卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

samix0215

samix0215さんのプロフィール写真
人数が50名でしたので、より皆さんとたくさん関われるよう、楽しんでもらえるようにアットホームな式、ゲスト参加型の披露宴を意識しました。

形式にとらわれない人前式で、誓いの言葉は新郎新婦で読み上げ、承認の証に最後みんなでクラッカーを鳴らしたり、フラワーシャワーは新郎新婦を取り囲むようにして頂き「せーの!」の合図でみんなで一斉に上にシャワーを投げたりと、より皆さんと近づける形をとりました。

冬挙式だったので、雪・冬をコンセプトに会場装飾やブーケ、ドレスとヘアアレンジに使用したお花はブルー、ホワイト、水色系でまとめていただきました⭐︎
リングリレーではオラフに風船を付けてバルーンリングリレーをしました。
会場様のご厚意でその際にアナ雪の音楽をピアノで演奏して頂けたのが嬉しかったです♪

ファーストバイトで使用するスプーンは氷で出来たスプーンを用意して頂いて、クイズ形式にしたのも楽しかったです!
神奈川県 / 横浜駅・平沼橋駅
ザ・シーズンズ(THE SEASON'S)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ザ・シーズンズ(THE SEASON'S)
70人未満

チャペルがイングリッシュガーデンと隣接しているため、横浜に居ながらも緑にあふれた自然を感じることができるのと、会場見学した際に曇天だったのですが、それでも気にならないくらいとても明るいチャペルだったので当日例え天気が悪くても気にならないかな?と思ったのが1番の決め手でした。

また、ホテルとは違い邸宅貸切スタイルなので、挙式中は挙式会場すべて好きなように飾り付けできたり他のご両家の方とすれ違う事もなく自由に行き来出来るのも魅力的でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザ・シーズンズ(THE SEASON'S)
70人未満

披露宴会場にもガーデンがついており、自然光が綺麗に入るので、冬挙式でも明るく緑が多くてとても癒されました。
幸いお天気が良かったので、当日はガーデンでスイーツビュッフェも出来ました!

会場が横長なので、高砂席からゲストとの距離が近いのも嬉しかったです。
ガーデンからのサプライズ入場も出来て、昼間でも逆光も気にならなくて大満足です♪

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

過去に結婚式に何回も参加している方がいても楽しんで頂けるように、バルーンリレーや承認のクラッカー、ケーキカットはしないでドロップ型に変更したり、中座ムービーには自分達のプロフィール紹介の前にゲスト紹介用のムービーを流しました。(仲良くなったキッカケや、キャラクターなどをその方の写真と共に紹介しました)
皆さん「嬉しい!」と喜んでくれました!

また、テーマやコンセプトが冬、雪、アイスブルー、ホワイトでしたので、そこから外れないように統一感を大切にしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ウェディングドレスはBarbieBRIDALです。
手首まで袖付きのタイプのドレスで、鎖骨から肩口、ドレスの裾までレース刺繍が前も後ろ姿もとても綺麗だったのと、袖がついている事で幼くならず上品な印象があり冬挙式にもぴったりだなと思い即決しました!
ティアラもセットなので、プリンセス気分も味わえました♪

ただ、セットのヴェールが床につくほど長いので、当日なにかと大変になるかなと思いヴェールだけはドレスショップ様から別のものをレンタルしました。

ドレス 2着目

キヨコハタさんのアルテミス(ブルーセレスティーヌ)です。
キヨコハタさんは「360度、恋するドレス」がコンセプトなだけあって、どの角度から見てもただ可愛いだけでなくこちらのドレスは前と後ろで印象が変わるのもお気にいりポイントです!

腰回りにボリュームのあるフリルが付いているので、細く見えますし、裾にかけてのグリッターが本当にキラキラしていてとても綺麗でした。

ブランド
KIYOKO HATA
シューズ

シューズはあまり見えない所かなぁと思い、特にこだわりも無かったのでドレスショップ様にあったものをレンタルしました。
挙式時は12cm、お色直しは5cm)ヒールとドレスによって履き替えました。

ヘアメイクのポイント

〈WD〉
すっきりした方が印象が良いかなと思っていたので、シニヨンにしました。
披露宴入場の際はヴェールが外れるので、顔周りや後れ毛を軽くほぐしてふんわりさせてもらいました。

〈CD〉
ドレス自体が後ろにボリュームのあるスタイルだったので横に編み下ろしました。
その際に新郎の左側に立つことが多いので、髪が邪魔にならないよう左側に流してもらうようにしました。
長さがないとできないスタイルでしたので、伸ばした甲斐がありました!

アクセサリー

〈WD〉
袖のあるタイプで首回りまで隠れていたのでネックレスはしませんでした。
イヤリングは挙式披露宴共にドレスショップ様でレンタルさせて頂きました。
大きくて揺れるタイプなので動くたびにキラキラしていてとても綺麗でした⭐︎

〈CD〉
首元が出るので、こちらもドレスショップ様でレンタルさせて頂きました♪

ヘッドアクセサリー

〈挙式〉
ドレスとセットで付いていたティアラのみで、ティアラがぼやけないように生花は付けませんでした。

〈披露宴入場〉
ヴェールが外れるので、ティアラも外して後ろにブーケと同じお花を付けました。

〈お色直し〉
同様にブーケと同じお花で統一感を出しました。
横に編み下ろすので後ろが寂しくならないように、後ろにもお花を付けてもらいました。

ネイル

仕事柄、ネイルアートができなかったのでセルフネイルにしました。
ウェディングドレス、カラードレスどちらにも合うようにホワイトベースで雪の結晶をポイントに入れて、グリッターも入れて光でキラキラするようにしました⭐︎

メインで使った花や装花のテイスト

誕生花であり、婚約指輪にもモチーフで入れて頂いた大好きなダリアのお花をメインに使いました。
ブーケやヘアアクセサリー、会場装飾全てにダリアを使用して頂きました!

装花のポイント

白い大輪のダリアを中心に、ブルーやホワイト系でまとめていただきました。
アクセントにラベンダーカラーのお花やグリーンも少しだけ入れて頂いたのと、フローリストさんのアイデアでグリッター加工したシルバーの葉っぱも入れていただいたので、全体的に夏の涼しげな感じではなく、しっかりと冬っぽくまとまりました。

お料理のこだわり

当初メイン料理は牛肉!と決めていましたが、会場の試食会に参加させていただいたときに食べた鴨肉の方がとても美味しかったので、牛肉をやめて試食会で食べた時と同じ鴨肉にして頂きました。デザートビュッフェもあったので品数は6品程度に抑えました。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキも冬っぽく、真っ白でまとめたりブルーのケーキしようかと迷いましたが、食べて美味しいものを優先して、フルーツたっぷりのケーキにしました。
ケーキ入刀ではなく、2人でキャラメルソースをかけるケーキドロップスタイルにしました♪
入刀よりも時間があるのでたくさん写真を撮ってもらえたのも良かったなと思います!

引出物

共通でカードギフトを選びましたが、祖父母には大きい写真で分かりやすいように、また注文もしやすいようにカタログギフトにしました。
親戚夫婦にはル・クルーゼのペアマグ、男性友人ゲストには真空アイスタンブラー、女性友人ゲストにはウェッジウッドの食器にしました。

【引菓子】
GODIVAのアソート缶を選びました。

袋も紙袋だと持ち帰りに手が痛くなると思い、会場様で用意されていたエコバッグを使用しました。

プチギフト

キャラメル味と抹茶味のバウムクーヘンをそれぞれランダムで手渡しで贈りました♪

婚約指輪

ケイウノでオーダーメイドの誕生花であるダリアがモチーフになった指輪を頂きました。

結婚指輪

婚約指輪と重ね付けできるように同じくケイウノでオーダーメイドしました。
2人のイニシャルである「S」をモチーフにして頂いたのと、内側にはお互いの名前を彫って頂いたのでそれぞれお互いの名前が入った指輪をつけています。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式入場で、ドアが開いた瞬間にゲストの皆様に暖かく迎えてもらえた時は本当に幸せだなと感動しました。
両親とのファーストミートで母に「今が1番綺麗だよ」と言ってもらえた時も2人で泣いてしまいました。

二人らしさとは

二人の共通した部分だと思うので、私達の場合は「とにかくゲストに楽しんでもらいたい!」というのと、「普通のよくある事ではなくて、少し変わった面白い事もしたい!」といったことが結果二人らしい式になったんじゃないかなと思っています!

嬉しかった参加者の反応

「今までの結婚式より楽しかった!」や「綺麗だったよ!」と褒めてもらえたのがとても嬉しかったです!⭐︎
また職場の方や友人も母と楽しそうに話していたのも、なんだかほっこりして嬉しかったです。

私にとって結婚とは

常に独りじゃない、味方がいるという事が1番の支えになっています。
嫌な事があっても1人が笑えばもう1人も笑う。
この人となら辛い事も乗り越えていけると思うと毎日が楽しくなるので本当に感謝しています。

後悔していること

思っていたよりも時間が足りなかったので、もっとゲストひとりひとりとたくさん話したかったなぁと言うのが少し心残りです。

やりたかったけれど諦めたこと

本当はウェディングケーキをミルフィーユにしたかったのですが、会場さんに断られてしまったので泣く泣く諦めました。
先に確認しておいたらよかったなぁと思いました。

節約のための工夫

メニュー表を自分達でネット通販で購入して作成しました。
プチギフトも会場様オリジナルよりもオンラインショップで注文した方が節約になりました。
ウェルカムボードの装飾やクイズに使うボードなどもなるべく100均で用意するようにしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私はカラードレスを決めるときに、自分が良いと思うものと家族が良いと思うものの意見が分かれてしまい、最後までどちらにしようか迷っていました。
結局「自分が着たいと思う方を着た方が絶対に良い!」と言っていただけたおかげで、今は心残りなく満足しています!
準備期間はどうしてもゲストの事を考えてしまいがちですが、時には自分の意思を優先する事も大切なんだなぁ..と思いました。