tabetesuguneruさんのアイコン画像

tabetesuguneru

伊勢山ヒルズは“直感”でいいなと思い選びました!

会場のアンティークな雰囲気と、ソフィア・コッポラ監督の映画『マリーアントワネット』の70~80年代洋ロック等のサウンドトラックを合わせたのがポイントです。

クラシカルさとカジュアルさを併せ持つ雰囲気に仕上がったと思います!

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度3
2019-11-02
伊勢山ヒルズ
50人以下

圧巻のステンドグラスに赤いバージンロード、木のぬくもりを感じる椅子や重厚な扉に一目ぼれしました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度4
2019-11-02
伊勢山ヒルズ
50人以下

日の光が温かく室内を照らしてくれるので、ゲストの皆さんの顔がよく見えました。
もちろん人数にもよると思うのですが、テーブルも大きめでゆったりお食事できたというゲストの声もありました。
また、当日は式場のスタッフ皆様のホスピタリティが高いので安心して過ごすことができました!

コンセプトやこだわったこと

ドレスやBGMの他に、手作りのプロフィールムービー・席次表・席札などのペーパーアイテムにもこだわりました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ショップ
DESTINY Line

露出度が少なく、レースのケープがついたドレスを選びました。

SHOES
シューズ

5センチヒールの白いシューズを履きました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式~披露宴はふわふわしたアップスタイルに、ワイヤーのヘッドカチューシャをティアラのような雰囲気でつけてもらいました。
中座から終わりにかけては、ヘッドカチューシャを左側によせたダウンスタイルにしていただきました。

ACCESSORIES
アクセサリー

パールのイヤリングを付けました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

小枝のようなシルバーのワイヤーヘッドカチューシャです。

NAILS
ネイル

薄いゴールドラメを使用したセルフネイルをしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

挙式から披露宴にかけては白と緑のブーケ、中座から終わりにかけては赤いバラのブーケを持ちました!
会場装花のテイストは濃い赤やくすみカラーのお花を組み合わせ、アンティークな雰囲気に仕上げていただきました。

FLOWERS
装花のポイント

式場から提案された5つのスタイルの中から、アンティーク&クラシカルなスタイルを選びました。
当日はあたたかい雰囲気につつまれた会場になっており、とっても満足でした!

FOOD
お料理のこだわり

フレンチと日本食が組み合わさったフレンチジャポネというコースにしました。
ゲストの皆様に喜んでいただけたのでよかったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

3段のケーキに赤いバラの装飾を施していただきました。

WEDDING FAVORS
引出物

引出物はDEAN&DELUCAのカタログギフト、縁起物は海鮮スープ詰め合わせ、引菓子はバウムクーヘンを送りました。
カタログギフトは親戚、友人とで贈り分けしました。

PETITE GIFTS
プチギフト

新郎が沖縄県出身のため、沖縄のお塩を細いビンに入れてお渡ししました。
お子様にはDEAN&DELUCAのフルーツジュースをお渡ししました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ティファニーのハーフダイヤが埋め込まれているものです。

WEDDING RING
結婚指輪

ティファニークラシックを選びました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

大好きな友人がお手紙を読んでくれた時です。
友人は言葉のチョイスが上手で、出会った時の話から今までの思い出などを読んで頂いたときは感無量でした。

二人らしさとは

よく笑うことだと思います。

嬉しかった参加者の反応

「今までいろいろな結婚式に参加したけど、あなたたちの式は特に、本当によかった!」と言ってもらえたことが嬉しかったです。
特に余興などもせずシンプルな披露宴でしたが、食事もおいしかったと喜んでいただけて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

彼の親戚たちと家族になれたことがとても嬉しいです。

後悔していること

段取りはあらかじめ聞いていたものの、リハーサルが無いので、当日は「次はどこに行くの!?私はどこに向かっているの!?」という緊張と焦りが出ました。事前に会場の進み方の流れなどをもっと確認しておくべきでした。

ドレスやその他の装飾が高価なので、インナーやイヤリングなど自身で揃えられるものは揃えればよかったです。

なぜかは分かりませんが、受付の場所が披露宴会場の入り口ではなく親族控室の前にありました。そういったことは事前に確認し、親族に伝えておくべきでした。

やりたかったけれど諦めたこと

テーブルラウンドは時間が足りなかったためできませんでした。

節約のための工夫

ヘッドアクセサリーはドレスショップのものではなく自身で調達しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

プランナーさんを信じてなんでも相談することがおすすめです!親身になってご提案して頂けるので、なんでも早め早めの行動が“吉”です。

また、司会者の方とのお打ち合わせで自身のエピソードがなかなか出てこない場面が多々ありましたが、引き出し方が上手で「そういえばこんなことがあったな」とスムーズに進めることができました。さすがプロだなと思いました。

あとは、SNSも駆使して下さい!!私の場合はinstagramやピンタレストにお世話になりました。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です