卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
BellaVistaSPA&MARINA Onomichi
50人以下

挙式をしたリボンチャペルは、2本の階段がスパイラル状にチャペル全体を覆っているとても特徴的な形をしています。
2本のリボンが寄り添うように、2つの人生の巡り合うことによる「永遠の繋がり」を意味していると聞き、そのチャペルに込められた想いにも共感してこの会場を選びました。

チャペルは内部は木の温もりに溢れ、壁はほぼガラス張りなので、チャペルの中にいてもまるで緑に囲まれているかのような開放感ある空間です。
外からの自然の光がたっぷりと差し込んでくるので、とても明るく暖かみのある挙式ができました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
BellaVistaSPA&MARINA Onomichi
50人以下
エレテギアダイニング

披露宴会場は、チャペルの横にあるエレテギアダイニングという全面ガラス張りのレストラン会場でした。

ここからは瀬戸内海とプールサイドが望め、広い空の景色が会場とが一体になったような、贅沢な空間です。
少人数婚でのみ利用できるとのことで、入られる人数は限られていますが、とても開放感ある造りのおかげで、時間毎の景色の変化を感じながら、ゲストのみなさんにもゆったりとした気持ちで楽しんでいただけました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

瀬戸内海の優雅な景色を楽しみながら、自然の中にいるような結婚式にしようと思いました。装飾なども派手にせず、グリーンとホワイトを基調にシンプルに作り上げようと思いました。
イメージは海外挙式でのガーデンウエディングにあるような、ナチュラルなテイストです。

また披露宴会場に高砂は作らず、私たちもゲストと同じ長テーブルに座ることで、一緒に食事と会話などの時間を楽しめるような空間にしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

このウエディングドレス一着のみで挙式と披露宴をすごしました。ショップは式場の提携であるドゥラローズナカモトさんで、Aラインのドレスを着用しました。

Aラインのドレスの胸元部分はレース使いでかわいらしさを出し、ドレスラインはふわっと軽くシルクが風になびいてとてもきれいに見えました。
バックラインは深いV字型でしたが、チュールが施してあったためあまり露出は気にならず、大人っぽさと可愛さがミックスされたようなドレスでした。

また、この時は妊娠5か月ごろでお腹もすこしだけ出てきていましたが、お腹のラインも目立たず立ち姿も綺麗に見せてくれるところが良かったです。

シューズ

ウエディングシューズはドレスショップのレンタルの物を使用しました。妊娠中だったので、ヒールも3センチと低めのものを使用しました。

ヘアメイクのポイント

ヘアスタイルは大人可愛い感じにまとめてもらうことにしました。編み込みで下目にまとめてもらい、挙式ではティアラを、披露宴では小枝のヘッドアクセサリーを包み込むようにセットしてもらいました。

メイクはアイラインにオレンジを入れてもらい、顔がぱっと明るくなるようにイメージしてメイクをしてもらいました。
目元はナチュラルに仕上げたかったので、自まつ毛です。

アクセサリー

イヤリングなどはドレスショップのレンタルの物を使用しました。顔周りがうるさくならないように、シンプルな小ぶりなものを選びました。

ヘッドアクセサリー

小枝デザインのヘッドアクセサリーを選びました。自然をイメージしたナチュラルウエディングだったのと、キラキラした中にも大人っぽさとかわいらしさがあると思いました。

ネイル

秋の結婚式だったので、ピンク系のくすみカラーで、ポイントで薬指のみキラキラとした小ぶりのストーンを付けてもらいました。
手元は指輪交換などの時に、特にクローズアップされるので、一か所でもポイントを入れてもらったのは良かったと思います。

メインで使った花や装花のテイスト

会場装飾はグリーンとホワイトを基調に作ってもらいました。
披露宴会場では、長テーブルの中央に深い緑色のグリーンを縦ラインに置き、そこに添わせるようにカスミソウなどの白い小花を配置してもらいました。

ブーケもグリーンを基調に、こちらはユーカリなどの淡いグリーンにラベンダーなどの紫をさし色に入れてもらい、シンプルでナチュラルなテイストで作ってもらいました。

装花のポイント

装花のポイントは会場との統一感を出すことです。会場自体が自然に囲まれて、海や山が見える場所だったので、その雰囲気のまま統一感がでるようにグリーンとホワイトん基調に作ってもらいました。
赤や黄色、ピンクなどの色味は入れずに、自然の中にいるような空間を作ることをイメージしました。

フローリスト

式場提携のりらの木さんでお願いしました。当日、ブーケと一緒にお手紙を添えてくださったりと、心遣いの嬉しいショップでした。

お料理のこだわり

親族が多く参加する披露宴だったので、中年世代でも口に合うことと食べやすさを試食してきめました。地元瀬戸内の食材が使ってあるメニューもここの会場にしてよかったと思う点です。

ウェディングケーキ

3段のネイキッドケーキをつくってもらいました。
会場が瀬戸内海に面しているので、瀬戸内名産のレモンを飾ってもらいました。シンプルにレモンとローズマリーといったナチュラルなテイストでケーキも作成してもらいました。

引出物

荷物になるといけないので、カタログギフトにしました。最近ではネットから注文できるかたちのカタログギフトもあり、そちらの方が荷物にはなりにくいと思いましたが、中年のゲストも多かったのでbookタイプのものを選びました。内容は、こだわりの逸品や日本の名産品が集まっている形式のもので選びました。

プチギフト

レモンキャンディーをくばりました。ネットで注文しました。包装がナチュラルな感じで結婚式の雰囲気にもあっていたと思います。

婚約指輪

中央にダイヤがあしらってあるシンプルなものです。

結婚指輪

プラチナでシンプルなものを選びました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式で母にベールダウンをしてもらった時、母の笑顔をみていろんな感情があふれてバージンロードを歩く時から泣いてしまいました。

これから式が始まるとともに、私たち夫婦の決意表明や人生も始まるんだと思ったり、家族で過ごした思い出が溢れてきて、そして母の嬉しそうな笑顔をみて気持ちが溢れたのだろうなと思います。

二人らしさとは

2人で自然に笑顔になれるような空気を持つことだと思います。二人でリラックスできる時間をもつこと、思ったことはちゃんと聞いたり話したりする時間を持つことが大事にしていることです。

嬉しかった参加者の反応

こんな景色の良い場所でゆっくりと楽しい時間を過ごすことができてよかった、とか、披露宴の時、私は友人たちと向かい合って座っていたので友人からは「いつもの女子会みたいでほんと楽しかった」と言ってもらえました。

その光景を見ていた母から「あなたが友達とあんな風に楽しそうにしている姿をみることないから、それもあの会場で良かったと思ったよ」と言ってもらえました。

私にとって結婚とは

一緒に人生を歩んでいくと決めることです。結婚するまでもしてからも、付き合いや決まり事などいろんな出来事がありますが、それを一緒に考えて進めていくこと決めていくこと、これは結婚しないとできないことだと思いました。

後悔していること

挙式、披露宴ととてもいい写真がたくさんあったのですが、友人と二人で撮ってほしいショットなどもあったのでそれを指定しておけばよかったなと思いました。

節約のための工夫

自分立ちで作れるものはDIYしました。ウェルカムスペースでいうと、ウェルカムボード、受付サイン、ウェディングツリーなども手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

プレ花嫁期間はあっという間です。式が近づくまでは実感がわかず、準備も何をすれば迷うことが多いと思いますが、どんな式にしたいかのイメージをしっかり固めて、それを自分たちらしくアレンジしていくのも楽しいです。

思っていたことのすべてが出来なくてもいいと割り切ること、そして自分たちでできるオリジナルってどんなことか考えることが、後々よい思い出になると思います。