卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

Bun

Bunさんのプロフィール写真
2019年8月にザ リーブスプレミアムテラスで、
《ミニオンリゾート》をテーマに結婚式を行いました。

花嫁がミニオン好きなことと、季節も真夏だったため南国リゾート風の式にしたいという思いからこのテーマを選びました!
ミニオンのフィギュアやぬいぐるみ、カードを、受け付けスペースや披露宴会場の各卓に飾り付けました。
また、南国の花や砂、貝殻を、受け付けスペースや披露宴会場、ブーケや身に付けるものに使い、雰囲気を統一しました。

群馬県 / 高崎駅
ザ・リーヴス プレミアムテラス

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ザ・リーヴスプレミアムテラス
100人以下

バージンロードから壇上にかけて天井がガラス張りになっており、差し込む光でバージンロードの白い床が輝いていました!
花嫁入場の際に、ちょうど雲が晴れて扉に光が当たりとても幻想的な雰囲気になりました。
外の壁からは水が流れていて、心地よかったです。またゲスト席には背もたれがなく、着物を着る人も座りやすくなっていました。

花嫁入場前の待機中に、思い出の写真やメッセージを家族だけで見ることができ、感謝の気持ちを伝えることができました!
式場の壁に自分達の結婚記念を残すことができるネームプレートセレモニーも、特別感があってよかったです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザ・リーヴスプレミアムテラス
100人以下

プロジェクションマッピングをすることができます。
入場のときやオープニングムービー、手紙を読むときなど、いろんな場面で壁一面に映像を流すことができるので迫力がありました!
再入場では、先に新郎が正面扉から一人で入り、プロジェクションマッピングで演出したあとに、新婦が2階から登場し、階段の一番上で新郎新婦が落ち合って、一緒に降りてくるという演出にしました。
ゲストに楽しんでもらえたので、おすすめです!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲスト全員に楽しんでもらうことを大事にしました。

見学の際に壁一面のプロジェクションマッピングを見せてもらい感動したので、絶対に使いたいと思い、一番最初のオープニングムービーで使いました。
普通の1画面の大きさでムービーが始まり、急に壁一面に映像が広がったので、ゲストはビックリしたそうです。見たことがない人が多かったので喜んでもらえました!

また、ウェルカムスペースはフォトスポット以外は全部自分達で用意して、前々日に自分達で装飾しました。
ゲストが開場を待っている間にも楽しんでもらえるように、ミニオンの形のハートドロップスを置いたり、ウェルカムスペースの装飾の中からミニオンではないキャラクターを探す「間違い探し」ゲーム(答えはふなっしーでした)を用意したりしました。
「間違い探し」の結果発表は披露宴で行いました。正解していた人の中からくじで一人選び、新婦の出身地のミカンジュース詰め合わせをプレゼントしました。

その他、新婦がRADWIMPSというアーティストが好きだったので要所で使ったり、新婦から新郎へのファーストバイトのときにお好み焼きのこてを出して盛り上げたり、工夫しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ビスチェタイプのAラインドレスで、トレーンが長く形がとてもきれいでした。
オフショルにできたり大きなリボンをつけることができ、同じドレスでも挙式と披露宴で雰囲気を変えることができました。

ブランド
FioreBianca
ドレス 2着目

2着目もビスチェタイプのAラインドレスです。
カラードレスですが、白ベースでいろんな色がまぶしてあるモダンで涼しげな雰囲気のドレスでした。
斬新であまりないデザインだったので、ゲストをビックリさせることができました!
腰に黒い帯をつけることができ、色や形が締まってよかったです。会場の雰囲気によく合っていました。

ショップ
Fiore Bianca
シューズ

シンプルな白のペタンコシューズをレンタルしました。

ヘアメイクのポイント

ウェディングドレスのときは下で1つにまとめ、
カラードレスでは一方に流しました。
身長が高いので、上のボリュームはなるべくおさえてもらいました。
前髪は左右に分け、顔の横に少し残してもらいました。小顔効果がありました!

アクセサリー

ウェディングドレスのときは白い小振りなイヤリングを合わせました。
カラードレスのときは、金色の貝やヒトデがついている大降りなものをつけました。
がちゃがちゃするのが嫌だったのでネックレスはつけませんでした。

ヘッドアクセサリー

ウェディングドレスのときは、銀や白の小枝ヘッドアクセ。
カラードレスのときは、ブーケと同じハイビスカスなどの南国の花を中心につけました。

ネイル

うすいピンクベースの透明感のあるシンプルなデザインにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

ハイビスカスや、ダリアなどのビビットカラーの大ぶりな花を中心に使い、濃い緑の大きな葉っぱをあわせました。

装花のポイント

南国テイストをイメージしました。
披露宴本番で初めて会場の装飾を見ることができたのですが、白基調の披露宴会場に赤や黄色、緑のビビットカラーがとても映えて、思っていた以上の南国感漂う爽やかな会場になっていました。

披露宴会場の卓上には装花の下に砂を敷いてミニオンのフィギュアをゲストの人数分置きました。
ミニオンが浜で遊んでいるようなイメージです。
また、ところどころにミニオンのフィギュアやカードを置いたのも雰囲気バッチリでした。
入場してゲストに手を振りながら思わず装飾に見とれてしまいました!

お料理のこだわり

海鮮が好きなので美味しいと思ってもらえるようこだわりました。ドライアイスを使って涼しさを演出しました。
二人の故郷である福島と和歌山の名産を組み入れてもらいました。

ウェディングケーキ

フルーツがたくさん上に乗っている夏らしいものを選びました。
新婦が関西出身だったので、新郎へのファーストバイトはお好み焼きのこてを使いました。

引出物

親戚にはポルスカレンジトリオボール/グランマーブルメープルキャラメル
主賓、上司にはカタログギフト/グランマーブルメイプルキャラメル
友人ゲストにはDenimfactoryペアマグカップ

プチギフト

新郎新婦の出身地をモチーフにした人形ビスケットと、
各卓に人数分飾っていたミニオンのフィギュアをプレゼントしました。

婚約指輪

LAPAGE ポン・マリー
台が王冠の形をしていて、とてもかわいいです。
ピンクゴールドにしました。

結婚指輪

MILK&Strawberry
新郎のものはリングの艶が途中で変わっています。
新婦のものは正面にピンクダイヤモンドとダイヤモンドが交互についています。
長持ちするようにどちらもプラチナです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ゲストがサプライズで動画を用意してくれていました。
披露宴の時に大きなスクリーンで上映してもらい、いろんな人からお祝いの言葉をもらったことが嬉しかったです。
本当にたくさんの人からお祝いしてもらい、感謝の気持ちと嬉しい気持ちでいっぱいでした。

二人らしさとは

まったりする時間が二人らしさです。

嬉しかった参加者の反応

「ずっと楽しかったし、すごくよかった。」「いろんな演出に驚いた。」「時間があっという間に終わってしまった。」「カラードレスはビックリしたけど、綺麗だったよ。」「同窓会みたいでみんなで久しぶりに集まれてよかった。」
などと言ってもらったことが嬉しかったです。

新郎新婦の2回の入場シーンでは、二人が別々に1、2階から入場したので、どこから出てくるのかと皆さんわくわくしたそうです。その時にも音楽に合わせて効果的に映像を流していただきました。
終始何が起こるか分からないワクワク感があり、ずっと楽しめたという感想をいただきました!
また、「DIYアイテムも手が込んでいるし、いろんなところにミニオンがいてとても可愛かった」と喜んでもらえました。

私にとって結婚とは

自分達の周りの人をつなぐことです。
新郎新婦のお互いの出身が遠いので、自分達が結婚しなければ絶対に逢わなかった人たちがつながるのを見て嬉しく思いました。

後悔していること

挙式中に前髪が落ちてきてしまったこと。
ドレスで歩く練習をちゃんとすればよかったと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

席札にメッセージを書きたかったのですが、時間がなくて諦めました。

節約のための工夫

アクセサリーや装飾は大体メルカリを使いました。
ペーパーアイテムは、招待状以外は折り紙やパソコンで手作りしました。
グローブ等のアイテムは先輩花嫁さんに借りました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

やりたいことやテーマを早めに見つけて準備すると、大好きなものに囲まれた素敵な結婚式になると思います!
一生に一度のイベントなので、後先考えるよりも後悔しないことが大切だと思います!
SNSや先輩花嫁さんからたくさん情報をもらって参考にしてくださいね。