卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
エクシブ浜名湖
70人以下

チャペルを出てすぐにあるプールは演出に使えます。
私は、みなさまにバルーンをお配りし、プールに投げ入れてもらうバルーンリリースに使いました!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
3
エクシブ浜名湖
70人以下

エクシブは中華がおいしいので、結婚式ではあまり見かけない中華のコースをお願いしました。
たくさんの方にお料理を褒めていただきました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

・LIVE会場を再現すること。
・ファミリー婚のため、息子のお披露目もかねていました。
・ファーストミートやオープンウェンレターの、新郎へのサプライズ。
・離婚して、離れている父を 新郎がサプライズでチャペルに呼んでくれて、式が始まる前に父とバージンロードを歩くことができました。
・突然お願いして先輩ご夫婦によるケーキバイト。
・ブーケトスの代わりに独身のお友だちに、ブーケプレゼント。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

フォーシスアンドカンパニー

昔から、マーメイドラインに憧れていて、それ以外のウェディングドレスは考えていませんでした。
背中が開いているモノも希望で、背中のくるみボタンがかわいくてこちらに決めました。

ブランド
FOUR SIS & CO.
ドレス 2着目

フォーシスアンドカンパニー

好きなカラーが黄色なので、みんなカラードレスは黄色だろうと思っていたと思うので、こちらも予想に反して(サプライズ)黄色の「ブーケ」が映えるネイビーのドレスにしました。
会場内が暗いだろうと、キラキラのビジューもポイントのモノにしました。

ブランド
FOUR SIS & CO.
シューズ

わたしの身長が高いので、ぺったんこのモノをレンタルしていただきました。

ヘアメイクのポイント

大好きなアムロちゃんが雑誌でやっていた「生花」で頭を埋め尽くしていただきました。
こちらは、昔から知っている(アムロちゃん好きを知っている)ヘアスタイリストの方のアドバイスでした。
また、お花屋さんのお友だちの協力があり助かりました。
とってもお気に入りで、挙式からお色直しまでは、特に変化なしです。

アクセサリー

ヘアがアクセサリーのようだったので、目立ち過ぎずでも、ワンポイントになるモノを選びました。

ヘッドアクセサリー

生花を付けました。
生花のため、頭がかなり重かったです。

ネイル

シンプルにフレンチにしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

頭のお花のこともあったので、会場にはバルーンを飾っていただきました。

装花のポイント

BIGBANGカラーの5色(バルーン共に) ピンク・赤・緑・黄色・青を使いました。

フローリスト

ブーケ・頭…ソエルフラワーさん(豊橋) 「小久保 知沙」さん

会場…提携のショップさま

お料理のこだわり

中華で評判がいいエクシブさまなので、中華のコースにしました。
特に男性には、最後のチャーハンが評判よかったようです。

ウェディングケーキ

大好きなBIGBANGのメンバー「D-LITE」のキャラクター「D君」のケーキをかわいく作っていただきました。

引出物

引き出物としてはありませんが、受付でお配りした「プロフィールブック」は外部の方にお願いして、ゲストのみなさまに持って帰っていただけるようなこだわりのモノを作りました。

プチギフト

自分で手作りしたアイシングクッキーです。
旦那さま、わたし、息子をイメージしました。
こちらも「BIGBANG」のクランクベアーのクッキーにしました。

結婚指輪

カルティエ

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式のリハーサルと聞いてチャペルへ行くと、父がサプライズで待っていてくれました。
参加して欲しいと伝えたら、断られていて、まさか来てくれているとは思わず、式が始まる前に号泣。
呼んでくれた旦那さま、わたしのウェディングドレス姿を見てくれた父に感謝しかありませんでした。

二人らしさとは

伝わるまで伝えることです。

嬉しかった参加者の反応

「楽しかった!」
「あやかちゃんらしかった!」

と言って頂けた事です。

私にとって結婚とは

大切な人が増えること、家族を知ることです。

後悔していること

司会の方を選ぶことが出来なかったので、早くから予約しておけばよかったです。

あと、音を出すタイミングや大きさなど、音楽の細かい指示をすればよかったです。
事前チェックはあったのですが、思うようにできていませんでした。

やりたかったけれど諦めたこと

オープニングの登場の仕方です。
LIVE感をもっと出して、飛び出したかったのですが、技術がなく、諦めました。

和装もしたかったのですが、衣装チェンジをたくさんすると、ゲストの方との時間が少なくなってしまうため諦めました。

節約のための工夫

ウェルカムスペースは、なるべく手作りしたモノ(写真のガーランドなど)を使いました。
サンクスギフトを手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

とにかく、やりたいことをはっきりさせましょう!
譲れないこと、妥協できることが見えてくると思います。
ふざけてるかな?これは、無理かな?と、 思うことでも1度プランナーさんに伝えてみることです。
それができなくても、他のアイデアをくださったり、自分たちの理想を共有できます。

結婚式は、みんなで作るものということが分かりました!