卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
アーセンティア迎賓館浜松
100人以下

ゲストとの距離も近く、落ち着いた雰囲気の会場です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
アーセンティア迎賓館浜松
100人以下

プールを中心としたつくりになっていて、ガーデンセレモニーの際にはゲストみんなの顔が見えるゲストハウスです。
披露宴会場も白とウォールナット色を基調とした上品な空間で装花も映えました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

装花にはこだわりました。
打ち合わせの際には100枚以上の写真をプレゼンシートっぽくまとめて持っていきました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ラビアンローゼのヘブン×シュペールです。
ネットで調べて他店から取り寄せてもらったのですが、形もとっても可愛くてボレロの素材感も気に入って決めました。

ブランド
LAVIEEN ROSE
和装 2着目

ラビアンローゼの白無垢に緑の掛下です。
初め、和装は予定になかったのですが、お義母さんに勧められたことを担当さんに相談すると、白無垢と合う緑の掛下を出してくれました。
洋髪とブーケに合わせたらお洒落になりそうで、彼も意外性が気に入って決めました。

スタイル
白無垢
シューズ

式場で借りたものなので、こだわりは特にありません。
ほとんど見えないので節約できるポイントだと思います。

ヘアメイクのポイント

挙式はシニヨンにゴールドアクセサリーを。
披露宴はヘアパーツだけユーカリと小花にチェンジ、お色直しはお団子にドライフラワーのヘアパーツを刺しました。

アクセサリー

彼から貰った一粒ダイヤのネックレスと手持ちのピアスをつけました。

ヘッドアクセサリー

core&couerのお花と葉っぱがモチーフのゴールドアクセサリー、あとはドライフラワーをヘアパーツに使えるように手作りしました。

ネイル

クリアとラベンダー色のマーブルにドライフラワーをあしらってもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

いろんな葉っぱといろんな白いお花にアクセントで紫のお花をいれて、ナチュラルだけど上品になるように飾ってもらいました。

装花のポイント

カーブにこだわったクレセントブーケや
テーブル装花をテーブルランナーと合わせて小瓶で飾ってもらうこと、高砂のアーチにもこだわりました。

フローリスト

式場さんの方。

お料理のこだわり

デザートビュッフェを最後に設けました。
ゲストともラフに話すことができ、楽しい時間でした(*^_^*)

ウェディングケーキ

手塗り感のあるシンプルなケーキに装花で飾ってもらい、ゴールドのケーキトッパーを立てました。
新郎新婦でケーキドロップをして完成させました。お手本バイトは両家の両親にしてもらい、なかなか見れない両親の『あーん』姿は可愛かったです。

引出物

親族上司会社関係にはカタログギフト 新郎友人にはittalaのグラス 新婦友人にはjohn masters organicのバスセット 引き菓子は浜松発祥で私が世界一美味しいバウムクーヘンだと思っている治一郎にしました。

プチギフト

四国珈琲さんでつくってもらった前撮り写真がパッケージのドリップコーヒーと私の昔から通うケーキ屋さんの焼き菓子を一緒にラッピングして配りました。

結婚指輪

vivageのcalmeです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

中座の際に、義兄と姪と甥と歩いたことです。
姉の結婚式のときに自分がサプライズで呼んでもらってとっても嬉しかったので、他界してしまった姉も一緒に歩いている気持ちで中座しました。
なかなか言えない義兄への気持ちも司会の方から伝えてもらってとても思い出に残る中座になりました。

二人らしさとは

気取らず笑っていることです。

嬉しかった参加者の反応

和装が良かったという反応がすごく多くて嬉しかったです。
あとは、ちょっとしたことですが、寒い時期だったので『トイレに貼るカイロ用意してくれててとっても嬉しかった!』って言ってもらえたり、『来てもらってありがとう、がたくさん伝わってきて嬉しかった』って言ってもらえたのがとても嬉しかったです。

私にとって結婚とは

長く付き合っていたので、結婚はただの形式的なものだと思ってしまいますが、 結婚式は、特別な日だから普段言えないことを家族に伝えよう、と思えたり

すきなものを作っている時間も楽しかったですし、 好きなものと好きな人に囲まれた1日は本当に幸せでした。

後悔していること

写真指示書を作らなかったことです。
装花にこだわったのですが撮ってもらえなかったアングルがたくさんあったことが結構ショックでした、、、

あとは使って欲しいお花を具体的に伝えなかったこと、色だけだと伝わらないものも多くてもっと写真などで詳しく伝えれば良かったと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

フォトブースと席札、引き出物袋は手作りしようと思っていましたが、最後時間が無くて妥協しました。

節約のための工夫

当時はそんなに考えてなかったですが、いま考えると装花やディスプレイ類はもっと手作りしたかった、、、と思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

準備、とっても大変ですがとっても楽しいです!

たくさんのものを調べて、たくさん迷うと思います。
手作りもいいですが、好みのものがあったら買って、好みのものが無いアイテムを手作りした方が最終的によりたくさんの好きなものに囲まれると思います。

あとは、ゲストとの時間をどう過ごすかが結局1番思い出に残るので、恥ずかしくてもまどろっこしくても思いは伝える、楽しむときは躊躇なく楽しむ!それが1番大切だと思います。
幸せな一日になりますように!