卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

y0413wd

y0413wdさんのプロフィール写真
日頃お世話になってる大好きな人たちに感謝の気持ちを伝える場というのが第一にありました。
私たちの大好きな音楽を聴きながら、とびっきり美味しい料理を食べて、みんなと楽しみながら過ごしたい!
と思って準備しました。 私たちらしく笑顔溢れるフェスのような結婚式をイメージしました
東京都 / 市ヶ谷駅
ホテルグランドヒル市ヶ谷

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ホテルグランドヒル市ヶ谷
100人以下

グラヒルのチャペルは独立型で、天井が高くてバージンロードが長いところが魅力的でした!
ステンドグラスから日の光が入ると、ベールにキラキラと光がうつって幻想的でした。
パイプオルガンがあったり、チャペルの鐘が鳴ったり、思い描いていた結婚式そのものが味わえました。 また、挙式後のフラワーシャワーも外で広々とできるのも素敵でした。
青空のもと生花でのフラワーシャワーは、想像以上に思い出に残りました!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ホテルグランドヒル市ヶ谷
100人以下
瑠璃

瑠璃はグラヒルのメイン会場です。
邪魔になりそうな柱は一切ないので、高砂からゲストみんなの顔が見えました。
そして天井が高く、豪華なシャンデリアがあるので、実際よりも広く感じます。
高齢のゲストにも、立派な会場だねと言ってもらえました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

来た人みんなに楽しんでもらえるように、おもてなしの気持ちは忘れないようにしました。
そのなかでもすごく好評だったのは、
メッセージ席札と、1つ1つ手作りのトーションフラワー、2人が中座中でいなくても楽しめるようにと考えた平成ヒットソングコーナーです。
メッセージ席札に懐かしのプリクラを貼ったところ、テーブルでかなり盛り上がってくれたようです。
また全ゲスト分手作りしたトーションフラワーもその人に合わせて色を組み合わせたので、みんな喜んでくれました。
一緒に写真を撮ったり、ジャケットの胸ポケットに入れてくれる方もいました。
またBGMは、フェス好きの私たちの大好きな曲ばかりだったのですが、2人がいない時間はみんなが思わず口ずさみたくなるようなヒットソングで固めました。
そしたら、案の定みんな歌って盛り上がってくれていたようで、大盛り上がりの様子が写真や動画にも残ってました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

式場提携サロンのものです。
クラシカルな雰囲気に憧れがあったので、袖ありで、チュールでふんわりしているドレスが着たいと思っていたところ、1回目の試着で運命の出会いでした。

ドレス 2着目

ウェディングドレスと同じく式場提携サロンのものです。
ブルーグレーなどの淡いドレスに憧れがありましたが、WDとの違いが分かりづらいという両親の意見もあり、お色直しのときにカメラに映えそうなパステルグリーンのドレスを選びました。
グリーンがほんのりグラデーションになっているところがお気に入りです。

シューズ

式場のシューズは真っ白であまりしっくりきませんでした。
インスタで見たジミーチューのシルバーのグリッターパンプスに一目惚れしたのですが、靴は私的にはお金をかける部分ではなかったので、似たようなものを別で探しました。
ドレスがどちらも丈にあまり余裕がなかったので、5cmヒールで探しました。
そんななか見つけたのが、ダイアナのシルバーのグリッターパンプスでした。
普段から履き慣れたブランドだったので、当日も全然疲れずに履けました。

ヘアメイクのポイント

ヘアについては、WDのときは袖ありで華やかだったので、スッキリと低めのシニョンにしてもらいました。 CDのときはイメージを変えて、ハーフアップにしました。
メイクは、アイシャドウを奥二重の幅に濃いめに入れて欲しい、リップは赤系が好き、というざっくりとした要望に、石原さとみさん風で!という無謀なオーダーをしました。笑
話をしながら、私にあった色味などを提案しながら仕上げてくれました。

アクセサリー

アクセサリーには、あんまりこだわりがなく…
式場のものの中からドレスに合うものを選びました。

ヘッドアクセサリー

WDのヘッドアクセサリー
ティアラはなんだか違う!と思っていたので、ヘッドドレスにしました。
CDのヘッドアクセサリー
floryさんに依頼した、プリザーブドフラワーのヘッドパーツです。
たくさんのお花で華やかにしてもらいました。

ネイル

透明感のある押し花ネイルがステキな 、kuuki nailさんにお願いしました。
それぞれの指にはブーケは指輪のモチーフをつけてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

グリーンをメインに、かすみ草のような白い小花でナチュラルな雰囲気になるようお願いしました。
高砂がすごく大きいので、寂しくならないよう小物を多用してもらい、高さも出してもらいました。

装花のポイント

なかなか好きな装花のイメージを伝えるために、
いろんな装花の写真に、この花は好き、これは嫌い、この葉っぱを使って欲しい、これは緑が多すぎる、これは白が多すぎる…など、細かくコメントをつけた資料をフローリストさんにお送りして、少しでもイメージの共有ができるようにしました。
また、ゲストが帰りに高砂や各卓のお花を持って帰れるように、司会の方には持ち帰りができることをアナウンスしてもらいました。

フローリスト

はこねフローリスト (式場提携のフローリストです)

お料理のこだわり

ウェディングフェアでおいしさに衝撃を受けて、
この料理をみんなに食べて欲しい!!とグラヒルを選びました。
私たちが選んだ和食のコース「究」は10品という大ボリュームに、日本三大珍味や世界三大珍味が使われ、縁起の良さも考慮されていました。
誰もが絶品と唸る、トリュフの香りのフォアグラ茶碗蒸しは蓋を開けた瞬間から立ち込めるトリュフの香りに完全ノックアウトされます。笑
とびきり美味しい料理にゲストからもたくさんお褒めの言葉をいただきました。
またドリンクは、自分たちでカシスリキュールを持ち込み、お酒が弱いゲストにも飲みやすいカクテルを用意しました。
スタンダードメニューを組み合わせて出来るドリンクも、予めメニューに載せた方が頼みやすいだろうと思い、式場から提示されたメニューに追加でコークハイやハイボールも載せました。
その一手間の甲斐あって、いつもよりドリンクが多くて嬉しかった!と褒められました!

ウェディングケーキ

高さがある豪華なケーキがいい! と思っていたので、ギフトボックスを模した4段のウェディングケーキに一目惚れでした!

引出物

引き菓子は、全ゲスト共通で食べ比べして1番美味しかったキハチのバウムクーヘンを選びました。
縁起ものは、
女性ゲストや親戚には、出しのテトラパック、
男性ゲストには鯛の最中味噌汁。
引き出物は基本はギフトカタログにしました。
カタログも自分たちが欲しいと思える商品があった、リンベル のプレセンテージシリーズにしました。
親戚ゲストには、ティファニーのカップとソーサーのセットを贈りました。
また、遠方ゲストにはヒキタクサービスを利用しました。

プチギフト

マルティネリのアップルジュースに、手作りの葉っぱタグと布の蓋をつけて、贈りました。

婚約指輪

指輪は絶対海外ブランドのジュエリーで、グランサンクのものがいい!と思っていたので、比較的手の届きやすいブシュロンにしました。
シンプルなデザインのビーラブドを選びました。

結婚指輪

結婚指輪もグランサンクがいいと思っていました!
しかも一生に一度は大好きな人からヴァンクリのアクセサリーを贈られたい!という憧れがあったので、
迷わずヴァンクリにしました。
旦那さんと全く同じデザインのものをつけたかったのと、ダイヤなしのシンプルで飽きのこないデザインがよかったので、プラチナのタンドルモンにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

大好きな人たちが一堂に会し、みんなにおめでとうと言ってもらえたことが、本当に本当に嬉しくて感動しました。
ゲストに楽しんでもらえるように、と準備してきたことが自己満に終わらず、まっすぐゲストの心に届いて、みんなに喜んで貰えたのもすごく感動しました。

二人らしさとは

美味しいものを食べて、好きな音楽を聴いて、何気ない会話で笑って…
そんな私たちの普段の様子が2人らしさかなと思います。
また、友達と一緒にいる時間も大切で、友達に囲まれて笑ってるのも2人らしさなのかなと思います。

嬉しかった参加者の反応

今までで1番感動した!
ゲストへのおもてなしが行き届いていた!
たくさん結婚式行ったけど、ご飯が1番美味しかった! たくさん準備してきたのが伝わった!
オープニングムービーすごすぎて、手作りって言われなかったら気付かなかった!
ゲストのことをよく考えていて、さすがだと思った。 コンセプトが統一されててオシャレだった!
DIYもすごかった!
BGM最高だった!
ドレスすごく似合ってた!
とたくさんのお褒めの言葉をいただけました!

私にとって結婚とは

2人の「生活」を築いていくことだと思います。
今まで別々の生活をしてきた2人が一緒の生活をするわけで、たくさんの違いが出てくると思います。
それでも2人で話し合ってすり合わせながら、
それぞれの生活を積み重ねて、2人の生活を築いていくんだなと思います。

後悔していること

ゲストのおもてなしに関わることにはお金をかけるけど、自分たちのところにはあまりかけすぎない、ということばかり気にしていたので、ドレスはプランを活用して、式場直営のコスチュームサロンだけを見たのですが、CDはもう少し色んなサロンのドレスを見て決めれば良かったな…と思いました。
あとになって、このドレス着てみたかった…というのが何着か出てきたので、そこは後悔しています。

節約のための工夫

ありきたりになりますが、ペーパーアイテムの外注や、ウェルカムグッズの手作り、オープニングムービーとプロフィールムービーの手作りで費用を抑えることができました。
費用を抑えるだけでなく、自分たちの好きなように作れたので、一石二鳥でした!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

やりたいと思ったことは、全てやりきることです!
ただし、当日来てくれるゲストへのおもてなしの気持ちは忘れないようにして下さい。
当日に向けて悩んだり苦しくなることもあると思いますが、その全てがきっといい思い出になります。

前撮り
後撮り
丸の内

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

撮影を依頼した @studioaqua.shinjuku さんは和装のスタジオ撮影が可愛くって、そちらとかなり迷いましたが、初志貫徹で丸の内でのロケーションにしました。
東京駅周辺には平日にも関わらず、何組も撮影してる人がいました。
道行く人に見られるのも少し恥ずかしかったですが、満足いく写真が撮れました。

洋装前撮り アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

ショップ・フォトグラファー

スタジオアクア

衣装の数

1

着用した衣装

ウェディングドレス