卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
日枝神社
100人以下

日枝神社での和装挙式を行いました。
アクセス抜群の立地、伝統のある神社での大変厳かな挙式、鳥居など後撮りスポットもあります。

海外からのゲストは、日本の伝統的な挙式を楽しんでもらえましたし、神殿内は通常立ち入り禁止ですので、日本人ゲストも喜んでいました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ひらまつレゼルヴ
100人以下

・ひらまつ系列のレストランなので、ご飯が美味しい。
・地下から3階まで、全部1日貸し切りでの使用が可能。
・家具が全て素敵
・持ち込み料なし
・スタッフさんが、社員さんなので、サーブもきちんとしている。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

新郎新婦と、ゲストの距離が近い結婚式!
日仏ゲストみんなが参加できるように、三カ国語での司会、間延びしないような工夫もしました。
ゲストにいかに楽しんでもらえるか、いかに通常の日本の披露宴と違うことができるかを、念頭におきました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

お着物:オーセンティックさん

白いドレスを着用予定だったので、白無垢ではなく、色打ち掛けにしました。
日本らしい和柄(鶴など)、伝統を重んじるスタイルを選びつつ、レストランの雰囲気にも合うよう、淡い桃色を選びました。

自己満足にはなってしまいますが、間の襟も、鶴が入ったものをチョイス。
色打ち掛けは、やはり赤やオレンジ色が多いので、中々淡い色で、かつ気にいるデザインの色打ち掛けに出会うのは大変でした。
オーセンティックの担当の方が、根気強く探してくださり、大変感謝でした。

スタイル
色打掛
ドレス 2着目

披露宴ドレス:母が結婚式で着用したドレスをリメイク。

母が、自身の結婚式で着用した、総レースのドレスを大切にとっていてくれたので、それをリメイクしました。
表参道にあるドレス屋さんと相談を重ね、パフスリーブなどをとり、少しオフショルダーになるドレスにかえていただきました。
クラシカルなデザインがよかったので、それ以上は何も変えず、後ろにくるみボタンをつけていただきました。

ドレス 3着目

二次会ドレス
Jenny Pakham Jolene / Marchesaの姉妹ブランド

二次会でドレスを変えることは中々少ないですが、せっかく両方もっていたので、ゲストに楽しんでいただきたく、変えました!
後から考えたら、ジョリーンだけでもよかったかなとは思っています。
憧れのJoleneドレスは、やはりとても可愛かったです!
マルケーサのドレスは、ボリュームがあってキラキラなので可愛いです。

シューズ

Jimmy Choo

白いサテンにビジュー。
最初はドレスの長さ的に、12cmを探していましたが中々見つからず。
10cmでしたがこれに出会えたので、ドレスを調整しました!

ヘアメイクのポイント

和装
地毛での新日本髪です。
おでこを出すかは迷っていたのですが、ドレスの雰囲気とすごく変えることができたので、結論としては出してよかったです!
ヘアメイクさんがとても上手で、神社の方にも、近年まれに見る素敵な日本髪と言っていただけたそうです。

披露宴
下の方でのお団子。
クラシカルにしたかったので、ティアラに合うまとめ髪に。
後れ毛なども出さないようにお願いしました。

二次会
ポニーテールのダウンスタイル。
披露宴と雰囲気を変えたかったのと、ジョリーンにあう髪型を考えました。

アクセサリー

和装は、新日本髪に生のお花をたくさんつけていただきました。
色打ち掛けは大きいので、頭にボリュームがあったほうが良いようです!

披露宴は、ティアラ、ビジューのイヤリングです。
シンプルに潔く行きたかったので、ネックレスなどもつけませんでした。
パールをつけるかは迷いました。

二次会
パールビジューのイヤリングを、Grace Continentalで購入しました。

ヘッドアクセサリー

アクセサリーの項目に記載しています。

ネイル

ジョリーンのドレスにあう、星ネイルです!
ネイリストさんと何度も打ち合わせをしました。
和装を邪魔しないように、ゴテゴテにはしていません。
クラシカルは忘れず。
結局ネイルは目立たないので、自己満ですが。笑

メインで使った花や装花のテイスト

お花は、アンダンテさんが装花してくださいました。
当初は提携ではなかったのですが、私のイメージを叶えるべく、ウェディングプランナーさんがご紹介くださりました。
ペオニーがよかったのですが、時期的に使えず。
似たようなお花をはじめ、イメージカラーのライトグリーン、ライトピンク、白でお願いし、自身が好みではないお花や葉のイメージを、アンダンテさんとすり合わせて、他はお任せしました。

装花のポイント

装花の値段はあがってしまいましたが、ソファ高砂の周りを花で埋め尽くしました。
ラウンドの花器を使ってくださりました。
写真も高砂で撮るので、印象に残る部分だと思います。

フローリスト

アトリエアンダンテ
代表 田口セツコさん

お料理のこだわり

舌が肥えたゲストが多いので、ご飯はトッププライオリティでした。
なので、ひらまつ系列のレストランを選択。
レゼルヴの、スペシャリテのフォアグラのキャベツ包みは、もちろんコースに入れていただきました。

個人的に、ウェディングケーキのお裾分けは多すぎると思うのでなしにし、時期にあったモンブランをデザートにしました。
ほうじ茶のアイスクリームを添えて、日本らしさも忘れずに。
牛でもよかったのですが、せっかくなので、いつもと違う感じにするために、鴨をチョイスしました。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキカットの時間がムダ!
ゲストは見たくないでしょ!と思い、当初やる予定がなかったのですが、やはり写真が欲しいかもと思い、やることにしました。
一からデザインを考え、パティシエさんと相談させていただきました。
キラキラとお花のケーキです。
ケーキバイトがこそばゆかったので、ケーキバイトはせず、キッズバイトと称して、子供たちに食べさせてあげました。

引出物

インザムードさんのお湯呑みにしました。
インスタで見かけてから、和のものではあるけれど、色合いがとても可愛く、フランスからのゲストにも喜んでもらえるのではと思いました。
桐の箱が名札にもなり、一斉に開けることで、一つのコンテンツにもなりました。

お菓子はひらまつのお菓子を入れました。
ウェディングのときにのみ、手に入れられるお品のようです。
贈り分けはせず、後日内祝いをお送りしました。

プチギフト

福砂屋のキュービックカステラに、オリジナルでシールをつけました。

婚約指輪

お知り合いの、ダイヤ商の方のところでダイヤを選ばせていただき、デザインは自身で考えオーダーしました。

結婚指輪

Van Cleef & Arpelの、シンプルなものにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

大親友のスピーチです。
親友の結婚式で私がスピーチを行い、今度は私の結婚式で親友にスピーチをしてもらえました。
スピーチと共に流してくれたビデオメッセージは、涙でうまく見えませんでした。

お世話になっている、仲良しの先輩がしてくださった乾杯のスピーチでも号泣でした。

二人らしさとは

国際性豊かに、お互いの文化を尊重し合い、色々なバックグラウンドをもち、みんなに楽しんでもらえることです。

嬉しかった参加者の反応

・本当に楽しくて、心温まる時期だった!
・お互いの文化が融合されていて、これまでにない式だった!

私にとって結婚とは

子供ができるまでは、結婚をしてもしなくてもそこまで変わらないかな、とは思います。
お互い独立しているべきですし、お互いを尊重し合うことはとても大切です。
ですが、一心同体というか、いつも一緒にいられる、信頼できる相手がいてくれる、というのはとても幸せなことだな、と感じます。

後悔していること

・ケーキカットのときに、脇をしめてしまい、二の腕がとても太く写真に写っていること!
・神社挙式の流れをよくわかっておらず、集合に関する情報を、きちんと伝えきれなかったこと。

節約のための工夫

節約をしようと思ったわけではないですが、プロフィールブックにこだわりたく、自分で一から作り、自分で印刷のオーダーなども行ったので、もしかしたら節約になったかもしれません。

また、レゼルヴさんが持ち込み料基本なし、というのはとてもありがたかったです。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

インスタなどで、たくさん情報が手に入る世の中なので、色々読み込んで、参考にすると良いと思います。
ですが、インスタ花嫁さんのいうことや、インスタ花嫁さんがやっていることを鵜呑みにせず、自分の家族や大好きな方々、ゲストを第一に考えた結婚式が一番だと思います。

旦那様のことも思いやり、力をあわせて、楽しい式を作り上げてください♪