卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

kk1122

kk1122さんのプロフィール写真
テーマは「GOOD LUCK!~the wonderful smile~」

夫婦揃って同じ職場で、飛行機に携わる仕事をしているため、仕事関連をコンセプトに取り入れました。
夫婦ともに年齢が高かったこともあり「ゲストの方々を笑顔にしたい!」という思いが強く、このテーマにしました。

招待状は搭乗券、席次表は飛行機をモチーフにした物で準備し、当日のウェルカムスペースにも飛行機関連の物をふんだんに使いました。

司会者や音響の方とのリハーサルを行い、音楽・映像ともリンクさせたのもこだわりです!臨場感のある再入場でゲストの皆様を置いてきぼりにさせないよう、綿密に打ち合わせを行いました。
茨城県 / 研究学園駅
麗風 つくば シーズンズテラス

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
麗風つくばシーズンズテラス
70人以下

チャペルで神前式のできるゲストハウスは他にないと思います!

通常チャペルというと光の入らない空間を思い浮かべますが、麗風つくばシーズンズテラスのチャペルはガラス張りになっていて自然光が入ります。
四季の木々の移ろいに囲まれたチャペルは365日で同じ光はなく、その日その日で射しこむ光が変わります。私たちの挙式日は雨でしたが、雨の日特有の光が入り、よりしっとりとした空気感が伝わる写真が残せたと思います。

また、船をイメージしたというチャペルに流れる水の音色は「母親の胎内で聴いていた音と同じ」なんだそうです。二人の門出“出港”を皆で見守り、共に祝うというコンセプトを知り、このチャペルで挙式をすることに深い意味を感じることができました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
麗風つくばシーズンズテラス
150人以下

特に映像演出にこだわっていたので、映画館のように壁一面に上映ができる設備と音響設備が整っていたことは一番の決め手になりました。

麗風つくばシーズンズテラスには真摯に映像制作に向き合ってくださる担当者様がいらっしゃいます。何度も打ち合わせを重ねて完成させた映像は、ゲストの皆様にも大変好評でした。
映像や演出にこだわりたい方は、麗風つくばシーズンズテラスを一度見学してみると他会場にはないこだわりが感じられると思います。

また、夫婦で年齢が高かったこともあり、会場のシンプルな作りとシックな色合いもこちらを選ぶ決め手となりました。招待者数が多かったので、狭さを感じさせない高さのある天井や、バリアフリー面が整っている点もよかったです。

シックで落ち着いた「大人婚」を求めるカップルの方にはぜひオススメしたい会場です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

映像に一番こだわりました!
担当の方がとても真剣に制作に携わって下さり、オープニングムービーからエンドロールまで全て気に入りました。特にエンドロールは作品としてとても秀逸なものでした。麗風つくばシーズンズテラスのこれまでの新郎新婦様のエンドロールを集めた「エンドロール上映会」をしてもらいたいくらいです!

他にも、飛行機での到着・出発に見立てた再入場にもこだわりました。同僚に余興のお手伝いを頼み、新郎手作りの「飛行機」と共に階段上から入場(着陸)するという飛行機着陸同様の演出を行いました。
その後、招待状に取り入れた「ボーディングチケット」をゲストの皆さんにお持ちいただき、手作りで準備したスタンプを「出国印」に見立てて押す演出をしました。予想を上回るたくさんのゲストと触れ合うことができ、大変幸せな時間になりました!

映像に一番のこだわりがありましたが、結果的に、映像以外のものでも一つ一つすべてにこだわることができたと思います。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

全体的に施された刺繍がとても繊細で珍しい白無垢です。写真に撮ると刺繍が浮き出るようにも見え、写真映えするデザインだと思いました。

また、素材は手に取るととても柔らかく試着した中でも一番軽さがあり、カラーは絶妙な優しい色味で他に見たことがないような白無垢でした。

予算の上限は超えていましたが、夫からの「絶対これにした方が良い!」というアドバイスもあり即決しました。

スタイル
白無垢
ドレス 2着目

こちらの1着に辿り着くまで色々と試着をしたのですが、年齢を考えると肌をしっかりと見せるドレスを着ることに抵抗がありました。1番気に入ったドレスをキープしていたものの「やっぱり袖ありタイプのものを試着してみたい!」と担当の方にお伝えしました。

カラードレスで袖ありタイプの物は珍しくとても数が少ないそうですが、日時も差し迫る中、担当者様がご用意してくださったネイビーのカラードレスを一目見た瞬間とても気に入りました。

肩まで袖のあるタイプのドレスで、背中もレースになっており、とてもシックで上品なデザインでした。ゲストの方々にも好評で嬉しかったです!

ショップ
Fiore Bianca
シューズ

フィオーレビアンカオリジナルのパンプスです。
レンタルの物が好みではなかったので、とても気に入った全体がレースになっているシューズを購入しました。履き心地も大変良くて、当日も足が全く痛くなりませんでした。

特に気に入った点は、薄いペールブルーのような、ブルーグレーのようなニュアンスカラーの色味です。他でもウェディングシューズ探しを行いましたが、他では見ない色味でした。

日常使いもできそうなデザイン&色味だということもお気に入りです。大切にしたい1足に出会うことができました。

ヘアメイクのポイント

基本的に、担当ヘアメイクさんにお任せでお願いしました。

強いて言えば、キツイ顔立ちになり過ぎないよう、柔らかい印象になるようにアイラインを引いて頂いたことと、テカりやすい肌質なので普段から使用している下地を使っていただきました。

アクセサリー

白無垢の時は、白無垢のデザイン自体に婚礼の象徴である「鶴」が入っていなかったため、花嫁5点セットの小物類に鶴をあしらった物を選びました。

カラードレスには、フィオーレビアンカでレンタルしたヘッドアクセサリーと同系色のイヤリングを付けました。

ヘッドアクセサリー

挙式時の白無垢では綿帽子を被りました。憧れだったので被ることができてよかったです。

披露宴のオープニングでは、綿帽子を外して入場しました。本来であれば、今は亡き祖母との思い出である「かなめの赤い葉っぱ」を挿したかったのですが、思った以上に季節的に自宅の葉が赤くならずに、断念しました。代わりに、造花の白いカスミソウをあしらった髪飾りを挿しました。

カラードレス時には、フィオーレビアンカでレンタルしたシルバーカラーの大きなボンネを付けました。

ネイル

神前式に合わせ、悪目立ちしないようシンプルなネイルをお願いしました。

ネイリストさんにカラー診断をして頂き、最も肌なじみの良いピンク系ベージュを単色塗りしました。
また婚礼ということで、数か所にポイントで小さなスワロフスキーをつけていただきました。

メインで使った花や装花のテイスト

グリーン×白のお花と大ぶりの木枝をメインに使用しました。高砂はソファー席にしたので、緑に囲まれた空間に仕上がりました。

ゲストテーブルの装花はグリーン×白のお花を使いシンプルに仕上げ、ブラウン系のクロスを引き、器で少し高さを出していただきました。装花とのコントラストが綺麗な大人の雰囲気になったと思います。

装花のポイント

何度も悩んだ末、テーブルクロスとナプキンの色をギリギリで変えたのですが、当日の会場を見たときに「やはりこの色にしてよかった!」と感じました。

“大人の雰囲気を出したい”と装花担当の方にお伝えし色味以外はお任せをしましたが、結果的にシンプルで大人っぽい雰囲気に仕上げて頂いたと思います。

フローリスト

Ojima Flower Design Officeです。

お料理のこだわり

試食会で食べたものの中から自分たちが本当に美味しいと思ったものを選び「ゲストにも是非食べてもらいたい!」と思えるコースにしました。
また、シェフとの打ち合わせでは、選んだコースの中に夫婦が好きな食材等を取り入れて頂き、オリジナルの1品が出来上がっていくのが面白かったです。

麗風つくばシーズンズテラスでは、ベースが「フレンチジャポネ」といった和の味を取り入れたフレンチになっています。日本人が慣れ親しんだベースの味があるので、万人に喜ばれやすいお料理だと思いました。

また、最初は値段を気にせずベースになるコースを作成しました。最終的に“この価格内に抑えたい”という要望を出し、どうしたら価格内で満足のいく内容に整えられるかを考えました!

ウェディングケーキ

披露宴が和装でのスタートということもあり、“鏡開き”を取り入れることにしました。主役感が要らない私にとってはそれすら恥ずかしかったのですが、夫から「人生で鏡開きをすることなんてこれを逃したらない!どうしてもやりたい!」とお願いされ、鏡開きをやることにしました。

当日は「みんな見てないだろうな」と思ったのですが、予想外に皆さんが集まり鏡開きを見てくださいました。
ゲストの皆さんと「よいしょ!よいしょ!よいしょ!」の掛け声を共有でき、今では鏡開きをやって本当によかったと思っています。

その後たくさんの方に日本酒を飲んでいただき、二次会でも酒樽を振舞えたのが尚よかったです。

引出物

他会場で結婚式を挙げた友人から贈り分けにも制限個数があると聞いていたのですが、麗風つくばシーズンズテラスは制限がないとのことで、それぞれのゲストに合わせて贈り分けをすることができました。

親戚はペアタンブラー、男性ゲストはアローズのタオルセット・BEAMSラーメン鉢、女性ゲストはBEAMS水筒・ノリタケマグペア・ディズニー食器・JILL STUART食器、上司にはタンブラー・ノリタケティーカップ・萩焼ペアカップなどゲストに合わせたものを贈りました。

引き菓子のグランマーブル、縁起物の食べる鰹節とお茶漬けのセットは共通で贈りました。

プチギフト

ミニクッキーをお渡ししました。
外注しましたが、箱のデザインがオシャレでとても良かったです。

結婚指輪

ブルガリのものです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新婦側の恩師から主賓のご挨拶をいただいたときです。学生時代のことをリアルに覚えてくださっていて、スピーチの中で集まってくれた仲間の名前を一人一人読み上げてくださったことはとても嬉しかったです。

あとは、映像担当の方が大変ご尽力くださり、本当に素晴らしい映像を作成してくださったことです。特に、一番最初の入場前に上映したオープニングの映像がお気に入りです。私たち夫婦のための完全オリジナルムービーは一生の宝物です。

麗風つくばシーズンズテラスでは、エンドロール上映後に「オールキャストフィナーレ」というスタッフ一同が手を繋ぎゲストにお辞儀をするという演出があるのですが、これがとても素敵で感動しました。

二人らしさとは

“目配りと心配り”結婚式をやるならまず第一にそこだと考えて、できる限りの気遣いをと夫婦で真摯に向き合いました。そして結婚式をやるなら、自分たちがまず楽しんでやろうと決めました。

また、ゲストに楽しんでもらう結婚式にしたかったので、結婚式という“エンターテインメント”を夫婦で作り上げたことが印象に残っています。

嬉しかった参加者の反応

「今まで出席した結婚式で一番良かった」「素晴らしい時間だった」と言ってもらえたことが嬉しかったです。

更には「両親や親族に対してもっと感謝の気持ちを伝えようと思った」「とりあえず、お墓参りに行こうと思う」など、家族を大切にしたい気持ちが溢れる感想が聞けたことに、とても感動いたしました。

また、お料理についても好評でした。
小麦が苦手なゲストのため米粉のパンも入れて欲しいとお願いしたのですが、「パンが非常に美味しかった!」とゲストから大好評でした。
麗風つくばシーズンズテラスでは、ゲストのアレルギーだけでなく、苦手なものにまで配慮をしてくださいます。結婚式料理にほとんど手を付けられたことがないというゲストからも、「結婚式で初めて完食することができた!」というとても嬉しい感想も聞くことができました。

私にとって結婚とは

恋愛よりも強固な家族愛だと思います。
どんなときでも助け合い、必ず味方でいてくれる存在、お互いにそうあり続けるための思いやりが必要だと感じます。

また、病気で倒れた時には親身に介抱してくれたことがとても嬉しかったです。母親の愛情のようなものを夫に感じました。

後悔していること

二次会を同じ会場で行ったのですが、披露宴の準備でいっぱいいっぱいで、それなりに二次会の準備も並行して頑張ったのですが、結果的にはもう少し詰められたら良かったなぁと思いました。
仕事の都合で二次会から参加のゲストが大勢いたのですが、そんな中でも「二次会よかった、二次会楽しかった」と言ってもらえたことは嬉しかったです。

ただ自分の中ではもっと内容を更に詰めて、時間配分や催しを整え直して、二次会をやり直せたらいいなぁと未だに思ってしまいます。

やりたかったけれど諦めたこと

前撮りをしたかったのですが、予算の関係で断念しました。
その代わり、時間とお金と気持ちにゆとりができ始めたころにでもゆっくりと後撮りができればいいね!と、憧れを膨らませることにしました。

節約のための工夫

お金を掛けるところはケチらずちゃんと使うことです。「皆やっているから」という流れで結婚式を組み立てず、自分たちがやりたくないこと、削りたいところはハッキリと伝えました。
その代わりに、掛けるべきところにお金を回していけるようにしました。

あとは、契約から挙式当日まで大分時間が空いていたので、前もって色々なことを調べ、アイディアを出したことです。会場に依頼すること、会場以外に外注したいこと、自分たちで手作りできる部分とを洗い出して、金額を計算していきました。

結婚式前に一気にお金を捻出するのは大変なので、前もってやるべきことでお金がいくら掛かるのかを考えて、段階を踏んでそれぞれにお金を掛けていけるように順番立てしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

当初結婚式を行う予定はありませんでしたが、今では結婚式をやって本当に良かったと心から思っています。

特に大人女子の花嫁様が「自分たちが結婚式なんて…」と思うお気持ちがとてもよくわかります。
ですが、自分たちらしく自由に“大人の結婚式”を叶えられる会場もあるので、「年齢が年齢だから…」などと諦めて欲しくありません。その不安な気持ちに勝るくらい、心底幸せな時間を過ごすことができます。

そして結婚式準備が始まると、こだわればこだわるほど本当に大変だと思います。喧嘩もいっぱいするし、「もう結婚式やりたくない!」そう思う日もあるかと思います。それでも、やってよかったと本当に思います。ゲストの方への気遣いは、出し惜しみせずに、できる範囲で良いので、大切にしてあげてくださいね!

麗風つくばシーズンズテラスはスタッフのみなさんの対応が素晴らしいです!

挙式前に衣装にトラブルが起きたのですが、それをカバーするためにプランナーさんが衣装を見て下さったりして「プランナーさんはなんでもできてすごいな!」と思いました。

そして、映像担当さんは私たちのわがままや自分たちでできなかったことを引き受けてくださり、あっという間に私たちの想像以上の作品を作ってくださいました。これには感謝しかありません。

司会者さんや音響オペレーターの担当さんは、余興のリハーサルにも立ち会ってくださり、当日の流れを綿密に詰めて下さったのでとても安心して当日を迎えることができました。

スタッフ間で連携の取れた当日のオペレーションやサービススタッフの対応も素晴らしく、ゲストからも大変好評でした!

こんなにふたりの結婚式のために親身になって向き合ってくださるスタッフさん・会場は、他にはないと思います!

1.5次会
2次会
麗風つくばシーズンズテラス
未定

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

二次会では、新婦が司会の方と共にマイクを握って進行を進めたのですが、インカムを付けていないだけで、サプライズ演出の準備確認など進捗を確認し合ったりしていたので、ちょっとだけスタッフの一員になった気分でした。

二次会ではプランナーさんがアシストしてドレスを直してくださったのですが、進行役で私がたくさん動くので、お直しも大変だったと思います!(笑)動きまくってずり落ちてきた衣装を、随時プランナーさんが直してくださり助かりました!(笑)