卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
芦屋モノリス
150人以下

式場自体はレトロモダンな建築ですが、チャペルは開放感と自然光、白と木を基調としたチャペルで雰囲気がガラッと違います。待合室、披露宴会場からチャペルまでの動線が短いのも楽でした。
自然の光と目の前は水が流れているためとても爽やかなチャペルでとても好きです。
全面ガラス張りなので、入場する姿をゲストに最初から見られてしまいますが、このガラス張りなのが開放感のある空間を作り出していると思います。
私は幸い天気は晴れでしたが、雨でも明るいチャペルだそうで天気に左右されないそうです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
芦屋モノリス
150人以下

レトロモダンな建築であること、国登録有形文化財であることからいつまでも残る結婚式場であることが魅力的でした。
披露宴会場は長方形に広い会場で100人くらいのゲストでものびのびと座っていただけました。
テーブルは6人掛けとホテルより人数が少なくテーブルメンバーを考えるのは大変でしたが、ゲストの方からはメンバーとの距離感がちょうど良かったと好評でした。
会場入場した際に天井が鏡張りでそこに移るシャンデリアがとても綺麗です。
天井の鏡が素敵なのでゲストの方も気づいてたくさん写真を撮ってました。
高砂席には黒い柱があり、他の卒花さんたちの写真を見てなんだか暗い印象を持ったので、タペストリーで隠しました。
タペストリーの飾り付けと高砂席のお花とのバランスが最高でフローリストの方のセンスに脱帽です。
スクリーンが二箇所から出てくるのもムービーをしっかり見てもらうには良かったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

とにかく芦屋モノリス内で1番素敵だったと言われるくらいのお洒落な結婚式がしたいという野望がありました。
ノバレーゼ系列で人気なのはやはりジェームス邸で、ジェームス邸はメディアやSNSで取り上げられることも多くおしゃれな花嫁の方々のインスタも多かったので、負けないような新しいことをたくさんしたいと思いました。
こだわったポイント
挙式は参加型にしたこと →ゲストの方々にも挙式に参加して欲しかったのでダーズンフラワーセレモニーをしました。12の花の言葉に合ったゲストの方々にも代表してお花をバージンロード歩いて届けてもらうセレモニーにしたことが挙式の中でアットホーム感が生まれてすごく良かったです。
ウェルカムスペース →ウェルカムスペースはシンプルにお洒落な空間を目指しました。
元々の建物が素敵だったのでなるべく雰囲気にあったものを考えました。
ウェルカムボードは特にこだわり、インスタグラムで色んな花嫁さまのものを参考にし、広島にあります@plobrancoさんにお願いしました。
めちゃくちゃ可愛くて大満足でした。
あと、エスコートカードを設置し、そこに ゲストの方々へのメッセージを書きました。
エスコートカードはまだそんなにみんなが体験していない演出だったことから珍しがられました。
テーブルコーディネート →席札はゲストの人が喜んで持って帰ってもらえるようにコラベルタイルの席札にしました。
カリグラフィーでローマ字で名前を書いてもらいオーダーしました。
正方形でテーブルに飾りたかったため、プロフィールブックは色味や形にこだわりました。
タイル席札、プロフィールブック、トーションフラワーがとても相性が抜群で可愛かったです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

シンプルだからこその洗練された上品さ、使いたかったアクセサリーとの相性が決め手でした。
デコルテラインが綺麗に見えるのも良かったです。

ブランド
キャロリーナ ヘレナ
ショップ
THE TREAT DRESSING
ドレス 2着目

チマチョゴリ/ブライダルクムガン
伝統衣装としてお色直しはチマチョゴリにしました。 自分に似合う色や刺繍でオーダーしたため、刺繍の繊細さや夏らしく爽やかなパステルカラーがとても気に入っています。

シューズ

ウェディングシューズは前撮り用にジミーチュウのホワイトゴールドのラメのシューズを買いました。
前撮り用で買い、当日はトリートドレッシングで借りた15センチヒールだったため履いてはいませんが会場でたくさん写真を撮ってもらいました。

ヘアメイクのポイント

ヘアチェンジを三回しました。
挙式→ボブスタイル
披露宴→ポニーテール →アップスタイル
挙式にアップスタイルやシニヨンをされてる方が多いのでボブスタイルにしたことで新鮮な感じでした!

アクセサリー

挙式→イヤリング(パール)
披露宴→イヤーカフ(レラローズ) →イヤリング(ジェニファーベア)
衣装替えに合わせて選びました。

ヘッドアクセサリー

挙式・披露宴では白のお花のボンネットをつけました。
レラローズのイヤーカフと繋がっているようなヘッドアクセとなり可愛かったです。
チマチョゴリの際はドライフラワーやブリザードフラワーにしました。

ネイル

ネイルはくすみブルーにしました。
ブルーのものを身につけると良いというジンクスを意識しました。

メインで使った花や装花のテイスト

お花はとにかくくすみ系で白やグリーン、ピンク、パープルなどの色味のお花にしました。
イヤーカフのお花(バラ)と同じようなお花も含めてくれていました。
フローリストさんは芦屋モノリス提携のvresetroseさんで担当は渡邊さんという方でした。
私のイメージを5倍、10倍に膨らませて提案してくれるフローリストさんで本当に打ち合わせが楽しく信頼できました。

装花のポイント

金額はアップしない程度にとにかく盛ってほしいとお願いしました。

フローリスト

vresetrose 渡邊さんです。

お料理のこだわり

試食会で食べて美味しかったコースを選びました。
特にみんながたのしみにしているお肉料理はランクを上げてソースやフォアグラなどが乗ったものを選びました。
デザートはデザートビュッフェにしました。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキは好きなフルーツが乗ったシーズン限定のケーキにしました。
夏婚だったので、メインフルーツはシャインマスカットと葡萄でした。

引出物

親族/kinariフラワーシェイプ皿
北海道リッチミルクバームクーヘン
友人/miyamaクラフトペアパン皿 /タイムレスオリジナル ショコラフィグ
上司/清水焼 金彩ペアカップ /ピエールエルメ ケークアンフィニマンシトロン /お茶漬けモナカ

相手に合わせて選びました。

プチギフト

スワンサイダー(タイムレス)です。

婚約指輪

アフラックスの「彩」です。

結婚指輪

ヴァンクリーフです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新郎の今までお世話になってきた方々と自分のゲストが集まる空間自体に感動し、お互いにどれだけの人たちに愛されていたかということを感じた一日でした。
特に新郎の友人たちへのメッセージが素敵で仲間の絆を感じました。

二人らしさとは

2人が好きなことを最優先することです。

嬉しかった参加者の反応

こんなにおもてなしが行き届いている結婚式は初めてと、元プランナーをしていた上司に言われてとても嬉しかったです。
ご飯が美味しかった、新郎新婦と存分に楽しめたの声が多かったです。

私にとって結婚とは

大切なパートナーと家族になり家族を作ることだと思います。

後悔していること

当日気を張りすぎて全然ご飯が食べれなかったことです。

やりたかったけれど諦めたこと

なし

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

やりたいことをしっかり見つけ出すこと!
新郎とよく話し合うことです!