ドレスショップの方、カメラマンさん、ヘアメイクさん、司会者さん、本当にたくさんの方々のおかげで、理想の結婚式をすることができました。
すべての方々に感謝しかありません。

思うようにいかずしんどくなったり、疲れたりすることもありましたが、家族や友達、新郎、そしてプロの方々が支えてくれるので、乗り越えられました。
準備を進める中で気になったことや、不安なことは遠慮せず伝えてみてください。
プランナーさんは、難しいかなぁと思うことも相談にのってくれて⼀緒に考えてくれる⼼強い存在です。
⼤変と感じることもあると思いますが、準備も楽しくできたら最⾼の結婚式になると思います!

最後になりましたが、当⽇は思いっきり楽しんでください。
時間がたくさんあるように思いますが、体感的には挙式5分、披露宴20分です。笑
後悔しないように準備も当⽇もめいっぱい楽しんでください♪