卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

cn.meme

cn.memeさんのプロフィール写真
結婚式を挙げるにあたり、周りの方々がいなかったら私たちが出逢う事も、こうして結婚する事も無かったと思うので、とにかく感謝を伝えたいという事を一番に考えました。
なのでテーマは「感謝」、感謝を伝えるために、精一杯の「おもてなし」をする事としました。

私たちとゲストとの間に気持ちの距離感ができないように、ゲストの方が素で笑顔になれる瞬間を作りたいと思いました。どうしたら来てくれた方々に楽しかった、来てよかったと思ってもらえるだろうという事を第一に考えて、催しも考えました。

群馬県 / 高崎駅
ザ・リーヴス プレミアムテラス

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ザ・リーヴス プレミアムテラス
150人以下

優しい印象のある木のテイストのチャペルです。
晴れていれば一面に広がる青空の中で式を挙げる事が出来ます。
挙式当日は晴天でしたので、来て下さった方からは青空がとても綺麗で素敵だった、とのお声を沢山頂きました。
そして何より綺麗です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザ・リーヴス プレミアムテラス
150人以下

凄く広いです!私達の披露宴はゲストが100名以上、お子様も10名近くいらっしゃったので、広い会場が第一条件でした。
披露宴会場はテイストが違う会場が2つあるので、好みのテイストの会場を選べます。私はナチュラルな印象の装飾をイメージしていたので全体的にブラウンでまとめられた会場を選びました。

両会場とも階段があるので、階段からの入場も可能です!私は階段からの入場をしたかったので、同じように階段入場を考えている方にはおすすめです。
ガーデンからの入場も可能です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストに楽しんでもらう、来て良かったと思ってもらえる結婚式にするために何をしようか考えました。自分が今まで出席した結婚式を振り返ってみたり、どんな結婚式なら満足な気持ちになるのかな?と夫婦で沢山考えました。

1番こだわったのは料理です。
結婚式に参列される方の大半は料理を楽しみにされていると思います。私たち夫婦もそうなので、料理の満足度は全体の満足度に直結すると考えました。
質はもちろん、量も妥協したくありませんでした。美味しく、かつお腹いっぱいになってもらう為に料理長と共に沢山考えました。

また、余興はやってくださる方の負担になってしまうと個人的に思うのでお願いしませんでした。

あとは、東海地方でよく行われている「お菓子まき」をやりたい!と最初から考えていました。私自身がお菓子が大好きな事もあり、自分だったら沢山お菓子がもらたら嬉しいと思い、やる事を決めました。
お菓子の種類は駄菓子だけだと少し寂しい気がしたので、少し高価なお菓子や地元で美味しいと有名な物、当たっても痛くないもの、色んな年齢の方が参加するのでおつまみ系など幅広くこだわって選びました。
100人以上のゲストが居たので、数も200〜300は用意しました。

ブーケトスは結婚している方にも参加して欲しいと思ったのでコスメ石鹸を混ぜたブーケを自分で作成し、コスメトスにして行いました。

あとはラッキーソーサーを行いました。コーヒーソーサーの裏にシールをランダムで貼り、シールが貼ってあった人には新郎新婦からプレゼントをお渡ししました。1テーブルに1人は当たるように準備しました。

お子様ゲストが多かったので、お子様にも引き出物という形でお菓子の詰め合わせバッグを用意しました。また、お子様ゲストが少しでもテーブルで落ち着いて過ごせるよう、ちょっとしたおもちゃもプレゼントしました。ノンアルコールのウェットティッシュも用意しました。後から聞くと子供達が喜んでお菓子を食べてくれていたようだったので、良かったです。

最後はトイレのアメニティです。特に女性のゲストは結婚式ではバッグも小さく荷物は最小限に抑えていると思います。そんな時にこれがあったら嬉しいかな、便利かな?と思いヘアスプレー、ヘアピン、ヘアゴムやハンドクリーム、フレグランス、マウスウォッシュ、生理用品や靴擦れ用絆創膏、シミ取り、ストッキング、爪楊枝や綿棒、汗拭きシート、小さめのティッシュやウェットティッシュなど用意しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ビジューやレース、チュールが入ったものが好きだったので、一番最初に目に入ったドレスでした。
Aラインで、ウエスト部分を中心にビジューが多く付いていて、下はレースが重なっていました。
全体的にスッキリしたデザインが好みだったのでこちらのドレスにしました。スタイルアップも出来たので良かったです!

ショップ
Fiore Bianca
ドレス 2着目

カラードレスはブルーグレーが着たい!と決まっていたので、ショップ店員さんに伝えてこのドレスを見せてもらった瞬間に即決しました!(笑)
下はチュールが何層にも重なっていますが、色のおかげであまり甘く見えすぎず、本当に可愛かったです!!

ブランド
Leaf for Brides
ショップ
Fiore Bianca
シューズ

身長が176cmあるのでぺたんこのパンプスを履きました。デザインは白のレース調です。

ヘアメイクのポイント

髪がそんなに長くなかったので、ウェディングドレスの時は出来る範囲でアップにしてもらいました。可能な限り緩めに、とお願いしました。

カラードレスの時はダウンスタイルで、こちらも緩めに巻いて下さいとお願いをしました。ドレスに合わせて買ったプリザーブドフラワーのヘッドドレスも可愛く使って頂けてとても満足です。

アクセサリー

挙式ではカッチリとした印象の大きめなイヤリングを使いました。披露宴ではもう少しカジュアルな印象にしたかったので、軽めの揺れるデザインのものに変更しました。
カラードレスではドレスに合わせて友人が選んでくれたスワロフスキーのピアスを付けました。

ヘッドアクセサリー

挙式ではカッチリめで、大きいしっかりとしたヘッドアクセサリーを使用し、披露宴ではカジュアルな印象のものに変更しました。
カラードレスではドレスに合わせて購入したプリザーブドフラワーのヘッドアクセサリーを使用しました。

ネイル

ニュアンスカラーでデザインはお任せしました。

メインで使った花や装花のテイスト

お花は指定せず、フローリストさんにお任せしました。赤や黄色など、あまり元気な色は入れず落ち着いた色でまとめて欲しいとお願いしました。

装花のポイント

そこまでこだわりはなかったのですが、落ち着いた雰囲気で、とお願いしていました。
会場の装飾も、自分が持つブーケも、とっても可愛く仕上げていただけて満足でした。

お料理のこだわり

質を落とさずお腹いっぱいになってもらう事が一番のこだわりでした。予算がそんなにある訳ではなかったので、使う食材などを選び、夫婦で話し合いながら不要だと思うものは外していきました。

試食会の中で美味しかったメニューを選び、アレンジを料理長と共に考えました。
例えば、前菜の前に、何か席に食べ物があったら嬉しい!との旦那さんからの意見があり、料理長に相談しました。
すると一人一人の席に野菜の素揚げチップスのような物をを用意し、披露宴が始まるまでにウェルカムドリンクとチップスを食べて待っててもらうのはどうだろう?という提案があり、取り入れてみた所ゲストからは好評でした!

振り返ってみると自分達の料理には、鶏肉、魚、牛肉とメイン料理級のものが3品あり、それぞれ量があったのでかなりボリューミーだったと思います。
周りからは、美味しかったし量も多くて満足、20〜40代の男性でもお腹いっぱい食べられた、結婚式のご飯でこんなにお腹いっぱいになった事がない、美味しくておかわりしたかった、など嬉しい感想を沢山頂きました。

ウェディングケーキ

クリームをムラ塗りにして金箔をまぶす、というケーキを希望して作っていただきました。
シンプルかつかわいいケーキに仕上げていただけたのでとても満足です。
ケーキトッパー は「better together」という言葉を選びました。「いっしょがいいね」という気取らない感じが自分たちのようだな、と思いこれを選びました。

引出物

私の方は60名以上列席者がいましたが、かなり細かく贈り分けしました。
式場から割引をしてもらえるとの事だったので、パンフレットの中から選びました。割引がなかったら引出物宅配を選んでいたと思います。
旦那さんは旦那さん側の列席者ごとに商品を選び贈り分けていました。

プチギフト

少し重いかなと思いましたが、金額や見た目の可愛さ、美味しさからマルティネリのジュースに自分達で作成したタグを付けて渡しました。
ここでも自分達がもらって嬉しいもの、美味しいものという基準で選びました。

婚約指輪

NIWAKAです。

結婚指輪

こちらもNIWAKAです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

友人からのスピーチは一番泣いてしまいました。
また、ゲストの方が涙を流してくれていた所を見て、そんなにも想ってもらえているのかと思い、つられて泣いてしまいました。

結婚式全体を通して、私たち2人の為に集まってお祝いをしてくださっている事が、ただただ本当に嬉しくて胸が熱くなりました。旦那さんも、全く同じ気持ちでした。
来ていただいた方一人一人のお気持ちが本当に本当に嬉しかったです。

二人らしさとは

周りの人を大切にする事です。
今の自分達は周りあっての今という事を忘れずに、周りへの感謝の気持ちを持って過ごしていたいと思っています。
そして何よりお互いを大切にする事です。些細な事でも、思った事は相談、話し合う、どんな時でも会話をする事を大切にしています。

嬉しかった参加者の反応

今までに参列した結婚式で一番楽しかった、こんな結婚式初めてだった、などです。

私にとって結婚とは

お互い自立はしているけれど、無くてはならない存在である事です。支えたいし、支え合いたいです。

後悔していること

最初の段階で、ゲストの人数を多めに伝えて見積もりを出してもらえば良かったです。その後の割引も人数単位なのでだいぶ変わってきます。
あとは席次表は作業の大変さや節約出来る額を考えると式場に依頼すれば良かったかな、と思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

やりたかった事は出来ました。

節約のための工夫

ペーパーアイテムなどで節約出来る部分は正直少しなので…式場さんとのやり取りの中で、最初にどれだけ値引きをしてもらえるかだと思います。後半に来ると大幅な値引きは難しいと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

見学に行く前に、夫婦間でどんな結婚式をしたいのかという事を決めておくと、式場も決めやすいかと思います。

私たちが式場を決める際のポイントは、綺麗さ・設備の良さ・料理の美味しさ・金額でした。
自分達が求めているものに合っている式場だったことと、プランナーさんがとても親身になって考えてくださる方で、優しくてお話も楽しいので、自分達のやりたい事を包み隠さず本音で話せました。その結果、後悔のない結婚式に出来ました。
担当プランナーさんと出会えた事が、一番の良かった!と思うポイントでした。

結婚式を通して自分達が何を伝えたいのかを明確にすると、やりたい事が浮かんでくると思います!