卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

manana_wedding

manana_weddingさんのプロフィール写真
テーマは「結びの日」
手作りアイテムは、私達の名字に繋がりがある「束ね熨斗」をメインモチーフにしました。
「束ね熨斗」は、人と人との繋がりや絆を表し、多くの人たちからの祝福とその幸せを分かち合う日本に古くからある吉祥文様です。

ホテル雅叙園東京の見学に行った際にいただいたコンセプトブックから「束ね熨斗に重ね、人々のつながりを結ぶ場である」といった想いを知り、ぴったりなテーマだと思いイメージが湧いてきました。
新婦の大切な人と、新郎の大切な人を招いたこの日に、ご縁が結ばれることを大切に思う気持ちを込めました。
自作したウェルカムボード、プロフィールブック、プチギフトの包装、引き出物に入れたサンキューカード などに束ね熨斗柄を取り入れました。

東京都 / 目黒駅
ホテル雅叙園東京

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ホテル雅叙園東京
100人以下

母親と花嫁二人きりの前室で「紅差しの儀」が行えたのは、とてもよい思い出になりました。
式を執り行う神殿ももちろん素敵な空間なのですが、この前室も素敵で、写真でも綺麗に残していただけてよかったです。
式場の収容人数が80名でしたので、ほとんどのゲストを式から招待することができました。神前式に出るのが初めてで、いい経験だったと友人から言っていただけて、そうした部分でも楽しんでもらえてよかったと思っています。
挙式会場、披露宴会場が同じ建物の中にあるので移動の負担もなく、天候にも左右されない点もよかったです。当日を迎えるまで心配事がたくさんあるなか、天候を気にしなくてよかったのは本当にありがたかったです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ホテル雅叙園東京
100人以下

「鷲の間」という会場で行いました。
会場に入る前に通る「玄関」の装飾がとても華やかで、是非ゲストにここを通ってもらいたい!という思いで会場を選びました。
この会場を選んだことで、玄関のとても素敵な空間で当日の合間合間にそれぞれの衣装で写真を撮ってもらうこともできました。前撮りをしなかった私達にはとても嬉しかったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

「お互いの大切なゲストに私達がどんな人なのかをしっかり伝えられるようにしたい」という点を大事にしました。
空間とお料理を楽しんでいただくことでおもてなしをして、感謝の気持ちを伝えられたら良いなと思い準備しました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

挙式の時のみ白無垢を着ました。
契約した挙式披露宴のプランに一着分の衣装が含まれていたので、ホテル雅叙園東京の衣装サロンで選びました。
差額が出てしまう衣装もあるとのことだったので、プラン内で収まるものを見せていただいて選びました。
束ね熨斗文様が気に入っていると話をしたところ、プラン内の衣装に束ね熨斗柄のものがたまたまあったので、こちらに決めました。話を聞いて探して提案してくださった衣装スタッフの方にはとても感謝しています。

白無垢は色を入れずに真っ白なものがよかったので、すんなり決まりました。
試着してみて、しゃきっとした気持ちになり「神前式を選んでよかった」と感じました。

スタイル
白無垢
和装 2着目

披露宴入場から中座までは色打掛を着ました。
こちらはTIG DRESSというレンタルドレスショップで選びました。
予算に限りがあったので、もともとは白無垢とウェデングドレスの2着だけの予定だったのですが、両親の衣装を借りに三人でお邪魔した際に、せっかくだからと両親が選んでくれて、こちらを着て披露宴入場をすることになりました。
みんなで選んだのですが、最終的に父が選んでくれたものに決まり、とても思い出深い衣装になりました。

スタイル
色打掛
ドレス 3着目

再入場からお開きまではウェディングドレスを着ました。
シンプルなデザインで探しておりスレンダーラインと迷ったのですが、ウエストからふわっと広がるこちらのドレスは、会場の華やかな雰囲気に埋もれずちょうどよかったかなととても気に入っています。

共済加入者が割安にドレスを借りられるサービスがあり利用しました。
”ロイヤルドレス”という名称で、一着限り、ワンサイズでレンタル人数も限られたプランのドレスが数着用意してあり、そちらがたまたまサイズが合ったので選びました。

シューズ

ほとんど見えないので特にこだわりはなく、レンタルショップで用意してもらったものを使用しました。

ヘアメイクのポイント

雅叙園の美容室にお願いしました。
ヘアメイクリハーサルをお願いして、当日担当していただく方にリハーサルにも入っていただきました。当日初対面でなかったので安心感がありよかったです。

衣装に合わせて3パターンチェンジしましたが、和装は式から披露宴まであまり空き時間がなかったので、髪飾りのみチェンジしました。

和装時は「凛とした」イメージでお願いしました。髪型はふわふわさせずツルッとした感じで少し下の方にまとめてもらいました。メイクは白無垢のときはダークレッドの口紅でキリッとさせて、色打掛のときは少しオレンジの色味の口紅にして明るさを出しました。
口紅は自分で使用したいものを持ち込み使ってもらいました。

ドレスの時は「やわらかい」印象に変えたかったので、髪を巻き、まとめる位置も和装のときよりも少し上の方にしてもらいました。
メイクは少しピンク系の色味を入れていただきました。昔父から誕生日に口紅をプレゼントしてもらったことがあり、その口紅を混ぜてもらいました。

アクセサリー

ドレス着用の時のみ、イヤリングをつけました。
色々と見て迷ったのですが、イメージにぴったりのものがなかなか見つけられなかったので自作しました。
コウモリランという植物の形状が好きなので、その曲線のイメージで真鍮の板をカットして成形しています。

ヘッドアクセサリー

白無垢では白の胡蝶蘭を付けました。
これははじめから決めていて、派手な印象にならないように3輪を左右に分けてつけてもらいました。生花だと一輪のサイズの指定が難しいとのことだったのでアーティフィシャルフラワーにしました。

色打掛ではグロリオサ、モカラ、スマイラックスを付けました。
会場装花に使用している花材と同じものを使用しました。グロリオサはネットで探しても花飾りに使用している画像がほとんどなかったのですが、ヘアセットの担当の方と相談して素敵に仕上げていただいたのでとても気に入っています。
自分でもスケッチを書いて、こんな感じにツタを這わせるようにしたい、などイメージを伝えました。

ウェディングドレスでは小枝とパールのヘッドアクセサリーを付けました。
ドレスの時はブーケを引き立てたかったので、ヘアアクセサリーに花は使わずにシンプルにしました。シルバーよりもゴールドがしっくりくるので、指輪も含め、イヤリングとヘアアクセサリーは全てゴールドでまとめました。

ネイル

オレンジ系のベースでゴールドのマーブルのデザインネイルにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

グロリオサ、モカラ(赤)、スマイラックス、リュウカデンドロン、シダ、アマランサスを使用しました。

会場の色味に合うことを考え決めました。
ギュッとお花がまとまった装花ではなく、植物がもつ形を活かした動きのある装花にしたかったので、花の形状がきれいなグロリオサをメインに、ツタの垂れ下がるようなランダムな動きを入れて作っていただきました。

装花のポイント

花材の候補を書き出したり、スケッチを書いたり、好きなテイストの画像をまとめたりして、持っているイメージを伝えられるよう工夫をしました。
それを元に、担当の方と予算面などを考慮してたくさん相談して決めていきました。
予算面でボリュームが心配だったのですが、当日予想以上に仕上げてくださってとても満足しています!

お料理のこだわり

会場の雰囲気を考えて和食を選びました。
料理が美味しかったとゲストの方にたくさん言っていただけたのでよかったと思っています。

ウェディングケーキ

ケーキ入刀の代わりに鏡開きを行いました。
乾杯を枡で行うこともでき、良い演出になったと思います。
サイズは二斗一斗にしましたが、問題なかったです。
序盤の演出で、動きがあって私達二人も楽しくできたので、笑顔で写っている写真をたくさん撮っていただけて、やってよかった演出でした!
樽は前方にそのままおいておくので、披露宴中前に枡を持ってきていただいた方に振る舞い酒もできました。

引出物

メインに日本のテイストのカタログギフト、引き菓子に雅叙園のデニッシュ、縁起物にちきり清水商店と中川政七商店の基本のあわせだしをお渡ししました。

プチギフト

和三盆糖の紅白の干菓子を自作ラッピングしてお渡ししました。
中にありがとうのメッセージを仕込みひとつひとつ包みました。

結婚指輪

「hum」のCombination Ringというものです。
新郎はシルバー、新婦はゴールドの色がなじむので、色違いにするか、中間のホワイトゴールド系の色味にするか検討していたところ、こちらのリングに出会いました。
内側と外側で異なる素材を張り合わせたデザインのコンビネーションリングで「外側をプラチナ、内側をゴールド」と「外側をゴールド、内側をプラチナ」と入れ違いにしてお互いの色を内側に入れられます。
これを見つけた途端、色違いにするかホワイトゴールド系の色にするかの悩みがなくなり、これがいい!と意見が一致したので決めることができました。ないものを二人で補い合っているというような想いも込められています。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ひとつの空間に大切な人が集まってくれたということが嬉しかったです。

二人らしさとは

周りにいてくれる人との関係を大事にすることだと思います。

嬉しかった参加者の反応

「二人らしい式だった」「手書きのメッセージカードが嬉しかった」「今まで出た式の中で一番料理が美味しかった」「細かな思いやりが詰まっていた」などです。
たくさん悩んで準備したことで少しでも気持ちが伝わったかなと思い嬉しかったです。

私にとって結婚とは

家族になれたことだと思います。
いままでも長い時間を一緒に過ごしてきましたが、より絆が増して家族としてこれからの将来を一緒に見られるようになったことが大きいです。

後悔していること

余興などを入れずに、ゆっくり歓談できる披露宴にしたいと思い進行を相談していましたが、それでも当日はあっという間でなかなかお話がゆっくりできなかったことは残念でした。
親戚の方は高砂に来てゆっくりとはいかないので、テーブルラウンドでお話できればと思っていたのですが、テーブルラウンドは写真を撮ってすぐ次のテーブル、というような進行になってしまったので、もう少し希望を伝えておければよかったかなと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

ありません。
予算の中でやりたいことはできたので後悔はなにもないです!

節約のための工夫

全体の費用をエクセルでまとめていました!
一つ一つの項目で考えずに全体の予算を頭に入れながら、その項目にいくらかけられるかを二人で話し合い、各担当の方との打ち合わせに望みました。担当の方にも予算のことを隠さず伝えたので、その中で良いものをできるように一緒に考えていただけました。

私達は持ち込んでも良いものは自分で手配するなどしましたが、持ち込みが多いと式直前にバタバタするのでお願いできるものはお願いしたほうが安心だと思います。
席札や席次表などの変更が出る可能性のあるものはギリギリの作成になってしまうと思い、式場にお願いしましたが。結果よかったです。招待状は自作しましたが大変でした。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

契約をしてから実際の打ち合わせが始まるまで、少し時間があくことも多いと思います。その期間でどんな結婚式にしたいかなど、イメージを膨らませておくと良いと思います。
こんな風にしたい!ということを一生懸命伝えれば式場の方は一緒に考えてくださるので、こちらから伝える努力をすることが大事だと思います。
しっかり伝えて相談できれば、やれることやれないこと納得して当日を迎えられると思います。