卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
the garden oriental Osaka
100人以下

ガラス貼りのチャペルに球体ガラスのライトが綺麗です。扉を開くと庭の緑が綺麗に映え、自然光で更に幻想的な空間になりました。
天候や季節で雰囲気も変わると思いますが、どんな時も綺麗で神秘的な空間になります!夜に伺ったときも、ライトの光が綺麗でロマンチックな印象でした!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
the garden oriental Osaka
100人以下

高砂は一般的なものやソファ、チェアを選べますし、装花イメージもこちらのイメージをアレンジして提案してくださり、想像以上に素敵でした。
私たちはソファにしましたが、ドレスも綺麗にみえて、来てくださった方とも近い距離でゆっくり話せてよかったです。

お色直しは中庭から入場。サプライズ感があり、庭も綺麗で良かったです。天井も高く開放的。歴史ある建物で重厚感もありお洒落です。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

welcomeBoxや席次ボード、Table No.など全て手作りしました。アクリルや花のテイストなど統一してナチュラルでお洒落な空間をイメージにしました。
前撮り写真がお気に入りだったので、壁に貼る形で装飾しました。

式全体の流れとしては、硬くならずちょっと笑える進行に。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

マーメイドラインで、デコルテやバックスタイルが綺麗で、総レースがとても良いと思い即決しました。
刺繍が本当に繊細で光に当たるとより際立つので、チャペルとの相性も抜群に良かったです。

ショップ
THE TREAT DRESSING
ドレス 2着目

レララーズ

お色直しもウエディングドレスと決めていました。
トロミ素材の生地感と腕のラインにパールがあしらわれていて品のあるドレスです。
前から見るとシンプルだけど、バックオープンでお尻上まで開いた形で他にはないお洒落。

お色直しでテーブル周りを歩いたのでどの方向から見ても綺麗にみえるドレスで良かったです。

ショップ
THE TREAT DRESSING
シューズ

ルブタンにしました。
透明の素材と白い紐で足首まで綺麗みえる形で、フェザーもついていたので、品がありつつ可愛いヒールに。裏面の赤が歩くと見えて良いアクセントになりました。

ヘアメイクのポイント

挙式は緩めシニョンで柔らかい可愛い雰囲気に。
ドレスとブーケと合わせてメイクも主張しすぎず柔らかいイメージで。お色直し後はオールバックでフィッシュボーンに。

メイクもパキッと決まるよう口紅は赤で。主人の制服も意識してクールにカッコよく。1着目とメリハリをつけました。

アクセサリー

1着目は小ぶりで光に当たると光るものを。控えめに可愛く。ドレスがメインになるよう合わせました。
2着目は大ぶりのピアスのみで存在感をだしました。

ヘッドアクセサリー

髪型やメイク、ドレスとのバランスを考え、つけませんでした。

ネイル

装花と合わせ、クリアベースにオレンジ、ピスタチオ、シルバーを合わせ馴染むものに。

メインで使った花や装花のテイスト

モダンサファリをコンセプトに、くすみグリーンとtanned orange、sand collarをイメージカラーにして、胡蝶蘭やアンスリウム、ドライ系グリーンをメインに使用。ソファー横にアシンメトリーに置きました。

装花のポイント

可愛くなりすぎずお洒落にカッコ良く。
ボリュームは出しつつ、ソファで話したり写真が撮りやすいよう飾り付けにこだわりました。

フローリスト

日比谷花壇 伊藤さん

お料理のこだわり

special feelingのコース。
ガーデンオリエンタルのフォアグラ寿司は外せませんでした。サーロインやオマール海老など全て美味しく、上司の方々にも喜んでもらえるコースに。
one presentのカレーパンも好評でした!

ウェディングケーキ

シンプルなものをイメージして一段でと思っていましたが、お手本バイトをしたかったので、3段でないと難しいと。 生クリームの塗り方でアレンジしてもらいつつ、飾りは装花に合わせてシンプルにと依頼。殆どお任せしました!

引出物

女性にはPlan do seeオリジナルのドライベリーウィッチとセレクトカタログ、男性には和三盆バームクーヘンとカタログギフト、上司には鯛と蟹めしなどのセットもプラスしました。

プチギフト

会場オリジナルのキャロットケーキ

婚約指輪

ブシュロン

結婚指輪

ブシュロン

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

両親への手紙。
私はもちろんですが、新郎からの母への感謝状は笑いと涙に溢れました。

笑いを交えたエピソードもありつつ、今までの感謝を伝えている姿をみて、家族を本当に大事にしている人で、これからの私たちも暖かい家族になるんだと確信できました。

二人らしさとは

気取らずカッコつけず(カッコつけれず)ちょっと笑いを欲しがる貪欲さです。嫌なことも笑いにする事、小さなのことでもありがとうと感謝する事を常に意識しているので、ずっと笑いに包まれていたと思います。

旦那さんがイジられキャラなので、そんな旦那さんの空気感そのものが私たちらしさになっていると思います、、

嬉しかった参加者の反応

父が作ってくれたウェルカムボックスなど、アイテムがお洒落だと褒めてもらえた事。
料理が美味しかったと喜んでもらえた事。
家族にいろいろと参加してもらい、親族が楽しんでくれた事。
新郎側の余興が飛び抜けて面白く、今までで1番面白い結婚式だったと言ってもらえたこと。
スタッフの方々の対応が良かった、式場が素敵だと褒めてもらえたこと。

とても嬉しかったです。

私にとって結婚とは

いろんな感情を共有できる存在ができること。
家族が増えたり、守りたいものが多くなるので、頑張らないとって良い刺激になること。

後悔していること

ペーパーアイテムなどもっと前から準備を始めて、凝ったものにすれば良かった。式前の準備中の写真など、もっと思い出として残しとけば良かったです。

節約のための工夫

ペーパーアイテムとオープニングムービー、プロフィールムービーは手作りしました。注文するよりかなり安くすみました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

優先順位をつけて、譲れないことは多少お金がかかってもやっておくべきです。
式中の写真やビデオは予算がかさみますが、無理をしても業者さんに頼むことをお勧めします。 後から何度も見直したくなるくらい、素敵に納めてくれています!