卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ザ ストリングス表参道
100人以下

コラボ婚というもので挙式は“青山セントグレース 大聖堂“で行いました。
大聖堂の厳粛さとクラシカルな雰囲気があってとても素敵でした。ゲストが撮ってくれた写真を見返しても、どの角度からもステンドグラスがとても綺麗に写っていました!
聖歌隊のAve Mariaもとても素敵です。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザ ストリングス表参道
100人以下

100人近くの人数でしたが、それでも余裕があるくらい広々とした会場だったので、窮屈さがなくよかったです。(男性ゲストが多く、彼も窮屈さを心配していたのでとても良かったと思います)

披露宴会場も待合スペースも、とにかくストリングス館内はどこを切り取っても「大人可愛い」が溢れています!オープンキッチンの演出や、再入場の際の階段入場などもできて、ゲストからも好評でした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

・シーンごとに使用するBGMをすべて自分たちで1曲ずつ選びました!大好きな映画のサントラから、思い出のゲームのサントラまで。ゲスト控え室のラウンジ内でも2人が大好きなゲームのサントラをピアノで生演奏していただきました!

・ウェルカムスペースやゲスト卓に飾り付ける用のフェイクスイーツをDIYしました。マカロンやカップケーキなどの可愛いスイーツが大好き!だけど生物は飾れない…ということですべて粘土で手作りしました。
もともと趣味だったので、クオリティには自信があります!笑

他にも、装飾物のテイストにはかなりこだわりがあったので、アンティークカラーのマカロンタワー、大好きな画家ミュシャ風ドリンクメニュー、ファイナルファンタジー風のウェルカムボードなども全て手作りしました。

・プリンセスが大好きなので、衣装にもとてもこだわりました。おひめさまっぽさを大事にしながらも、大人っぽくクラシカルでガーリーなテイストを大切にしながら、小物等はレンタルせず全て自分で揃えました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

シビラ

絶対にプリンセスライン!というのは最初から決めていました。でも、白のWDは本当に迷って、何着も試着をさせていただきました。結局、1番最初に試着をしたアントニオリーヴァ のシビラに。

ずっとチュールのドレスに憧れがあったのですが、こちらのミカドシルクの上品な質感がとても美しく、彼も気に入ってくれたのでこちらに。
とってもボリューミーですが甘くなりすぎずとても品のあるドレスでした。胸元の美しいカットと、建築家のアントニオリーヴァならではの計算されたバックスタイルがとても気に入っています!

ブランド
ANTONIO RIVA
ドレス 2着目

とにかくプリンセスっぽい…お人形っぽい…ドレスが着たくて、こちらにしました。ジルスチュアートらしいリボンやレースの感じが女の子らしくて大好きです!
このドレスを着て、再入場は彼に手を引かれながらプリンセスのように階段から…というのをとても楽しみにしていました!

実際、再入場はドレスの雰囲気に合わせてディズニーの「魔法にかけられて」の「True Love’s Kiss」というプリンセス感満載の曲を使い、雰囲気たっぷりに。 レースをあしらったショートグローブ をつけてさらにお人形感をプラスしました。

ブランド
JILLSTUART
ドレス 3着目

披露宴終了後、ストリングス内でアフターパーティーを行ったので、もう1度アントニオリーヴァのウェディングドレスに着替えました。

挙式と雰囲気を変えたかったので、あえてドレスの中に長袖のボレロを着ました!なかなかこのアレンジをしている人はいないかも…??
式場の方からもとても好評で嬉しかったです。

長袖にして、中のパニエを減らしボリュームダウンすることで、一層クラシカルな雰囲気になりこちらもとっても気に入っています!女の子のゲストからとても褒めて貰えました。

ブランド
ANTONIO RIVA
シューズ

ちらっと見えた時に華やかにしたかったので、シルバーのラメたっぷりのシューズにしました。転ぶのが怖かったので、歩きやすさ重視です!

ヘアメイクのポイント

お人形っぽいメイクが好きなので、当日もまつげを強調したドールメイクにしました。
ヘアはリハーサルの時から担当のヘアメイクさんとたくさん悩んで、リハの時から少し変更したりもしました。トップのボリュームや引き出す量など本当に細かく希望に応えていただけて、大満足です!

大聖堂での挙式用、白ドレスの披露宴用、カラードレス用、アフターパーティー用と、4回アレンジしていただきました。

挙式ではクラシカルかつふんわり女の子らしいまとめ髪にティアラ。披露宴ではヘッドパーツを変更しました。お色直しでは、ダウンヘアが憧れだったので、トップ少なめの巻き巻きハーフアップにしてもらいました!

アフターパーティーではガラッと変えてポニーテールにしましたがこちらがすごく可愛くて気に入っています! ヘアチェンジはそれぞれ料金がかかりますが、全部変えて本当に良かったです!

アクセサリー

・ピアスは挙式、お色直し、アフターパーティーと3度変えました。どれもキラキラかつあまり大きくないものを選びました。

・ドレスの胸元のカッティングの美しさを強調したかったのでネックレスは敢えてしませんでした。

・グローブをつけるとよりクラシカルになると思い、挙式ではロンググローブ、カラードレスにはショートグローブを合わせました。

・披露宴前のサンクスパーティ中とお見送りの時には、ケープをつけてさらにクラシカルなテイストにしました。
すきまのちょっとしたタイミングでケープをつけて、またドレスの違った雰囲気を見せられたのでとても良かった!

ヘッドアクセサリー

・挙式では、王道のティアラに3メートルあるロングベールをつけました。厳かな雰囲気の大聖堂に合わせてクラシカルでシックな感じにしたかったので、派手なものよりも上品さ重視でアイテムを選びました。

・披露宴中は、ティアラを外し、サイドにキラキラのヘッドパーツをつけました。こちらもとても上品で気に入っています。大きさもちょうどよかった!

・お色直しでは、カチューシャ型のティアラを高めにつけ、後ろでリボンが敢えて見えるように結びました。サイドに少しだけ生花も添えて、より華やかにしました。

・アフターパーティーでは、高めのポニーテールに、星型のピンをランダムに刺してもらいました。

ネイル

シンプルで指が綺麗に見えること重視でした。
透け感のあるピンクに、先だけラメをのせ、ワンポイントで大きめのスワロフスキーをつけてもらいました。インスタで先輩花嫁さんの投稿を見て、参考にさせていただきました!

メインで使った花や装花のテイスト

アンティークカラーをメインに使っていただきました。グリーンも大目に入れてもらうことで、可愛くなりすぎず正解でした!

装花のポイント

お花の色味。アンティーク系で、なおかつネイビーのクロスに映える色をチョイスしました。

特にこだわったケーキにつけるお花は、好みの画像をフローリストさん宛にメールで送って確実に色味を伝えました!(意外と、スマホで見せた写真をスマホで撮ってもらって…というやりとりだと色味が若干変わってしまうため、送ることをお勧めします、、!笑)

フローリスト

ジェーンパッカー

お料理のこだわり

基本のコースを元に、スープをランクアップ、鯛飯を追加しました!男性ゲストが多かったこともあり、品数を増やしてよかったなと思います。
ストリングスのお料理は可愛い名前が付いていて、メニュー表を作るのが楽しかったです!笑

ウェディングケーキ

高さがある程度あって、派手すぎないものを選びました。ケーキに添えるお花の色味は、好みの画像を送って、元のお花からアレンジしていただきました!

引出物

遠方からのゲストも多かったので、友人にはカード式のカタログギフトにしました。また、年配の方にはQRカード式ではなく冊子のギフトカードにしました。
参列経験の多そうな上司の方々には、「日本のおくりもの」という、各都道府県の名産品のカタログギフトを選び、ちょっとだけ変化球にしました。笑

縁起物はビジュアル重視!かわいらしいフグの形のおしるこに。新郎新婦の出身地で作られたものだったことも決め手でした。

引き菓子は、どの年代の方も安心して召し上がっていただけるようにブランドにこだわり、「千疋屋」のお菓子にしました。

プチギフト

ナンバーシュガーのキャラメル。
表参道のショップですし、新郎新婦も大好きなので…。

婚約指輪

カルティエ
中心にダイヤ、周りにパヴェがあしらわれたものです。

結婚指輪

カルティエ /バレリーナ
この形がずっと憧れでした!婚約指輪と重ねるととても可愛いくてお気に入りです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

セントグレース大聖堂での挙式の退場の際、自分たちがお世話になった大好きな人たちが拍手とフラワーシャワーで祝福してくれている中、彼と2人でゆっくりと扉に向かって歩むシーンがとても感慨深かったです。

こんなにたくさんの大好きな人たちに囲まれているという不思議な感覚と、こんなに豪華で素敵な式を挙げさせてくれた、隣にいる彼に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして…、私たちの結婚式の日はまさかの雪だったんです。それで、チャペルから扉の方に目を向けると、扉の外でキラキラ雪が舞っていて、それが本当に綺麗で。後から写真を見返しても感動します。笑

ちなみに、最後のエンドロールのBGMには、私が大好きなL’Arc~en~Cielの「BLESS」という曲を選んだのですが、そのサビの歌詞が「君へと夢は今 目の前できらめいている 花びらの舞降るような雪が祝福した」なんです。 なんかもう、それに気がついた時は大号泣しました。奇跡だ!!!と。笑

本当に本当に素敵な思い出です。
天気で残念な思いをしたくないなと思っていたのですが、本当に幻想的で素敵なホワイトウェディングでした。

二人らしさとは

好きなものやこだわりを持ち寄りながらも、それを相手に合わせて、とけこませていくこと。
寄せ集め、ではなく融合だと思っています。

嬉しかった参加者の反応

・心配していたお天気ですが、当日は雪。。
ゲストから、逆にロマンチックだった!ホワイトウェディングは初めて!雪をバックに並んだ2人がとても綺麗だった!という声をたくさんいただいて、これはこれで良かった〜!!と思えました。

・こだわって作ったDIYのものたちを褒めてもらえるのがやっぱり嬉しかったです。写真をたくさん撮ってもらえて、作って良かった〜!と思いました。

・お料理も評判が良く、年配の上司の方に「結婚式で、全部完食したのははじめてだよ」と言ってもらえたことも嬉しかったです。

私にとって結婚とは

より周りの方の存在の大きさに改めて気づかされるきっかけになりました。ここまでお互いが歩んでこれたのは、式に参加してくれた大好きな人たちはじめ、周りの方々の支えがあってこそ。

また、別々の家族がひとつになるということで、本人同士だけではなく、新しい家族として第一歩を歩むということを強く感じました。
結婚式というセレモニーを通して、ふたりの自己満足だけではなく、改めて気づいたことがたくさんありました。

また、8年間おつきあいしてきた彼ですが、家族として新しい未来の第一歩を踏み出したということで、新鮮な気持ちに戻ることができました。

やりたかったけれど諦めたこと

セントグレース大聖堂の大階段での全員集合写真とフラワーシャワーです。当日雪が降っていたため、できなかったのが残念でした。

でも、フラワーシャワーは大聖堂の中で行わせていただけて、ブーケトスも外ではできなかったのですが、挙式前のサンクスギビングパーティー中にお時間とってくださいましたので、嬉しかったです!
また、衣装もヘアも、式場の方の工夫のおかげでやりたかったことはすべてやらせていただけたので満足です!

節約のための工夫

ペーパーアイテムは式場のものはとても高価だったため外部で委託しました。
その他、ドリンクメニュー、オープニングムービー、プロフィールムービーなども自作しました。
逆にこだわって作れたので良かったです!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

女の子の夢である「結婚式」であるからこそ、思いも強くて、逆にどうしたらいいかわからない!彼と衝突した!ということも絶対あると思います。
でも、すべての準備が、大切な1日のためにつながっているのでとことんこだわって、とことん悩んで、準備期間もぜひ楽しんでください!

直前にバタバタすると思わぬトラブルがあったり、自分自身の余裕がなくなってしまうと当日のコンディションにも響いてきてしまうと思うので、早すぎる?と思うくらいの準備をおすすめします!笑