卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
THE SEASON'S
50人未満

木の温かみが感じられる空間で、ナチュラルが好きな方にオススメです。大きな窓があり、曇りでもカーテンを開けるととても室内が明るくなります。バージンロードは長くはありませんが、ゲストとの距離が近く、退場の際は一人一人の顔を見ることができました!

チャペルを出るとすぐ外なので、花嫁さんは入場まで外で待機です。冬に挙式される花嫁さんは、防寒対策が必須です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
THE SEASON'S
50人未満

会場が縦に長いので、テーブルの配置を少し悩みました。少人数用の会場なのでゲストとの距離が近く、ゲストもメインテーブルにたくさん来てくれました!
貸切会場なので、ガーデン、ロビー、会場全て自分たちの好きなように(プランナーさんとも相談しながらですが)飾り付けが出来ました!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

式中に、ゲストの写真をたくさん撮ることにこだわりました!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

MIRROR MIRRORさんのオリジナルドレスです。他店舗から取り寄せて頂いたものでした。身体へのフィット感と、シンプルかつ上品な形が気に入りました♡
カラードレスは着る予定がなかったのですが、ボレロ付きで2wayで着用でき、ボレロを着るとガラッと雰囲気が変わってそれも気に入りました!

ブランド
MIRROR MIRROR
ドレス 2着目

1着目のドレスに、ボレロを着用しました。

ブランド
MIRROR MIRROR
シューズ

MIRROR MIRRORさんでレンタルしました。

ヘアメイクのポイント

挙式時はシンプルにシニヨンでまとめて、メイクもナチュラルにしてもらいました。ボレロを着たお色直しの際は、ハーフアップにし、ふんわりと仕上げました。

アクセサリー

挙式時は、パールが揺れるイヤリングをレンタルしました。ネックレスは、プロポーズで主人からもらったものと、自分で用意した小さいパールの着いたネックレスを重ね付けしました。肌なじみが良いので、全てゴールドのアクセサリーを着用しました。

お色直しの際は、ネックレスは全て外しました。イヤリングは、大きなガラスのお花のものをレンタルしました。

ヘッドアクセサリー

挙式時は小花のヘッドパーツ、お色直し後は生花をつけました。

ネイル

職業柄ネイルが出来ないので、ホワイト〜クリアベースのネイルシールをつけました。

メインで使った花や装花のテイスト

カスミソウなどの小花、グリーンをたくさん使いながら、アクセントで少し大ぶりのお花をいれてもらうようにしました。色合いはホワイト、グリーン、ピンクと、春らしい感じです。

装花のポイント

メインテーブルは、ゴージャスになりすぎずナチュラルに。ブーケの邪魔にならないよう、ホワイト、ラベンダー、ピンク等の淡い色味で、春らしさが出るよう仕上げていただきました。ゲストテーブルは、カスミソウのブーケを真ん中に置き、ユーカリやオリーブを散らしてシンプルにしました。

フローリスト

ハマフローリスト

お料理のこだわり

試食会で頂いたものが美味しかったので、美味しかったものを食べてもらいたいと思い、コースは上から2番目のランクのものにしました。高齢なゲストもいたので、さっぱりとした魚メニューを選んだり、メニューの中に珍しい部位を使った料理があったので、ゲストもワクワクして貰えたら…と考えながら選びました。
お料理はどれも美味しかったよとゲスト、親族からも好評でした!

ウェディングケーキ

ケーキ入刀はせず、サングリア作りをしました。
待ち時間にゲストにフルーツを入れてもらい、私たちが白ワインを注ぎました。スイーツビュッフェをしたので、出来上がったサングリアはその際に振る舞いました。

引出物

どのゲストにも、引き出物はカタログギフト、引き菓子はグランマーブルのデニッシュを贈りました。
事前にお祝いを頂いていた方のカタログギフトは、ランクを上げました。

プチギフト

HARIBOのグミと、GODIVAのチョコレートを手作りのタグを付けて、自分たちでラッピングしたものを贈りました!

婚約指輪

ティファニーの、ピンクゴールドのネックレスを頂きました!

結婚指輪

鎌倉彫金工房さんで手作りしました。主人はシルバー、私はピンクゴールドにし、仕上がりを同じにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

コロナが流行り、自粛が呼びかけられるようになった頃に決行した結婚式で、直前にまで決行すべきか悩みました。正直、当日になってもやっていいのか不安でしたが、ファミリーミートをして両親、義両親の笑顔を見た時に一番ホッとしました。私のドレス姿を見て、滅多に泣かない母が泣いていたのが印象的でした。

二人らしさとは

結婚式をするにあたって、こんな状況でも来てくれる友人、家族に感謝して、精一杯おもてなししようねと主人とよく話してました。

嬉しかった参加者の反応

コロナ、3月の雪、会場いっぱいの写真、ドレスを着ながらカメラを構える花嫁など…異例の状況だったり、手作り感いっぱいの式だったりしたので、忘れられない式だった、今まで参列した中で1番印象的な式だった、私たちらしい式だった、と言ってもらえたのが嬉しかったです。

私にとって結婚とは

結婚式の準備をしていく中で、コロナには本当に悩んで、主人にはたくさん思いをぶつけました。
その都度嫌な顔せず励ましてくれて、そんな主人のことを見て、楽しいことも苦しいことも、これから一緒に乗り越えて行くんだなと実感しました。

後悔していること

当日はプランナーさんが裏方に回っていたので、式中はほとんど会えませんでした。帰りも着替えて食事を頂いて退館、とバタバタしており、プランナーさんとゆっくり写真を撮ることが出来なかったので、準備が整ったらなるべく早いうちにプランナーさんと思い出作りした方がいいと思います!

そして、当日はヘアメイクさんが付きっきりなので、したいことや予定と違うこと、些細なことでも遠慮せずに言った方が良いです。

準備期間中、前任プランナーさんとの相性があまり良くなく、そんな中で前任プランナーさんのミスが発覚して、式の1か月前にプランナーさんを変更しました。なかなか言い出しにくいことではあると思いますが、一生に一回のことなので、プランナーさんに何か思うことがあれば、素直に式場に相談した方が良いです。

やりたかったけれど諦めたこと

ガーデンがあるので、天気が良ければコンフェッティシャワーをしたかったのですが、片付け等の都合上ガーデンでは出来ませんでした。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

情報収集は大切ですが、情報は集めすぎると頭がパンパンになって良くないので、程々にしておくと良いです!
プランナーさんも、皆さんにぴったりなアイディアをたくさんくれると思うので、なんでも相談して頼りにしてください。