卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

ma_wd_20190503

ma_wd_20190503さんのプロフィール写真
自分たちの結婚式をずっと覚えていてほしいなんて思わない。その瞬間「お〜!!!!!」と思ってもらえればそれで幸せ。という思いからインパクト(サプライズ性)があるものにしたいと思っていました。

そして、今の私たちはゲストあってこそ。今までの感謝を表現・伝えられる式にしたいという思いから「Thanks & Surprise」をコンセプトにしました。

テーマカラーは、披露宴会場に合わせてNavy×Goldにして、は招待状からゲストテーブル、お車代封筒まで統一感が出せたと思います。
茨城県 / つくば駅
ディアステージつくばフォレストテラス

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ディアステージつくばフォレストテラス
100人以下

白を基調としたチャペルは、ゲストとの距離が近く、装花も無料のもので十分素敵でした。
祭壇のすりガラス窓から降り注ぐ光もとても綺麗ですし、チャペルの外装もとってもお洒落なので写真に残せて良かったです。

チャペルの造りにはすべて意味があってそれを聞くと感動します。その時聞いた「祭壇から新郎新婦だけに見える窓からの空」を当日見た時は、見学からの日々を思い出し特別な気持ちになりました。見学される方はぜひ聞いてほしいです。

入場は、父とのバージンロード前にも、チャペルの外からエターナルロードを母と歩くので、両親共に挙式での思い出ができたと喜んでくれました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ディアステージつくばフォレストテラス
100人以下

高砂の後ろにあるゴールドの大きな壁が高級感あってとても気に入っています。壁一面の迫力あるプロジェクションマッピングとアメージングスクリーンを連動させた再入場は、予想を裏切る最高のサプライズ登場になったと思います。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

所々にサプライズを取り入れました。
人前式では、誓いの言葉をお互いの友人から問い掛けてもらいましたが、アナウンスなくいきなり始まる形式に。クロージングキスも見れた人と見れなかった人がいて話題になって良かったです。

新郎の誕生日が翌週だったので、サプライズでお祝いしました。新郎側の友人の連絡先を知らなかったので、招待状にコソコソ依頼のメモを入れたり、ばれないように小物をDIYしたり、一人で式場へ行って打合せしたりひやひやしたけど楽しかったです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

何重にもなるチュール!特に後ろから見るトレーンは溜息が出る程本当に素敵でした!!

ブランド
ENZOANI
ショップ
Fiore Bianca
ドレス 2着目

珍しい生地とデザインで、絶対他の人と被らなそうだったのと、新郎へのサプライズで踊るのに動きやすくていいなと思いました。

いかにも結婚式!という感じのものではなく、インポートっぽくてあまり見たことがないようなものにしたかったので、希望通りのドレスに出会えて大満足です。友人にも「○○(私)っぽい」と言ってもらえたので嬉しかったです。

ブランド
Yolan Cris
ショップ
Fiore Bianca
シューズ

CDは、ドレスコーディネーターさんの勧めてくれたゴールドのグリッターパンプスにしました。
グリッターパンプスは、ウェルカムスペースに飾りたかったので、WDの時はお呼ばれ用に持っていたものを使用しました。

ヘアメイクのポイント

メイクはほとんどお任せ。WDの時は柔らかい感じ、CDの時は派手にして下さいくらいしかオーダーしませんでした。

髪型は、WDはアップ、CDは巻いて片方に流し大人っぽくしてもらいました。

アクセサリー

ネックレスは似合わなかったので、イヤリングのみにしました。WDではGarden of Graceさんのコットンパールイヤリング。CDではMoisさんのヘッドドレスのオプションでいただいたイヤリング。

アクセサリーではないですが、挙式の時のブーケは、母が母の結婚式で使ったブーケを持ちました。司会の方から紹介してもらった時にどよめきが起きたのと、一番近い距離で見てもらえて母も喜んでいました。

ヘッドアクセサリー

挙式はベールの邪魔をしないように何も付けず、披露宴入場で生花を付けていただきました。生花は打合せしたものと色味もお花も希望通りすぎてびっくりしました!

再入場で付けたヘッドドレスは、ミンネで一目ぼれしたMoisさんのVintage Gold Leaf cloth flower 《祝い事》。オプションのイヤリングも本当に素敵で、この二つもお色直しまでウェルカムスペースに飾りました。

ネイル

ネイルは担当者に希望が伝わらず、やり直す時間もなく失敗しました。 事前に2回ネイルをしてもらっていましたが、せっかくやるから色々なデザインを試したいと思って当日のデザインと異なるネイルにしていたのが原因でした。当日やりたいデザインを頼んで希望通りに仕上げてもらえるか事前に確認しておくべきでした。

メインで使った花や装花のテイスト

高砂はソファーにしましたが、カジュアル感が出ないよう、大人っぽく上品な感じになるように緑メインでお願いしました。

装花は、色味やボリューム、バランスなど、言葉ではイメージが伝わりにくいので、写真で伝えるのが良いと思います。希望の写真と、こういうのは嫌というのも伝えておくと良いと思います。

装花のポイント

色味とボリューム。 同じ緑でも色々あるので、どんな緑をどのくらいの比率にするか、ボリューム感も含め、細かく打合せさせていただきました。

特に高砂は結婚式の印象を左右するところでもあるので、しつこかったと思いますが自分のイメージが伝わっているか何度も確認しました。結果的に、想像通りのものに仕上げていただきとても満足しています。

フローリスト

花あとり絵ひまわり

お料理のこだわり

レンコンやさつまいもなど地元の食材を使っていただきました。シェフと直接相談して食材の種類はもちろん一切れ単位からオリジナルメニューを考えられるのが良かったです。カンパチのお茶漬けは凄く美味しいのでおススメです!

新郎新婦は式中お料理をゆっくり食べられない分、ディアステージでは式後に温かい状態で全部食べられるので、二次会の時間は余裕をもっておいた方がいいと思います!

ウェディングケーキ

ウェディングケーキはこだわりがなく節約したかったのと、サプライズにもなると思い、LUSHのソープケーキにしました。よく見るみつばちマーチは固くて入刀できなそうだったので、柔らかめのロウィーナバードグルメソープにしました。

入刀後、司会の方から実は石鹸です!と紹介していただいてみんなが驚いてくれたので良かったです。ソープはプチギフトにしようと思いましたが、好き嫌いがはっきりしそうだったのでやめました。

引出物

遠方からのゲストが多かったので、ヒキタクにしました。 大きな荷物を持たず二次会に参加できて、贈り分けもわからないし、宅配なので冷蔵や重さなども気にせず好きな品を選べたので良かったです。妊婦さんや、遠方からのゲストからは特に喜ばれました。

プチギフト

軽くて万人受けして形に残らないものがいいなと思って、二人の地元のお菓子(新郎:レンコンサブレ、新婦:安田牛乳のラングドシャ)を包んで贈りました。
その説明をどこにも用意していなかったので、みんな気付いてくれたかなとちょっと心配になったので何かすればよかったかなと思いました。

婚約指輪

婚約指輪は、身に付ける機会が少ないので無しにしました。

結婚指輪

結婚指輪は、ずっと身に付けるものだからお互い気に入ったものにしようということで、セットにはしませんでした。

新郎はCOEVR D'OR の avec toi 新婦はFoulason の ALSTROEMERIA リングの内側には、結婚記念日と二人のイニシャル、お互いの誕生石を入れました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

改めて出会いに恵まれていると感じたこと。
誓いの言葉の問い掛けで涙ぐんでくれる友人や、新郎へのサプライズに快く協力してくれるだけでなく、私の知らない所でさらに準備をしてくれていたり、せっかくの10連休の最中に遠方から駆け付けてくれるゲストも多く、ゲスト全員と出会えたことに感謝しました。

また、式ではないですが、準備に追われて発狂していた時、高校で一番仲が良かった友人に「準備いそがしそうだけど幸せないそがしさって感じで憧れるかも。笑」と言われて、あんなに憧れていた結婚式なのに発狂している場合じゃない楽しまなきゃ!と我に返り、それ以降準備を楽しむことができたので、その友人には本当に感謝しています。

二人らしさとは

何でも話し合うこと。出会った時から「察して」は無しにしよう、何かあったらその都度解決していこうと話していて、今もそれができていると思います。

嬉しかった参加者の反応

「○○(私たち)らしい式だった」「こんな結婚式初めてだった!」「楽しかった」と言ってもらえたこと。 また、挙式中少ししか流れなかったBGMや、会場のちょっとした装飾など、細かすぎるけど自分ではこだわっていたことに気付いてくれた友人がいたこと。

私にとって結婚とは

この人を一生支えていく!という覚悟ができたと思います。 あとは、両親への感謝が結婚前に比べて大きくなった気がします。

後悔していること

間際にDIYしたもの達の写真を撮らなかったこと。
当日はスケジュールに追われ、やりたいことをすっかり忘れていたこと。

ダーズンローズの花束、ゲストテーブルの写真や、ドレスを着てウェルカムスペースで写真を撮りたかったのに、一ミリも思い出さずに終わってしまいました。

また、カメラマンさんがいるから自分達での撮影は不要!と思っていましたが、入場前カーテンの裏で待っている時等は、カメラマンさんはいないので、カメラ(携帯)を持参してメイキング映像的な写真や動画も撮っておけばよかったなと今すごく思います。

やりたかったけれど諦めたこと

ガーデンでのデザートビュッフェをしたかったのですが、遠方ゲストの帰る時間と衛生面から叶いませんでした。ですが、他のやりたいことが叶ったので後悔は全くありません。

節約のための工夫

ムービーは全て無料のアプリやソフトで作ったのでかなりの節約になったと思います。 招待状は自分好みにしたいという理由からDIYしましたが、これも結果的に節約になって良かったです。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式準備では、決めることが沢山あるので、コンセプトをハッキリしておくとブレずに統一感ある式になると思います。テーマが「笑顔」とか「感謝」など感情的な場合は、プラスして「○○の映画」とか具体的なものもあると、テーマカラーや小物、DIYするならフォントの種類まで迷いも少なく一貫性がある選択ができると思います。

また、演出や、衣装やカメラマンなど持込みたいものなども、式場探しの時点から情報収集して、それを含めた見積りで比較できると節約につながり、理想を諦めることも少なくなると思います。

まだ先だな〜何すればいいかな〜と思って何もしないとあっと言う間に当日です(笑)
SNSで沢山情報収集できるので、少しずつ計画的に準備をして、直前は花嫁美容に集中・心の余裕をもって、理想の結婚式を実現して下さい!

何より一生に一度しかない短いプレ花期間を存分に楽しんでください!!