卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
名古屋東急ホテル ロイヤルスイートルームスカイバンケット
50人以下

宴内人前式という形で、スイートルーム内で行いました。
ウエディングケーキを結婚証明書として活用するなど、宴内だからこそできた演出もたくさんありました♪

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
名古屋東急ホテル ロイヤルスイートルームスカイバンケット
50人以下

親族のみの披露宴と友人のみのアフターパーティでレイアウトをガラッと変えました。
披露宴は全員の顔が見えるようテーブルを一円する晩餐会スタイルにし、アフターパーティはゲストが思い思いに楽しめるようソファーを中心としたレイアウトに。
私たちも二度楽しむことができ、本当におススメです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

会場装飾は花材・食器・クロス以外、控室の装飾品も含めてほぼ全てを持ち込み、プロフィールブックやウェルカムボードなどは時間をかけて手作り。
演出は自分で構成を考え、トータルプロデュースしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

オディエ

当日の流れが
親族挙式→披露宴→友人アフターパーティー
となっており、ウェディングドレス姿でゲスト全員と会いたかったこともあって、 また披露宴では演出がたっぷりあったので、更に中座で席を外す時間が惜しく、 当日のドレスはこの一着のみです。

オディエは袖付きの上品なデザインで、いくつか他にも袖付きのデザインのドレスを試着しましたが、オディエのそれは他のものよりも肌にピタッと吸い付くような滑らかさがあったように感じました。

また、全身に細かく入った銀糸を使ったインド刺繍がとても美しく、他では見かけないデザイン性にも惹かれました。ベールはたくさんビジューの付いたタカミブライダルの腰丈のものを選びました。

ブランド
TAKAMI BRIDAL
ショップ
TAKAMI BRIDAL
シューズ

シューズは特にこだわりはなく、ホテルのものをレンタルしました。

ヘアメイクのポイント

清楚で自然なイメージのメイク、ヘアスタイルに。

アクセサリー

着用数が少ない分、一つ一つ本物を取り揃え、ミキモトさんのダイヤモンドとパールを贅沢にあしらったネックレスとイヤリングを身につけました。

ヘッドアクセサリー

ティアラにこだわりがなかったので、白いお花とビジューのたくさんついていたボンネに早い段階で決めていました。とにかく可愛くてお気に入りです♡

ネイル

テーマカラーのパープル×ゴールドに合わせ、また春らしくドライフラワーを使ったデザインに。

メインで使った花や装花のテイスト

会場装飾のテーマとなるヨーロピアンエレガンス、クラシカルでアンティークの雰囲気に合わせ、ボリュームを大きくしてもらいました。

装花のポイント

花の種類やカラーはもちろん、それを生けるフラワーベースも時間をかけてチョイス。
雰囲気にマッチさせるため、青銅器のものを選びました。

フローリスト

持ち込みが禁止だったのでホテル内フラワーショップにお願いしました。

お料理のこだわり

フレンチに特に力を入れているホテルだったので、その中でも最高ランクのものをゲストの方と共有しました。
アフターパーティではオリジナルでケーキビュッフェを行いました。

ウェディングケーキ

おとぎ話に出てくるようなブック型のケーキ本体に、立体の蝶をデコレーションしていただいて、 装花はたっぷりと。装花の色味はもちろん、テーマカラーのパープルに。
ウェディングケーキは挙式の最中に「結婚証明書」として活用しました。そして、ケーキ入刀の代わりに親族の各家族から1人にチョコペンで署名をしてもらい、最後にもちろん私たちも署名。 その後の友人のアフターパーティの時に、 ケーキ入刀 をしてスイーツビュッフェ に合わせてサーブしました。

引出物

少人数ウエディングだったこともあって、メインの引出物はそれぞれのゲストにぴったりのものをひとつずつ選び、送り分けました。
たとえば、可愛い犬を飼っている家族にはペットフードコンテナを。素敵なホームパーティに呼んでくれたことがあるゲストにはケーキスタンドを…といった具合です。
その他、全員にネーム刺繍入りのハンドタオル、ホテルオリジナルのパウンドケーキを送りました。

プチギフト

前撮りでウユニ塩湖に行ったので、そこで購入したインカの塩をキュートなアルパカの飾りがついたポーチに入れて渡しました。

婚約指輪

上手に指輪をつけられる自信がなかったので、代わりに時計をいただきました。
永く愛用できるよう、ムーブメントは機械式のものを。
また、婚約にふさわしいよう、ベゼルやフェイス・ねじ込みリュウズにダイヤをたっぷりあしらったものを。
そして、サムシングブルーとなるよう、フェイスはブルーのシェルのものを選びました。お礼に夫には同じメーカーの同じラインの時計をお返しとして送りました。

結婚指輪

ハリーウィンストンのトラフィックアクセントバンドにしました。
ハーフエタニティに近いデザインなので、プライベートの時はキラリと光るダイヤの面をおもてに、ビジネスの時はシンプルなプラチナ面をおもてに、と使い分けています。
ダイヤもバケットカットとラウンドカットの両方がセッティングされており、他では見ない面白いデザインです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ファーストミートです。
会場装飾に力を入れてきたので、仕上がった理想以上の会場を初めて見たこと、そして、ドレス選びに同行していなかった夫に初めてドレス姿を見せられたこと。その時の夫の目を潤ませた表情は一生忘れません。

二人らしさとは

自然体でいられること。
これまで1番近くで成長を見守ってくれた親族、ずっと仲良くしてきた友人に囲まれ、幼少期からそれぞれ習ってきた芸術分野の経験を生かし、装飾品や演出に取り入れたので、大好きなものに囲まれた1日でした。

嬉しかった参加者の反応

オリジナルの演出、DIYがとても多かったので、それについての感想が多く寄せられました。
・こんな見たことない演出ばかりの結婚式は初めて(披露宴参加ゲスト)
・披露宴の最後を飾った2人のフルートとピアノの演奏には本当に驚いたし感動した(新婦母)
・プロフィールブックは業者に頼んだとのかと思った(アフターパーティゲスト)
・こんな自由なスタイルもあるんだね!(アフターパーティゲスト)

私にとって結婚とは

みんなとの絆を感じられた時間

後悔していること

サプライズ演出を想定しておらず、時間管理が十分にできなかった。

節約のための工夫

節約のためと思って始めたことではありませんでしたが、招待状やプロフィールブック、プロフィールムービーにはこだわりたかったので、自作しました。
これが、結果的に節約につながったと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式は今、多様なスタイルが認められています。
私達は私達夫婦も含め、ゲスト全員がいつも通りリラックスして過ごしたいという思いから、本当に風変わりしたスタイルで結婚式を実施しました。
打合せに向けて資料を作成したり、仕事のような時もありましたが、スタッフの皆さんのおかげもあり、本当に理想以上の式とすることができました。
今後みなさんもそれぞれのスタイルで最高の1日を過ごせますように!