aw_03_17さんのアイコン画像

aw_03_17

私たちが式場を決める上で重視したのは『お料理が美味しい事』でした。
ブリーズレイ・プライベートテラスはお料理が本当に美味しくて、絶対皆にも食べてもらいたい!と旦那さんと意気投合しました。どのお料理にも素材へのこだわりがあり、新鮮な感覚を得られるものばかりでした。
さらに決め手となったのは、スタッフ皆さんの熱意やチームワークの良さと、「一緒に特別な1日を作りあげたい」という気持ちが伺えた事です。この方たちならきっと同じ目線で共にいい一日を作り上げていけそうだと思える対応と組織づくりがありました。
もちろんおしゃれな空間、貸し切りというポイントもあるのですが、結婚式は人と人との繋がりで成り立つものだと考えていたので、スタッフ皆様の人柄は料理と並んで大きな決め手になりました。

当日はガーデン挙式など外でのイベントが多かったため、天気がとても重要でした。当日は早朝起きると雨模様。式場に向かう車中、ガーデン挙式が出来ないかもと泣きそうになる私を家族みんなが励ましてくれました。
待ってくれていたプランナーさんも『大丈夫です!絶対!晴れます!濡れたベンチも乾きます!』と笑顔で言ってくださり、その手にはタオルが。雨に濡れた挙式で使うベンチを拭いてくれていました。その姿を見ただけでとても救われました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-03-17
ブリーズレイ・プライベートテラス
100人以下

私たちはガーデンで挙式しました。
周りには高い建物がなく見上げると青い空が広がっており、非日常な空間が感じられるのがおすすめポイントです。
私の場合、バージンロードは父との時間を長く持ちたかったので、控室前から歩くよう設定していただきました。
通常チャペルでは人数制限があったり遅れてきたゲストが入場しづらいなどがありますが、ガーデンでは立ち見も大丈夫なので大勢のゲストに見てもらえます。遅れてきた赤ちゃんを抱っこした友人にも、途中から参列してもらえて大変嬉しかったです。
堅苦しいものではなく、アットホームな式にできると思います。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-03-17
ブリーズレイ・プライベートテラス
150人以下

披露宴会場までの空間がバリアフリーになっており、小さい子供やお年寄りでも安心でした。

会場は落ち着いた雰囲気で、壁や床もドレスが映えるように計算されています!高砂から親族席までの距離が遠くない配置にしてあるなど、さまざまな所が新郎新婦やゲスト目線で考えられており、とても感動しました。
高砂の後ろは全面ガラス張りで、光がたくさん入り明るいです。お庭も広く、外でケーキカットやデザートブッフェができ、写真映えします。

コンセプトやこだわったこと

一番のこだわりは、ゲストの皆様に楽しんでいただく事、今までの感謝をしっかりと伝える事でした。
私たちは、結婚式は今まで2人を支えて下さった皆様に感謝する場と考えていたので、ゲストの皆様に喜んでいただくおもてなしを何よりも優先して考えました。

また、「統一感のある落ち着いた大人ナチュラル」をテーマに、挙式から披露宴を通して統一感を出すことにこだわりました。くすんだピンク・グリーン、白、グレーを基調にコーディネートしました。
折角貸し切りなので、ゲストにプライベートな空間を味わっていただきたく、ウェルカムスペースもテイストを揃えて小物や写真立てを集めました。
披露宴でもBGM・ナプキン・テーブルクロス・席札・装花のイメージ等にこだわり、統一感を出しました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
ENZOANI
ショップ
Fiore Bianca

ENZOANIのウェディングドレスです。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
FioreBianca
ショップ
Fiore Bianca

Fiore Biancaのカラードレスです。

SHOES
シューズ

DIANAのシューズです。
ピンクとベージュのレース地でヒールは6㎝です。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

元々眉毛が濃く上り眉なので、やわらかい印象が出るようにお願いしました。まつげは本番4日前にエクステをしたのですが、写真にも映えるようにボリュームを少し多めの140本にしてもらいました。あとはほとんどお任せです。

ヘアは挙式、披露宴、お色直しと3パターンにしてもらいました。
挙式はガーデンでの人前式だったので、シンプルかつナチュラルに全体的に緩やかな雰囲気でまとめました。ウェーブを付け、前髪をセンターで分けたシニヨンスタイルです。
披露宴では、表情がわかるように前髪だけ少しかき上げたスタイルにしました。
お色直しでは、ヘッドアクセを強調したかったので、おでこをだして、アップスタイルにしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式ではナチュラルにシンプルにすっきりとしたかったので、両親からプレゼントしてもらったtasakiのパールのピアスのみです。手袋もネックレスも付けていません。
披露宴では、私らしい大ぶりのTOGA PULLAのタッセルピアスに変更しました。
お色直しのカラードレスでは、ヘッドアクセと合わせてスワロフスキーのピアスに変更しました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

挙式では何も付けていません。
披露宴ではブーケと合わせてグリーンのみをつけました。
お色直しのカラードレスでは、おでこの上に大きなお花のようなモチーフがついたスワロフスキーのカチューシャをつけました。

NAILS
ネイル

職業柄ネイルは禁止なので、チップにしました。
ネイルは、あまり強調するものではなく肌になじむようなものがよかったので、薬指以外の4本はカフェオレ色のようなベージュにして、薬指のみオフホワイトにストーンを乗せました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

グリーンを多くしてもらいました。
ガーデン挙式の会場は、特に要望などはしていなかったのですが、求めていた大人ナチュラルな雰囲気を大切にしてくださっていました。
白いお花とグリーンを基調にし、木製ベンチ・青空との組み合わせが最高でした。

FLOWERS
装花のポイント

少しアンティーク調にしたかったので、ブルーグレーのテーブルクロスに合わせて、グリーンの中にくすんだピンクとホワイトのお花を少し入れてもらいました。
ゲストテーブルには小瓶、洋書、切り株を合わせて装飾しました。メインテーブルには流木、キャンドルなども置きました。小物の置き方もセンス抜群でした。
当日は打ち合わせで決めた1つひとつが組み合わさって形になっている事にとても感動し、『本当におしゃれ!』『センスがいい!』と好評で、妥協せずにこだわってよかったなと思いました。

FOOD
お料理のこだわり

お料理はこの式場を選んだ理由と言っても過言ではないくらい、ブリーズレイ・プライベートテラスのお料理はどれも本当に美味しいです。
焼きたてのパンが食べられるのですが、試食会では、パンと一緒に食べると美味しいソースが添えてあるお料理があったり、お肉料理のソースには和を取り入れてあるなど工夫が凝らされていました。
ゲストの皆さんにもその新鮮な味をお届けしたく、シェフと相談しながらそれぞれの品を組み合わせてコースにしていきました。
コース料理は決められたパターンではなく、それぞれ組み合わせができるのがとてもよかったです。
お庭でのデザートブッフェも好評でした。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

2段でオレンジ・ブルーベリー・ローズマリーをデコレーションしたウェディングケーキです。
ちょっと笑える新郎新婦フィギュアのケーキトッパーを乗せました。
生クリームの塗り方も、綺麗に均一にではなく、無造作な感じにしてもらいました。
キャラメルシロップをかけるカラードリップは好評でした。

WEDDING FAVORS
引出物

イン・ザ・ムードの『ル・スール フリーカップ』をお渡ししました。木箱にゴールドのカリグラフィーでゲストのお名前、中にはそれぞれ異なった色やデザインのカップが入っており、大変喜んでいただきました。私たちも記念に購入しました。
引き出物バッグは、式後も使用できるように小西製作所のトートバッグを外注しました。

PETITE GIFTS
プチギフト

個人的に好きな『彩果の宝石』のフルーツゼリーを用意しました。
3つずつ袋にいれてお渡ししました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

BIJOUPIKOのものです。
V字にウェーブしており、センターにダイヤ、両脇にも2つずつ小さなダイヤが施されているリングです。

WEDDING RING
結婚指輪

LiAngeのものです。
V字にウェーブしており、プラチナと一部ピンクゴールドでできていて、小さなダイヤが6つ並んだリングです。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

一番感動した場面は、挙式の入場でした。
ガーデン挙式では、ピアノと歌の生演奏で入場したのですが、曲はリクエストしていたエルヴィス・コステロの『She』を演奏していただきました。
大切な方々が待つ場所へと向かう、父と共に歩く時間は何ものにも代え難く、素敵な時間でした。
ガーデンには、多くの方々が集まって下さり、2列立ち見が出来てしまうほどでした。自分の大切な方々が笑顔で出迎えてくれて、拍手をしてくれている景色を目の当たりにした瞬間、なんて幸せなんだろう!こんな幸せな事はない!とせっかくのメイクがぐちゃぐちゃになる程大号泣しました。

二人らしさとは

私たちが大事にしている事は、支えて下さっている皆さんに感謝を忘れない事です。
また感謝を伝えると共に、一緒に楽しんでいただきたいという思いは、最初から一致していました。

嬉しかった参加者の反応

式後、皆さんからは『ここまでゲストの事を想ってくれている式は初めて!おもてなしされているという実感があった!』『こんなに楽しい式は初めて!おもしろかった!』『こだわりが伝わってきて楽しめた!』『お料理が美味しすぎた!』など沢山の嬉しいお言葉をいただきました。

私にとって結婚とは

結婚してよかった事は、絶対的な味方がいてくれる安心感があることです。

後悔していること

お色直し後の写真撮影タイムを設けられなかった事です。
お色直し後は、余興、似顔絵ゲーム、そしてデザートブッフェでゲストにケーキを自らサーブしました。
皆さんに楽しんでいただきたくゲームを考え、またお一人お一人とお話ししたい気持ちでケーキのサーブをしましたが、結果的に写真を撮る時間が少なくなってしまいました。
後日、友人からカラードレス姿の時に写真を撮りたかったと言われて初めて気づきました。これが唯一、後悔している事です。

やりたかったけれど諦めたこと

司会をラジオのDJもされている男性の方にお願いしたかったのですが、予算的に厳しく諦めました。
ですが、担当してくださった女性の司会の方も非常にお話しやすく、わくわくするアイデアを出してくださり、とても素敵な方でした。

節約のための工夫

テーブルコーディネートで、席札に添える形でローズマリーなどのグリーンを置きたかったのですが、式場で用意してもらうと一本100円という事でした。
100均にて造花のローズマリーを買い、はさみで1本1本切って人数分を用意し節約しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

一つ一つ悩みながら決定した事が、当日すべて形になっている光景はとても感動します。さらにゲストから反応があると、頑張ってよかったと心から思えます。
準備期間中に彼とぶつかる事もあると思いますが、その道のりも含めての結婚式だと思います。

好きな雰囲気や大まかなイメージはあっても、具体的に言葉で表して伝える事は難しいと思います。気になる雰囲気やコーディネートの写真や資料があれば、プランナーさんにどんどん提示してください。上手く言葉にならなくてもいいと思います。やりたい事、気になる事はなんでも伝えて下さいね!

ブリーズレイ・プライベートテラスでは、ワンダータイムというスタッフ皆さんが集まる会議が定期的に行われています。その際、プランナーさんが中心となり一組の結婚式当日について、よりよいものにしようと意見交換が行われています。このようなチームワークの良さが、当日だけでなく、準備期間中も伺えました。司会の方や演出担当の方もプランナーさんと密に相談して下さっていて、大変心強く、私達と一緒に特別な一日を作ってくれているのだと温かい気持ちになりました。

当日は天候に不安があったのですが、スタッフの皆さん、ヘアメイクさんも『おめでとうございます!』『大丈夫!晴れます!』と笑顔で出迎えてくださり、不安だった気持ちも不思議と解けていきました。
お支度の時「自分のためにヘアメイクさんが早朝から3名もついて、魔法のように綺麗にしてくださる」この状況だけでとても幸せで泣いてしまったのを覚えています。

当日は本当にあっという間に過ぎていきますよ!
ぜひ記録映像を残す事をおすすめします!!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です