卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

eewd____1103

いい実の日(11月3日) の結婚式で、感謝と笑顔と音楽 、「実り」をテーマにいろいろな演目を考えました。いろいろなところで果実の実が登場するようにしました。
また、しっかり感謝が伝わるようにしたことと、
参列者みなさんに楽しんでもらえるようにしたことと、2人がアカペラサークルで出会ったので、
2人の好きな音楽をつめこんだ1日になるようにしました♪
名古屋駅
ブルーレマン名古屋(BLEU LEMAN 名古屋)
¥4,278,850 / 74名
挙式
挙式の満足度
4
ブルーレマン名古屋
100人以下

とても開放感のあるナチュラルな会場です。
また、椅子の配置や椅子の数まで、全て自分たちの希望通りにできます。車椅子の参列者がいた場合は、そこを空けることもできると聞きました。車椅子参列者が一番後ろに追いやられることもなく、全ての参列者の方に楽しんでいただけることがブルーレマンの売りだそうです。

披露宴
パーティー
ブルーレマン名古屋
70人以下

チャペルから披露宴会場までが1本の道でつながっていて、そこをライトアップしたり、ケーキカットをしたり、大きな風船を持ってお色直し後入場したり、いろいろ案が浮かんでくるつくりになっています。
また、会場内は大きなスクリーンが2枚あり、どの参列者も動画を楽しむことができます。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

なるべくDIYをして、ハンドメイドのあたたかさが伝わるようにしたことと、余興でアカペラを2曲披露してもらって参列者にも楽しんでもらったことです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

シルエットを大事にしました。
見た目はシンプルだけど、スカートの袖にある細かな刺繍が気に入りました。

ブランド
桂由美(YUMI KATSURA)ブライダルハウス
ショップ
maruichi
ドレス 2着目

淡い色のドレスが流行っていましたが、ウェディングドレスとの変化を楽しめるように、はっきりした色のものを選びました。あとは、いい実の日ということで、いろいろな色の入った賑やかでも大人っぽい所が気に入りました。

ブランド
M/mika ninagawa
ショップ
maruichi
シューズ

背が161cmあるので、ペタンコシューズでした。

ヘアメイクのポイント

ヘアアクセサリーにこだわりました。

アクセサリー

ビジュー系ではなく、ナチュラルになるように小枝のアクセサリーはパールをつけました。
ネックレスは、挙式以外はドレスを目立たせたかったので、母から結婚のお祝いでもらったダイヤの一粒ネックレスにしました。

ヘッドアクセサリー

挙式では会場のお花と合わせてかすみ草をつけました。
披露宴では少しカラフルにしたかったので、DIYしたお花のアクセサリーをつけました。
カラードレスは、ダウンスタイルで、小枝のアクセサリーをつけました。小枝のアクセサリーも、普通の付け方ではなく、メイクさんのアドバイスにより流れるようにつけました。

ネイル

ナチュラルに、かすみ草のブーケをアートしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

プーコニュさんのお花でした。 白とグリーンを基調に、濃いめのピンクと青を散りばめてもらいました。

装花のポイント

バラを入れないことです。

フローリスト

プーコニュさん

お料理のこだわり

オマール海老と、ブルーレマン特製のフォアグラのお茶漬けを追加したことです。やっぱり料理を楽しみにしている参列者もいるので、料理は少しアップグレードしました。

ウェディングケーキ

フルーツをたくさん使ったメルティケーキです。
ドライフルーツや木の実を散りばめました。

引出物

新郎側の親族と上司には、新郎の出身福井県の漆器/名披露目のカツオお茶漬け/デニッシュパン
残りの友人や新婦側の親族友人には、カタログギフト/名披露目/お菓子

プチギフト

福井県の名物五月が瀬です。

婚約指輪

i-primo

結婚指輪

フェスタリア

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

余興で、大学時代私達と一緒にグループ活動していた仲間が、シークレットでアカペラを披露してくれたことです。余興代表の子にアカペラをお願いした際、メンバーも歌う曲も全て私たちに内緒にしてほしいとお願いして頼みました。当日登場したのが、私達に一番馴染み深いメンバーたちだったので、出てきた瞬間うれしくて泣けてきました。歌ってくれた曲も、大好きなコブクロのmillon filmsだったので感動しました。

二人らしさとは

お互いを尊敬していること、自分ができないことは相手ができて、2人でバランスよく過ごせていることが心地いいです。

嬉しかった参加者の反応

「今まで参加した結婚式の中で一番楽しかった」という声をたくさんいただきました。
どの演目にも参列者の方々を飽きさせないような工夫をプランナーさんと考えたので、そう言ってもらえてとても嬉しかったです。

私にとって結婚とは

一緒にいたいと思う人と、何があっても一緒にいられるよう2人で考えて歩んでいくことだと思います。

後悔していること

エステにお金をかけたことです。ある程度ボディメイクでカバーしてもらえるから、特別痩せたい!という思いがない限り、エステは行かなくてもよかったかなと思いました。

節約のための工夫

エンディングムービーを、自作ムービーにしたことです。当日の様子が流れるエンドロールがよくありますが、それは価格の割に当日しか楽しめないので辞めにして、その分自作しました。
でも当日の様子が思い出されないのは悲しいから、1日動画はお願いしました(そちらのほうが5万くらい安かったです)。
また、ケーキの2段目はフェイクです(笑) 発泡スチロールに生クリームが塗ってあります(笑)
卓上のお花のボリュームをおさえて、寂しくならないようにテーブルナンバーを目立たせたこと、(刺繍で縫いました) 席札とメニュー表をDIYしたことです。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

たくさん調べることが大事です! ドレスは借りるより買った方が後々安いとか、知らないとそれだけ損した気分になるのは、後から気分が下がってしまうからです(>_<) また、無理をしないことです。インスタでいろいろ見ていると、おしゃれな花嫁さんたちがいろんなものをおしゃれに作っていたりして、あれもこれもってなってしまってパンクしちゃいます。
プレ花嫁の期間は1年弱しかない貴重な時間なので、楽しんだもん勝ちだと思います。
だから楽しめる範囲の物をがんばれるといいと思います。