ringo_gajyoenさんのアイコン画像

ringo_gajyoen

テーマは『みんなでお花見えんかい』です!
“えんかい”には宴会・縁会の2つの意味を込めました。

施設の豪華さ・和室玄関の美しさ・スタッフの方の温かさが決め手となり、ホテル雅叙園東京に決めました。

プランナーの方は小さなことでも親身に相談に乗ってくださって、お返事も早かったので信頼できました。演出スタッフの方は迷っている内容を相談した時に、的確なアドバイスをくださり、指名させていただいたカメラマンの方は、安心してお任せすることができました。スタッフの方のおかげで当日はずっと笑顔で過ごすことができ、素敵な写真を沢山残せたので嬉しかったです。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-03-07
ホテル雅叙園東京
50人以下

“チャペル&ウェディングドレス”での挙式に参列したことしかなかったので“神殿&白無垢”での挙式を希望していました。

ホテル雅叙園東京には2つの神殿があり迷いましたが、実際に見学したり他の方の挙式写真を見る中で、最終的には落ち着いた内装で大人っぽい雰囲気の“天穂殿”に決めました。
挙式が終わった今でも、とても素敵な神殿だと思っています。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-03-07
ホテル雅叙園東京
50人以下
竹林

初めて見学した際に、施設の素晴らしさに感動しました。特に披露宴会場として選んだ“竹林”や和室玄関は、天井の絵画・照明・部屋の雰囲気など写真で見るよりも美しく、一目惚れでした。

人数に対しての広さもちょうど良かったこと、和室のため「ゲストが靴を脱いで、少しでもくつろげるのではないか」と思ったことも決め手となりました。

コンセプトやこだわったこと

「ゲストが今まで参加したことのない&びっくりするような結婚式にしたい!」と考えていたため、衣装・装花・お料理・演出にこだわりました。
当日は、皆さんの驚く顔や笑顔をたくさん見ることができて嬉しかったです。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
和装 1着目

スタイル
白無垢

【CUCURUの白無垢&紋付袴】
おしゃれな写真が多いこと&同じ着物でも合わせる小物によって、個性派にも正統派にも着こなせることに魅力を感じ、式場を決める前から「CUCURUの白無垢が着たい!」と考えていました。

お借りしたのは白無垢のみですが、白無垢と色打掛のどちらにも合わせられるような掛下や小物類を、何度も一緒に考えてアドバイスをくださいました。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
色打掛

【THE KIMONO SHOPの色打掛&タキシード】
お色直しはウェディングドレスor色打掛で迷いましたが、当日の演出を考える中で「結婚式は思いっきり和装がしたい!」と思ったこと&新郎にもお色直しをしてほしかったことから、タキシードにも合う色打掛を選びました。

普通に着るのでは面白くないので、色打掛にティアラを合わせようと考えました。先につけたいティアラを決めていたので実際の写真を持参し、お店の方と相談しながら色打掛とタキシードを決めました。

SHOES
シューズ

CUCURUにて、かわいい草履をお借りしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式・披露宴・お色直しの全てでヘアスタイルを変えてもらいました。
挙式時は新日本髪で正統派に、披露宴入場時はラフな洋髪に、お色直しでは玉ねぎヘアにしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

色打掛着用時には、ティアラに合わせたイヤリングを作ってもらいました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

【白無垢】
挙式時は新日本髪に合うように、桜の生花&レースなどを、披露宴入場時はずっと憧れていたCUCURUブランドのtegaraにて、オーダーメイドで作っていただいたヘッドアクセサリーをしました。

【色打掛】
Couleurireにてオーダーメイドで作っていただいたティアラをしました。

NAILS
ネイル

『桜』をイメージしてピンク色にしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

『お花見』がテーマだったのでゲスト卓は桜を多めに入れました。
高砂は薄い色だとぼんやりしてしまいそうだったので、濃いピンクのお花をメインにして、桜を混ぜていただきました。

FLOWERS
装花のポイント

ゲスト卓は『お花見』のイメージで少し高さを出しつつ、シンプルにまとめてほしい旨をお伝えしました。
高砂はシックで大人っぽい雰囲気で濃いピンクや紫をメインに、ゲスト卓と統一感が出るよう桜を混ぜてもらいました。

FLORIST
フローリスト

はこねフローリストです。
時期的に桜がちゃんと咲いているか心配でしたが、とてもきれいに咲いていて、イメージ以上に仕上げていただきました。

FOOD
お料理のこだわり

和食のコースで“結扇”を選びました。ただの和食ではなく、お皿などもかわいかったことが決め手です。お箸を持ち帰ることができたのも良かったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ウェディングケーキの代わりに、おにぎりを用意しました。
先に両親にお手本バイトをしてもらい、自分たちのファーストバイトを行いました。

WEDDING FAVORS
引出物

ル・スールの名前入りのマグカップ、銀座菊廼舎(きくのや)の富貴寄(ふきよせ)を贈りました。
贈りわけはほとんどせず、親族には富貴寄(ふきよせ)を大きくし、縁起物として鯛飯の素を足して贈りました。

PETITE GIFTS
プチギフト

ネズミのおみくじを作成し、お渡ししました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

Van Cleef & Arpelsの“クチュール ソリティア”です。

WEDDING RING
結婚指輪

BOUCHERONの“クル ド パリ”です。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

挙式の入場の際に、ゲストの方や家族の笑顔を見ることができてとても嬉しい気持ちになり、準備は大変でしたが「当日まで頑張って良かった!」と思いました。緊張もしていたのですが、みなさんの笑顔でほぐすことができました。

二人らしさとは

結婚式は「今まで関わってくださり、大切にしてくださった方たちへの感謝の場にしたい」と考えました。そのため、ゲストの負担になることや形式的なことは極力減らして、当日は“楽しい宴会”のような気持ちで過ごしてほしいと思いました。

嬉しかった参加者の反応

お色直しの入場で獅子舞と一緒に入場したのですが、ゲストの驚く顔を見られたこと&ゲストに「楽しかった!」と言っていただけたことが嬉しかったです!

私にとって結婚とは

結婚式とは“二人で歩む生活のスタート”だと思います。
そのため、二人が今までお世話になった方や私たちが大切にしたい方への感謝の気持ちを結婚式で伝えたいと思いました。

また、結婚とは“生涯のパートナーを見つけること”だと思います。そして、結婚して良かったことは日常の些細なことも、二人で話しながら笑ったりできることの幸せに気づけたことです。

後悔していること

結婚式自体で後悔していることは全くありません!
言うならば、ウェルカムスペースの準備が前日までかかってしまい忙しかったので、早めに準備すれば良かったと思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

お色直しでウェディングドレスを着ることです。

披露宴の衣装について、お色直しは時間がかかってしまうこと&高砂にいる時間を長くしたかったことから、当初は白無垢だけの予定でした。しかし、祖母と再入場をしたい気持ちがあったので、お色直しをすることに決めました。

お色直しをするにあたり、ウェディングドレスと色打掛のどちらを着るか迷いましたが、ウェディングドレスでの前撮りに満足していたこと&演出的には和装が良いと考え色打掛を選びました。

節約のための工夫

衣装とヘアメイクは外注することで費用を抑えました。特にヘアメイクは、お気に入りのところがあったのでそちらにお願いしました。

その他は、専門スタッフの方やプランナーさんに相談をしました。特に装花は、お花の量を増やさなくても多く見えるようにしてもらったり、お花のピンク色が映えるようなテーブルクロスを選ぶことで費用を抑えることができました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

理想の結婚式を実現するためには、まず『結婚式のテーマ』を決めることが重要だと思います。結婚式を行う目的や、2人の想いなどから“どのような結婚式にしたいのか”を考えることで、色々なことがブレずに決められたと思います。
また、同じ式場のプレ花嫁さんと結婚式のことを話したり、情報交換するのも楽しかったです!

当日は楽しくてあっという間でしたが、ゲストの皆様の笑顔を見ることができて本当に良かったです。ホテル雅叙園東京は結婚式を終えた後も、これから先“2人の思い出を作っていける場所”であると感じました。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です