andaztokyo_brideさんのアイコン画像

andaztokyo_bride

2020.12.06
Andaz Tokyo / TOKYO STUDIO
.
BRIDE : age 29
GROOM : age 29
.
大人のWhite Christmas Wedding*
.

前半は上品でクラシカルな王道の披露宴に、
お色直しからは
きらめく大人のクリスマス一色に。

-----------------------
▶︎Special thanks
-----------------------
▷Dress
 GALLERIA COLLECTION
▷Bouquet
 Litty.cc Wedding
▷Photographer
 Kazuhiro Momose

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-12-06
アンダーズ東京
100人未満

虎ノ門ヒルズ最上階、
52階のルーフトップに位置するアンダーズのチャペルは、"天空チャペル"とも称されるほどロケーションが本当に最高です。

なかなか味わうことの出来ない絶景は
ゲストの皆様からも大変ご満足いただけたポイントで
挙式後のWelcome PartYでみなさまが目をキラキラと輝かせながら写真を撮ってくださっていた姿には
私たちもとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。

チャペル自体はとてもシンプルでこじんまりとしていますが、
挙式中の生演奏の楽器や曲を選ぶ事が出来るのもパーソナルスタイルをうたうアンダーズならではのポイント。


ゲストの皆さまを全員お呼びできなかった点だけは残念であったものの、
一生忘れることのない大切な思い出となりました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-12-06
アンダーズ東京
150人未満
TOKYO STUDIO

アンダーズ東京の51F「TOKYO STUDIO」は
なにより目の前の大きな東京タワーやレインボーブリッジを一望できる圧巻のビューが本当に素晴らしいポイントです。

初めてこの会場の見学に来た時
ゲストの皆さんが「わ〜〜!!」っと目を輝かせ喜んでくれている姿が真っ先に思い浮かび、
その場で即決するほど心を鷲掴みにされたあの感動の瞬間を今でも鮮明に覚えています。

そして、
「パーソナルスタイル」をうたうアンダーズさんの披露宴は大変自由度が高く式場でよくあるような「持ち込み料」も基本的になく
プランナーさんがやりたい事をどんどんアイデアにして取り入れようとしてくださるような柔軟で親身なご対応が本当に素敵でした。


『型にはまった式はいや』
『ひと味違った自分達らしい式にしたい』

そのような新郎新婦様には
とてもぴったりの会場だと思います。


上質ながらもこだわりのある式をしたい
と言う方には、
心からおすすめ出来る会場です。

コンセプトやこだわったこと

ゲストの皆様に「今まで1番最高だった!」と思っていただけるような、
満足度が高く
すべての方に心から楽しんでもらえる式にしたいと言うのが私たちの何よりの想いでした。


その為、
お料理やギフトなどの質にこだわるだけでなく
ゲストの皆様がただの「観客」のような形で終わってしまわぬよう、
余興の代わりに私達が用意した「クリスマス宝くじサプライズ」や
ディズニーランドのエントランスアナウンスなどで有名な外国人司会者の方からの「クリスマスソング生歌披露」を途中差し込むなどして、
「ゲスト参加型」で会場が一体になり盛り上がれるような式に出来るよう心掛けました。


とは言えしっかりとした「大人の披露宴」と言う部分も持たせたく、

披露宴前半は白一色の洗練された時間に
そしてお色直しからは
雰囲気を一転して賑やかなクリスマスパーティ感に、と2部構成のような形にして

披露宴の中で緩急を持たせられたのは
とてもよかったなと思えるポイントでした。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
INES DI SANTO

SHOP:GALLERIA COLLECTION
Brand:Ines Di Santo/LUSTER
 
<決め手>
・人と被りたくない
・甘すぎるテイストは嫌
・でも大人っぽいキラキラ感は欲しい
・アンダーズに似合うお洒落なドレスがいい

そんな私のわがままな思いを全て叶えてくれたのがGALLERIA COLLECTIONで担当してくださった方が直感で私におすすめしてくださった、こちらのイネスのドレスでした。

全体的に透明感がありインポートならではの繊細なディテールや、光に当たると上品に輝く胸元から足元までラインのように散りばめられたビジューが大人っぽく可愛くて、とてもお気に入りでした。

バックスタイルがシースルーになっているのもLUSTERの特徴かと思いますがそこもまた垢抜けたお洒落感があってとってもおすすめです。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
Lazaro

SHOP:GALLERIA COLLECTION
Brand:LAZARO/3810

<決め手>
夜景が一望出来るホテルでのナイトウェディングだったのでグリッタードレスがいいなあと探していたところ、インスタで出会ったのがこのLAZARO3810でした。

他のカラードレスも色々着てみましたが、「ギラギラ」でも「甘々」でもなく、上品ながらに圧倒的な輝きを放つLAZAROを一度着てしまうと他が物足りなく感じてしまうくらいです。

たくさんの友人の式に参加してきたからこそ、「色被り」をしてしまうのはなあとも悩んでいたので、思い切ったグリッターのLAZARO3810にして大正解だったなあと思います。

SHOES
シューズ

ウェディングシューズは、普段使いの出来るブランドのシンプルなホワイトのハイヒールにしました。

実はこのシューズ、前撮りの際に身支度を全て済ませ、いざ丸の内へと向かおうとしたタイミングで靴を用意することをすっかり忘れていた私のはくものがない!と騒ぎになったプチ事件があり(笑)その際にタキシード姿で旦那さんが丸の内じゅうを走り回って買ってきてくれた、思い出のシューズなんです。(笑)

丸の内のティファニー前でドレス姿で裸足の私に靴を履かせてくれたあのシーンは、恥ずかしい珍事件ながらまるでリアルシンデレラのようで今となっては良き思い出です。(笑)

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ヘアメイク

アルバムを見る

1着目のウェディングドレスでは、全体が甘くなりすぎないようあえてシンプルなシニヨンにまとめていただき、2着目ではふわっふわなポニーテールにして雰囲気に差が出るようにして頂きました。

元々、お色直しではダウンスタイルにしたいと言う思いが強かったはずなのですがダウンスタイルにするとせっかくのドレスが隠れてしまいもったいないなあと思い方向転換。結果、WDの時のヘアスタイルをシンプルに抑えたことでポニーテールにするだけでも結構違う雰囲気を出せたので良かったなと思っています!

ACCESSORIES
アクセサリー

WD
EARRING:BLEU FUME/GB01SE
CD
EARRING:BLEU FUME/GB29SE

イヤリングは、いずれもドレスをお借りしたGALLERIA COLLECTIONで購入しました。WDのイヤリングは透明感溢れる大粒のドロップがついたもの、CDのイヤリングは縦に流れるようにビジューがデザインされた動きのあるものです。

ネックレスについてはドレスやイヤリングがキラキラしている分全体の中にどこか抜け感があった方がバランスもいいと思ったのでつけていません。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

TIARA:BEL AIRE
ティアラはインポートものを。こちらもGALLERIA COLLECTIONさんでレンタルさせていただきました。真ん中のトップが少し高くなっており、ロイヤルウエディングのような上品さに一目惚れしたものです。

お色直しではドレスだけで十分華やかだったので、ヘッドアクセサリーはつけませんでした。

NAILS
ネイル

ベージュピンクのジェルネイルに、薬指と親指の先のみホワイトシルバーのラメを乗せたシンプルなものにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

装花・会場装飾

アルバムを見る

大人っぽいホワイトクリスマス感を出すことがテーマでしたので、
装花については極力色のある花を使用せずパンパスグラスをはじめとしたドライ素材を多めに使用しながらホワイト・ベージュ・ホワイトグリーンあたりでまとめていただきました。

加えて、装花の中に自分たちで持ち込んだインポートのキラキラしたガラスや松ぼっくりなどのオーナメントを混ぜていただき、
フロートキャンドルやストリングライトを飾ることで甘すぎない大人なクリスマス感を演出しました。

FLOWERS
装花のポイント

基本的にはメインと同じテイストで、ゲストテーブルには高低差のある2種類の装花を用意しました。

1つは、高さのある白いブランチツリーにキャンドルをぶら下げたもの、もう1つはメインの装花を低めにまとめたものです。いずれも装花の下に丸ミラーを設置していただいたので、キャンドルの光がミラーに反射しとても幻想的な雰囲気となりました。

FLORIST
フローリスト

会場装花はAndazさん提携のリベルテさん、

ブーケはずっと前から心に決めていた
フローリストの親友
Litty.ccさんにお願いしました。

会場装花、ドレスの雰囲気に合わせて
一緒に花材やイメージを相談しながら親友に作ってもらったブーケは、
本当に一生の宝物です!

FOOD
お料理のこだわり

アンダーズの良いところはなんと言っても
お料理のクオリティがとーーっても高いこと!

そして、
そのお料理が自分たち好みで一皿ずつ好きなものを選び組み合わせることが出来る"プリフィクスコース"なところも、
他にない圧倒的なスペシャルポイントだと思います。

器や盛り方もものすごくおしゃれで、
試食会は良い意味で本当に選び難く
たくさんの友人に今までで1番だった!と言って頂けたことはとても嬉しかったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ウェディングケーキは、
シンプルな2段のウェディングケーキに、
もみの木の枝と松ぼっくりを添えたシンプルなクリスマス仕様のデザインにしました。

もともとケーキカットをするつもりはお互い一切なくその方向で進めていたのですが、
なんだかんだ絵に残りやすく思い出に残るワンシーンになったのでやってよかったかなと思っています。(笑)

WEDDING FAVORS
引出物

引き出物については親族と友人で贈り分けをし、友人については
新婦側友人:Jo Malone/ハンドクリーム
新郎側友人:BARNEYS NEWYORK/カタログギフト
をメインにして共通の引き菓子にグラマシーニューヨークのチーズケーキと席札も兼ねたカリグラフィーミラーを添えました。

お互い29とあって、カタログやアイテムのフェアでは過去にもらったことのある引き出物だったりすることが多く、ゲストの皆様にも同じように飽きるような思いをさせたくない!と言うところから引き出物については最後の最後まで本当に悩みました。

新婦側の友人用に用意したジョーマローンのハンドクリームは予算より値が張ったものの特別感のあるギフトとして喜んでもらうことが出来とてもよかったと思っています。

PETITE GIFTS
プチギフト

クリスマスにちなんで、スノーマンやサンタさんのロリポップチョコレートを用意しました。
ゲストの皆様がチョコレートをフォトプロップスのようにして最後に写真を撮ってくれていて2度美味しいアイテムとなりました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

Harry Winston

WEDDING RING
結婚指輪

BVLGARI

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

新郎のウェルカムスピーチです。

このコロナ禍と言う状況下きっとたくさんの新郎新婦の皆様が本来幸せな気持ちでいっぱいのはずの結婚式準備で、多くの葛藤や心労を抱えてきたことかと思います。例に漏れず、それは私たちも同じでした。

本当は2020年7月に予定していた結婚式。
涙ながらに延期をしたもののなかなか準備に身が入らず本腰を入れなければならない11月に入ると第二波が訪れ、毎日感染者数の速報を見るたびに絶望する日々でした。

そんな中、夫婦でたくさん話し合い家族や友人、そして大好きなプランナーさんにたくさん支えて頂いたからこそ決行できた私達の結婚式。

ウェルカムスピーチなんて余裕余裕!と、前日まで文章すら用意もせず余裕ぶっていた新郎が、どんな感動もの映画でも涙ひとつ流さない新郎が、ウェルカムスピーチの冒頭でこのような状況の中きてくださった皆様への感謝の気持ち、そして本当に式を挙げていいのかと悩んできた思いを語り出した途端言葉に詰まり、涙が止まらなくなると言う私ですら見たことのない姿を見せたのです。。

スピーチは1分ほど沈黙の状態となっていましたが不思議とその時間は、ものすごく暖かくて。きっとゲストのみなさまの心から暖かい気持ちを感じられていたからなのだと思いました。

隣で泣きながらも笑う新郎の姿は私達のこれまでと皆さんへの思いとが全て詰まった一生忘れることのないこのご時世ならではのワンシーンだったと思います。

二人らしさとは

自分のことよりも相手を1番に思うこと

嬉しかった参加者の反応

「お料理も会場もコンテンツも、ぜんぶ今までで一番の式だった!!」と何人もの方に言っていただけたのが、本当に嬉しかったです。

私にとって結婚とは

自分よりも大切なものが出来ること。

思い描く未来がすべて"ひとりきり"ではなく
"ふたりのもの"であること。

後悔していること

後悔していることはほとんどないのですが

強いて言うなら、
何故かウェルカムスペースに一切力を入れられず
当日プランナーさん任せであり合わせのものを置いて頂いただけにしてしまったと言う点ですかね、、。(笑)

もう少しこだわればよかったなと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

このご時世で諦めたこと、できなかったことはたくさんあったのですが一番はやっぱり余興です。

余興のない式になるのはとても残念でしたが、その代わりにみなさんをいかに自分達で楽しませられるかと言う方向に気持ちを切り替えサプライズコンテンツなどを入れた結果それはそれで盛り上がり喜んで頂けたのでよかったのかなと思っています。

節約のための工夫

プロフィールブックやメニューカードのペーパーアイテムやコンテンツに使用するチケットなどのデザインが絡む制作物についてはほとんど自分でデザインして作りました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

今のご時世、
・結婚式を挙げるべきか
・挙げてもいいものなのか
・満足のいくものに出来るのか
・みんなに迷惑がかからないか

などなど、、新郎新婦の皆様はきっと私たちと同じように、本当にたくさんのことを悩まれることかと思います。

でも、同じように悩んで決行した私が今言えることは結婚式は想像以上に幸せで想像以上に価値があって想像以上に多くのものを手にすることが出来る人生で一度きりの最高の時間だったな、ということです。

こんなにも自分がキラキラできてこんなにもたくさんの愛を感じられる時間はもう他にないと思うくらい本当に楽しくて楽しくて幸せな時間でした。

なのでどうか1人でも多くの、結婚式をしたいと思う花嫁様達が少しでも前向きに、幸せな気持ちでその日を迎えられることを心から祈り、そして応援しています。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です