kumasapuroOoさんのアイコン画像

kumasapuroOo

テーマは◎「えん」
「円」の的を狙う弓道で出会った2人が、6年間の「遠」距離恋愛を経て結婚することを、ご「縁」があった方々に、感謝とともに伝える会にしたいと思いました。
お祝いをしてもらうというよりは、ゲストの方々をおもてなしして楽しんでもらい、今までの感謝を伝えることを大事にしました。

式場もドレスショップも全て、対応してくれたスタッフさんの人柄に惹かれ決定しましたが、結果的に大正解でした!
中でも、式場見学で対応してくださったプランナーさんは人柄も良く丁寧でとても魅力的な方で 「この人と一緒に自分たちの結婚式を作っていきたい」と感じました。もしスタッフさんの異動があったら異動先の会場に変更しようと思っていたほど、とても頼りになりました!

挙式当日、プランナーさんとの写真撮影のタイミングで花束のサプライズを行い、それにあわせて今までの感謝を伝えることができました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-11-03
THE ORIENTAL TERRACE
70人以下

佐鳴湖が一望できるレイクビューはおすすめです。
全体的に木の温かみのある雰囲気で、開放感あるチャペルは自然光がたくさん入り、ゲストの方からも好評でした。
壇上の窓からたくさんの緑が見えるため、装花がなくても寂しい雰囲気にならず、装花代も節約できるのがよかったです。

チャペルの横から外に出ることができるので、プール横を通りガーデンに移動し、緑に囲まれながらスターシャワーを行いました。
動線もスムーズで、つわり中の自分にはとてもありがたく、ウェディングドレスのときに様々な背景で写真を残せたのも嬉しかったです。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-11-03
THE ORIENTAL TERRACE
100人以下

歴史を感じさせつつも、モダンな雰囲気です!
150年の伝統がありつつも、おしゃれな雰囲気で、和装洋装どちらにも合うと思います。

披露宴会場は “ザ・ギャラリア” で行いました。
天井には世界遺産の建造物にも施されている「二重折上げ格天井」を設え、京都の二条城の天井のような形をしていて、寺社仏閣好きにはたまりません。
他にはない会場での披露宴はゲストの方からも好評でした。

自分ちの式では使いませんでしたが、オープンキッチンが備わっており、目の前でお料理が作られるのを楽しみながら食べるのも良いと思いました。

コンセプトやこだわったこと

たくさん手作りのものを取り入れました!
・小さな弓道の的に2本矢が刺さった形のリングピロー
・新郎側実家の和菓子屋さんにお願いした弓道モチーフのケーキ
・ケーキ入刀ではなく飾り矢を的に刺すケーキ礼射
・ウェルカムスペースに弓矢や、手作りの袴を着たオリエンタルテラスのテディベアを飾る
・持ち込みフォトプロップス
・手作り結婚証明書
などなど

また、披露宴はゲストの方にたくさん笑ってもらえるようなカジュアルな雰囲気にしたかったので、新郎新婦が弓道の袴に蝶ネクタイをつけてコント調に仕上げたオープニングムービーを流しました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

MODE et LECIELの“ノーチェ”
コードレースの総レースドレスで、腰から質感の異なる長いトレーンが広がるものです。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

MODE et LECIELの“LEAF”です。
淡いサーモンピンクのAラインドレスで、肌馴染みが良い色味で細見えするものを選びました。

SHOES
シューズ

12cmヒールのものを選びました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ウェディングドレスは低い位置でシニヨンのようにまとめ、カラードレスではハーフアップのようなポニーテールのような、長さを出したものにしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

ウェディングドレスの時は、ベールをしているときは小ぶりのパール系、外しているときは揺れるパール系のものをつけました。
カラードレスではブーケに合わせたドライフラワーのものにチェンジしました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ウェディングドレスにはチュール付コサージュを、カラードレスにはブーケに合わせたドライフラワーのものを用意しました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

パンパスグラスを入れてほしいことだけ伝え、グリーンベースで柔らかい雰囲気にしてもらいました。

FLOWERS
装花のポイント

好みの写真を何枚かお見せして、フローリストさんにお任せしました。
あやふやなイメージを伝えただけで、素敵なものを完成させていただけてびっくりしました。

FLORIST
フローリスト

DESIGNER’S FLOWER A-iにお願いしました。

FOOD
お料理のこだわり

今まで食べた会場のどこよりもおいしいです!
デフォルトにある複数のコース料理を組み合わせて選びましたが、静岡らしさを出すためメニューにはないうなぎの炊き込みご飯を入れてもらいました。そのためメインのお肉料理は醤油ベースに変えるなど、細かいところまでこだわってくださいました。

変更した料理は後日試食させてもらうことができます。納得のいくものをゲストの方々に提供できるように、料理長さんが一緒になって考えてくださいました。

スープはワインボトルに入っており、大勢のスタッフさんが各テーブルに注ぎに回ってくだったのでゲストの方からも驚きの声があがりました。
他にも見た目がデザートに見える料理が出てきたり、ガラスドームをあけたらスモークが上がるものなど、ちょっとしたサプライズ感を楽しんでもらえるお料理でした!

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

新郎の実家が和菓子屋なので、新郎父に弓道モチーフのものを作ってもらいました!

WEDDING FAVORS
引出物

年齢層や関係性によりカタログギフトを変えました。

PETITE GIFTS
プチギフト

静岡や新郎実家の和菓子屋の名前から、富士山型の飴を用意しました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

新郎父の知人のジュエリーショップに依頼しました。
メインのダイヤモンドはもちろん、横の宝石の色や爪の形などオーダーメイドです!

WEDDING RING
結婚指輪

ピンクベージュのウェーブ型のものを選びました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

新郎からのサプライズの手紙と、170cm特大テディベアのプレゼントです。

二人らしさとは

「笑顔でいること」と「相手の大切な人を大切にすること」です!

嬉しかった参加者の反応

・料理がおいしかった
・手作り小物が凝っていた
・なかなか会えない友人たちと再会できた
・サプライズの演出がよかった
・あったかい時間だった
・ふたりらしい式だった
・たくさん笑った
・二人とも良い友人がたくさんいることがわかった
・新郎父へのサンクスバイトに感動した

などなど、嬉しいコメントを沢山いただきました♡

私にとって結婚とは

相手の笑顔を一生近くで見られることです。

後悔していること

体調万全で臨みたかったです。

節約のための工夫

自作でスターシャワーを用意したり、会場自体が華やかだったのでチャペルの壇上装花はやめたこと、そしてケーキを持ち込みしたことです。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

スタッフさんの人柄、お料理、会場、全てに大満足でした!

私は結婚式にお呼ばれすることはとても嬉しく感じていましたが、自分がお呼びする側となると、遠方から呼んでもいいのか、お祝いしてもらうのが申し訳ないなど消極的になってしまうことがありました。
プランナーさんとも相談し、みなさんに「今までありがとう!これからもよろしく!」と伝える時間にしようと決めてからは、自分たちも楽しんで準備を進めることができました!

結婚式当日は妊娠4か月で、毎日点滴をしていた時期でした。当日も何度も席を立ってトイレに駆け込みましたが、アテンドさんをはじめ、スタッフの方が連携してくださり、ゲストの方々に気を遣わせないように、進行に問題がないようにとたくさんの配慮をしていただきました。
当日気持ちが悪くてドリンク1杯すら飲めない中「笑顔を絶やしてはいけない!」と気を張っていましたが、アテンドさんたちの声掛けがあったから乗り切れたと思います。

また、テーマである「えん」に合わせ、弓道モチーフを多く取り入れたのですが、導入のテーマ・リングピロー・ケーキ礼射など、弓道未経験の方にはわかりづらいかもと不安に思っていました。しかし、司会の方の的確な進行のお陰でゲストのみなさんと共有することができました。打ち合わせの際にも「こうしたらもっと素敵な形になる!」とプロのアドバイスをくださり、当日は大満足の司会をしてくださいました。
ゲストの方のボルテージは司会者さんが引っ張ってくれるのだと体感し、みなさんにたくさん笑ってもらえたのは司会者さんのおかげだったと思います。
個人的に、司会者さんがネイルまで弓道モチーフのものにして来てくれたこともとても嬉しかったです。

披露宴で流すBGMはある程度長めに用意してきたつもりですが、準備していた曲だけでは足りなかったようでした。しかし、同じアーティストの結婚式に合った曲を臨機応変に違和感なくつなげてくださっていました。

打ち合わせ時や結婚式後に遊びに行った際も、担当スタッフさん以外でも顔と名前を覚えてくれていて、いつも声をかけてくださるアットホームな雰囲気が大好きです。

これ以外にも、書ききれないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです! “結婚式が終わったらおしまい” というわけではなく、今後も何度でも帰りたい特別な場所になりました。

これから結婚式を迎えるみなさんには、結婚式も準備もとにかく楽しむことをおすすめします!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です