卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
THE KAWABUN NAGOYA
70人以下

他ではあまり見ることのできない、和モダンなチャペルに一目惚れしました。全天候型でありながら、自然光も入る素敵なチャペルです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
THE KAWABUN NAGOYA
70人以下

3階の披露宴会場は和の雰囲気が強く、それでいてドレスでも合います。そして、カワブンで唯一テラスがあります。テラス入場も出来るし、デザートビュッフェも出来ます。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

アイテム等は、作れる限り手作りにしました!その方が自由度が高く、それぞれのゲストに合わせて用意できたと思います。またアットホームな感じにしたかった為、ゲストとの距離を近くするためソファ席にしました!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ウェディングドレスは、王道のプリンセスラインにすると決めていました!人と同じは嫌だったので、生地感にこだわりました。思わず触りたくなる生地と横にだけついたフリル、バックスタイルは大きめのリボン、でも可愛すぎない所が気に入りました。
また前撮りでチュールのドレスを着たので、素材は違うものを選びました。

ブランド
ANTONIO RIVA
ショップ
THE TREAT DRESSING
ドレス 2着目

披露宴会場とのバランスを考え、ワインレッドにしました。腕に巻くリボンが動きを出してくれるところもポイントで、テラス入場の際も綺麗になびいてくれました。

ショップ
THE TREAT DRESSING
シューズ

BENIR
背が低く高さも必要だったため、こちらのブランドにしました!花嫁らしい真っ白なシューズです。
挙式で綺麗に歩くため、歩きやすさも重視しました!

ヘアメイクのポイント

メイクはナチュラル系で、肌がキレイに見えるようにしてもらいました。ヘアスタイルは、挙式はティアラだったので、耳下あたりから少し動きを出しました。お色直しでは、きっちり→ルーズへ変化をつけてもらいました!
二次会のヘアセットまで、全てが完璧でした!ヘアアクセサリーで隠さず、見せたいほどでした。

アクセサリー

キラキラのボンネや、大きめのヘアアクセサリーは似合わなかった為、耳元で存在感を出しました。レラローズのイヤーカフがお気に入りです。花嫁が主役の場なので、アクセサリーも大振りなものをつけました!
ネックレスはせず、ヘアアクセも控えめなものにし、引き算しながら選びました。

ヘッドアクセサリー

挙式はティアラ!披露宴は、twigs&honeyのパールアクセサリー。お色直しはベロアリボン!
自分に似合うものを選び、それぞれ雰囲気が変わる様にしました。

ネイル

ウェディングドレスにも合わせつつ、カラーも取り入れました。けれどカラードレスの色をばれてはいけないので、中間のちょうどいいを探しました。

メインで使った花や装花のテイスト

カラーを取り入れてごちゃっとしたくなかったので、白とグリーンをベースに、小物でゴールドを取り入れました。あとは、パンパスグラスを必ず取り入れたかったのでお願いしました!プランツコレクションさんは、取り扱っている小物がオシャレなのでオススメです。

装花のポイント

使いたい花材と、持っている花言葉を意識しました。

フローリスト

プランツコレクションさん

お料理のこだわり

名古屋に昔からある料亭なので、味には間違いないと確信してました!あとは何よりもお箸で食べられるところが良かったです。ご高齢のゲストもいらっしゃったため、名古屋の式場はイタリアンが多い中、ここはすごく大きなポイントでした!

ウェディングケーキ

新郎が生クリームが苦手、新婦が苺が苦手、だけどあえて生クリームたっぷり、苺たっぷりのケーキにし、お互い苦手なものを食べさせ合うファーストバイトにしました!
苦手なものを食べさせ合うことで、これから先の人生大変なことも2人で乗り越えていこうね、と意味を込めました。そのお話は、司会者さんにしてもらいました。

引出物

引き出物は定番ですが、カタログギフトにしました。
縁起物は、河文のすぐ近くにある手火山家のお出汁。
引き菓子はバームクーヘンに。 引き菓子はどれも美味しいのですごく悩みましたが、万人受けするのはバームクーヘンかなと思い選びました。

プチギフト

新郎新婦の好きなものを詰めました!リンツのリンドールに、ロータスのビスケットを贈りました。

婚約指輪

元々いただいていた指輪に合わせたものを選びました。

結婚指輪

ティファニー

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新郎へのレターサプライズにて、出会ってから初めて彼の涙を見ました。ゲストへの感謝の気持ちを伝えることをテーマにしていましたが、自分たちのスタートでもある結婚式で改めてこの人と生きていくこと、夫婦となることを実感できた瞬間でした。

二人らしさとは

取り繕わず、ありのままの自分たちを出すこと、苦手なこともあえて取り入れたことです。そこを支えあっていくことが夫婦であり、きっと人生楽しいことばかりじゃないけれど、それを2人で、また時にはゲストで来てくださった方にも助けてもらって、生きていくことを再確認できました。

嬉しかった参加者の反応

暖かくて、感謝の伝わる式だった。今まで行った式の中で1番感動した。とたくさん言っていただけました。また、ご飯が美味しかったとのお声もたくさんいただきました。

私にとって結婚とは

お互いの人生に責任を持つこと。結婚することで相手のことが、自分のことと同じだとちゃんと捉えられるようになりました。

後悔していること

特別ありません!が、旦那さんの協力が不可欠ですので、旦那様は早くから奥様を手伝ってあげてください。
2人で作り上げることで、結婚式が終わったときの感動も何倍にもなるし、お互いへのありがとうが溢れます!

やりたかったけれど諦めたこと

デザートビュッフェです。年配の方が多く、コース料理のデザートですら残される方が多いとのことでやめました!自分たちの年齢だけで考えるべきではないので、後悔はしていませんが、やりたかった気持ちはあります。

節約のための工夫

自分たちで作れるよね!できるよね!と思えたものは、なるべく手作りをしました。その結果それも思い出になったので、少し大変かとは思いますが、頑張ってみるのも良いと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚が決まったら、やりたいことをまずは、ひたすら出してみて欲しいなと思います。そうするとテーマも見えてくるし、あとは優先順位をつけて、必ず叶えたいものから手を出していきましょう。出来るか出来ないかは後から付いてきますが、やりたい!を叶えるためにスタートは早くていいんです!

早く動かなきゃって頭で分かっていても、難しいです!やりたいことだらけ、、ってなっても、やったことはやって良かったで終われるし、やらなくても、まあ、なくてもよかったかなで終われます。無理をせずやりたいことから、やりたい分だけ欲張ってください。