卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
古我邸
100人以下

緑豊かで自然を感じられる森のチャペルは、裏山とは思えないほど、素敵な雰囲気です。
時々聞こえる小鳥のさえずりも、より一層その場を引き立ててくれます。
ガーデンウェディングですが、また違った雰囲気でオススメです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
古我邸
100人以下

クラッシックで上品な雰囲気の中、ゲストとの距離も近くアットホームに行うことが出来ます。
ゲストから「料理が美味しく、今度はレストランで利用したい」というお声を頂くくらい絶品です。
また結婚記念日などでレストランを訪れる事が出来るのも◎

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

お世話になっているゲストに楽しんで頂けるよう、ゲスト目線も忘れず心がける事とわたし達らしさです。
特に全体のイメージに繋がる装花は、テーマに沿って、ドレスや会場が映えるよう何度もすり合わせを行いました。
また挙式ではシンボルツリーにブランコをかけてもらいました。
結果イメージ通りの仕上がりで、フローリストさんにはとても感謝しております!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ドレス全体にあしらわれた繊細なレース刺繍に一目惚れしました。背中部分も程よくレースが施され、上品な印象に。
取り外しが可能なオーバースカート(チュール素材)がついた、ソフトマーメイドのドレス。
1着でがらっと印象を変えることが出来るのも気に入りました。挙式はオーバースカートをつけて、ふんわりとした可愛らしさをプラスし、披露宴ではソフトマーメイドでエレガントに着こなしました。

ブランド
Monique Lhuillier
ショップ
THE TREAT DRESSING
ドレス 2着目

胸元のリーフのモチーフと、ブラッシュカラーがポイントです。縦のラインに入ったお花の刺繍が、スタイルをよく見せてくれます。
母が気に入った事も決め手の1つ。
1着目も2着目も、着用した時のトキメキと自分に似合かどうか(私の場合は、骨格診断を基準に)を軸に選びました。

ブランド
イザベルアームストロング
ショップ
innocently
シューズ

Manolo Blahnik
1着目は歩く際に足元が見えるので、ちらっと見えた時に、美しくみせてくれる物を選びました。
色味は肌馴染みの良い、ライトベージュに。ジミーチュウとも悩みましたが、ビジューのポイントがあるマノロに決定。
ビジューがレースに引っかからないか心配でしたが、大丈夫でした。
155cmと高身長ではないので、ヒールは一番高い10.5cmを着用。
お色直しのドレスのみ、ドレスのデザイン上12cmの別のシューズを借りました。

ヘアメイクのポイント

私らしさを大事にしながら、可憐な印象になるようにお願いしました。
色味は、普段のヘアメイクから大事にしているパーソナルカラーを元に決めました。
挙式は総レースのドレスが映える様、シンプルなシニオン。
お色直しでは背中が綺麗に見えるよう、フィッシュボーンとローポニーテルを組み合わせたタイトなスタイルにしました。
どちらもシンプルなヘアスタイルの為、事前にハイライトを入れ、立体感が出るように工夫しました。

アクセサリー

ヘッドパーツ…Maria Elena
挙式イアリング…Elizabeth Bower

ヘッドアクセサリー

挙式はシンプルにベールのみ、ベールを外した後にヘッドパーツを付けました。
お色直しでは、ヘアスタイルが際立つよう、あえてヘッドアクセは無しにしました。

ネイル

ライトベージュ、ライトグレーをメインカラーに、シェルや銀箔を施してもらい、さりげなくミラーネイルを入れてもらいました。
手先が綺麗に見えるかどうかと、程よい抜け感を重要視しました。
普段からお任せしているネイリストさんに、お願いしました!

メインで使った花や装花のテイスト

アクセントとなるお花は、丸みのあるバラと長さのあるライラックでバランスをとりました。
色味はくすみカラーを取り入れ、落ち着いた印象でお願いしました。
挙式のブーケは白のみのクラッチブーケに、淡い布を添えてエレガントにし、お色直しのブーケは、赤をメインカラーとし、アースリウムやランなどを入れる事で、シックな印象に仕上げてもらいました。

装花のポイント

ナチュラルな仕上がりを希望していたものの、上品さも欲しかったのでカジュアルになりすぎないよう工夫しました。
高砂は足元が見えるアンティークテーブルを使い、抜け感を出しました。
足元が大胆に見えるので、寂しくならないようサイドにお花を添えてもらえました。
ドレスも見えて良かったです。
ゲストテーブルは、ライトグレーのテーブルランナーに流れるようにお花をたっぷりと飾ってもらいました。
またゲスト同士の顔が見えるよう、高さも気にかけました。
また会場全体に白い布をたれかけ、華やかさを、プラスしました。

実際のお花を見て決めたかったので、アトリエにお邪魔し計2回の打合せを実施。
また気になった事は、メール等で確認しました(通常maltaさんの打合せは1回だそうですが、快く希望を聞いて下さいました!)

フローリスト

malta / 布山様

お料理のこだわり

以前レストランを利用した事があり、とても美味しかったので、華やかさとボリュームを考えて選びました。
既存のコースでも十分だったのですが、品数を一品だけ増やしました。
老若男女問わず、ゲストから好評でした。

ウェディングケーキ

可愛らしすぎず、スタイリッシュな印象にしたかったので、ざくろとブルーベリーをアクセントに、またお花を添えてもらいました。
生クリームはラフに塗ってもらい動きのある印象に仕上げてもらいました。

引出物

3点用意し、特に美濃焼のマグカップと&もなか(あんこが瓶に入っており、自分で作るタイプ)が好評でした!
親族と上司はメインとなる引出物は別のものを贈りました。

プチギフト

初めて鎌倉に来られる方も多かったので、鎌倉定番の鳩サブレーにしました。
オリジナル似顔絵を描いて頂いたので、Thankyouシールに加工し貼ってお配りしました。

婚約指輪

NIWAKA。
国内ブランドでセットリング一つ一つに名前が付けられており、可愛い!と言っていたのを主人が覚えてくれていて、サプライズで婚約指輪を頂きました。

結婚指輪

結婚指輪はセットリングのゴールドにしました。
露華と朝葉の組み合わせです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式退場時に、みんなにおめでとう!と祝福されながらflower showerを浴びた時です。
人前式では、彼と夫婦になる嬉しさと両親から巣立つ寂しさ、緊張で胸がいっぱいでゲストを一人一人見る余裕がなかったです。
でも、人前式が終わり、退場の際にゲストのみんなのおめでとう!の祝福に緊張がとけ、一気に嬉しさが込み上げてきました!

二人らしさとは

お互いを尊重し、ありがとうの気持ちを忘れない事です。

嬉しかった参加者の反応

私たちらしい、良いお式だった!とゲストに褒めて頂けた事と、何よりもゲストとの距離が近く、楽しんで頂けている様子を間近で見れたことが嬉しかったです。
結婚式後も、拘って作成したブライダル新聞を飾ってくれたり、結婚式後もお褒めの言葉をたくさん頂きました。
お世話になった方々に見守れながら、無事挙式を終える事が出来、本当に良かったです!

私にとって結婚とは

お互いを尊重し、1日1日を大切に共に歩むことです。

後悔していること

特に後悔はなく、一つだけ上げるとしたら全員の集合写真を撮るタイミングをうっかりしてました。

やりたかったけれど諦めたこと

特にありません。

節約のための工夫

節約とは言えないかもしれませんが、 本当にそれは必要かどうかの視点は忘れないように心がけました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

「夫婦でどんな結婚式にしたいのか」をしっかりと話し合う事が大事だと思います!
また、結婚式は「これまで育ててくれた両親や、お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えられる場」でもあります。
決める事も多く準備は大変ですが、楽しんで下さい!
結婚式を終えて、より夫婦になった実感が湧きます。