yuka.a.weddingさんのアイコン画像

yuka.a.wedding

サーファー×ダイバー🐠夏と海が大好きな夫婦が葉山で叶えた、海の見えるウエディングの記録です⛵️

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-08-22
SCAPES THE SUITE
50人未満

建物の最上階にあるチャペルは、コンパクトな作りではあるものの、光の入り具合と眺望が見事に計算されている素敵な空間です。

バージンロードにはガラスの下に砂とシェルが敷き詰められており、景色には電線や民家、ビーチにいる観光客が映り込むこともなく葉山の海を一望できます。
日光がたっぷり入り、キラキラ光る海を背景に行うことができた挙式は本当に幸せな時間でした💓

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-08-22
SCAPES THE SUITE
50人未満

披露宴会場は窓一面ガラス張りになっていて、最高のオーシャンビューを楽しめます。装花装飾を派手にしなくても、最高の景色が十分な贅沢感を出してくれます。

窓も全て開けることができるので換気がしっかりできることも安心ポイントでした。オープンキッチンも見ているだけでとても楽しく、出来立てのお料理をすぐに提供いただけます。

コンセプトやこだわったこと

特にこだわったものは衣装・BGM・食事・引き出物の4点。

衣装とBGMは完全に自分らしさを出すためのこだわりですが、食事と引き出物はコロナ禍にも関わらず集まっていただくこと、さらにゲストにとって少々遠方の会場になるのでとにかく満足いただけるようにこだわり抜きました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ウェディングドレス

アルバムを見る
ショップ
Dress DISTRICT

ショップ:Dress DISTRICT
ドレス名:Dixie

会場提携先のDress DISTRICTのオリジナルドレス。
前後左右どの角度から見ても表情が変わるデザイン、そしてバックスタイルの美しさに一目ぼれして決めました。

シンプルなシルクのAラインドレスがいいけど、何かスパイスが欲しいと思っていた私の理想にピッタリあてはまるドレスでした。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

お色直しドレス

アルバムを見る
ショップ
Dress DISTRICT

ショップ:Dress DISTRICT 
ブランド:isabelle armstrong newyork
ドレス名:Neve

こちらも提携先のショップで選びました。

どうしてもマーメイドを着たかったけど、上半身が貧相な私はハートカットやVカットは体に合わず、だからといって胸まわりを固定するようなビスチェや編み上げタイプのドレスは嫌。それでも背中を思いっきり出したいという無茶なリクエストに応えてくれるドレスがこちらでした。

前から見るとクラシカルですが、背中ががっつり空いていて一目ぼれ!身体にもピッタリでまさに運命のドレスでした。

SHOES
シューズ

ブランド:odette e odile 
色:オフホワイト
結婚式後もお呼ばれ用などに使えるシューズを選びました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ヘアメイク

アルバムを見る

提携の方にお願いしました。
1着目のヘアは挙式もあるのでシンプルなシニヨン。
2着目は海外のビーチウェディングの写真を調べまくって気に入った、ロングヘアを活かしたほうきポニーにしていただきました。

メイクは普段よりも少し濃いめ位に。ブラウンとゴールドをメインに、後は自分に合う色でお任せしました。ボディメイクはせずに、LUSHの月の粉で上半身をさりげなくキラキラさせました。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式:祖母のおさがりの天然パールのイヤリング
披露宴:Ihana Aikaのパールつららピアス
お色直し:Dress DISTRICTにてお借りしたイヤリング

NAILS
ネイル

Chipeee EBISUでお願いしました。
海をイメージしてシェルとゴールドを沢山散りばめてもらいました🐚

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

装花・会場装飾

アルバムを見る

お花はホワイトとグリーンで。
シンビジウム・デンファレ・アンスリウム・ユーカリ・アレカヤシがメインです。

FLOWERS
装花のポイント

夏の海でのウェディング。

南国感ではなく落ち着いたリゾート感を出したかったのでホワイトとグリーンで大きめのシンビジウムとアレカヤシ、小ぶりなデンファレやユーカリを組み合わせていただきました。テーブル装花の水中花もとってもお気に入りです!

FLORIST
フローリスト

SAINT JORDI FLOWERS THE DECORATOR 葉山店(提携先です)

FOOD
お料理のこだわり

お料理はコース単位で選ばず、基本のコースを元に単品変更で組み合わせていきました。

主人も私も、”和”の要素や素材を活かしたお料理に一目ぼれしました。パレットで提供する前菜はとにかく見た目も豪華。新鮮な地野菜を使っているというのも大きなポイントでした。

もちろん御魚料理やお肉料理等も絶品ですが、好評だったのがお茶漬け。夏場でしたが良い〆めのお料理だったと大絶賛でした!

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

真夏の天候やコロナ禍の感染リスクも考えイミテーションにしました。

どシンプルな2段ケーキですが、1段ずつクリームの塗り方を変えていただきオリジナル感を。お花は会場にも使っているシンビジウムを使い、シンプルだけれど贅沢な、会場にもドレスにも馴染むケーキにしていただきました。

WEDDING FAVORS
引出物

女性ゲスト:ACTUSのギフトカタログ/会場オリジナルスイーツ“GOEN”
親戚:日本を贈るギフトカタログ/寿の高砂/お出汁カクテル詰め合わせ

PETITE GIFTS
プチギフト

福砂屋のキューブカステラ

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

BRILLIANCE+

ダイヤモンドでプロポーズをしてもらいました。
指輪にもネックレスにもできるとのこと、後日彼主人と一緒にリングを選びにいき、オリジナルの婚約指輪が完成しました。

WEDDING RING
結婚指輪

Van Cleef & Arpels

トゥージュール の4mm イエローゴールドです。
華奢なデザインが苦手なので、太めの指輪を探して見つけたのがこちらでした。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

披露宴の終わり、謝辞を述べた後の主人からの薔薇の花束のサプライズ。彼なりの結婚への決意を家族、友人の前で話してくれる姿を見て涙が止まりませんでした。

二人らしさとは

ファーストミート

アルバムを見る

ありのまま、だと思います。
時にはぶつかることもありますが、お互い背伸びや無理はせず、心地よくいられる関係が私達らしくてとっても好きです。

嬉しかった参加者の反応

彼がサーファー、私が元ダイバーと海が大好きな私たち。

海での結婚式を”私たちらしい”と言ってもらえたこと、2人がゲストのことを想って色々用意してくれたことがとっても伝わってきたよ、と言ってもらえたことが本当に嬉しかったです。

私にとって結婚とは

結婚とは、発見だと思います。
今までは自分の価値感だけで生きてきましたが、彼の価値観を知ることで世界が広がっていく感覚が分かるようになり、とっても楽しく充実した日々です。

後悔していること

AM1組、PM1組限定の会場なので、貸し切りとなります。なので会場のいたるところに自分たちで装飾ができるのですが、予算と時間の関係でシンプルなものにしてしまったのが少し後悔のポイント。

事前に飾り付けができるところをしっかり自分の目で確認して、飾り付けも多めに用意しておけばよかったです!

やりたかったけれど諦めたこと

友人に余興をお願いしたかったのですが、コロナ禍での感染リスクやゲストとゆっくり話せる時間がなくなることを考えてやめました。
結果、家族や友人と満足に話したり写真を撮ったりする時間を取れたので諦めてよかったと思いました!

節約のための工夫

一生に一度の結婚式なのだからこれもいい思い出になると思い、自分で作れるものは極力自力で手配したり作ったりしました。

ペーパーアイテムやプロフィールムービー、両親への贈呈品、除菌セットやリングピローetc… 結果アイテム系は2分の1以上の予算削減ができました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

2020年のコロナ禍で、これから結婚式を予定されているプレ花嫁さんは悩み事が尽きないことと思います。なんで今なの!運が悪い!と思ってしまいますよね。私自身も1度延期をしましたし、なぜ自分たちがこんな思いをしなければならないんだと何度も思いました。

けれど、コロナ禍でなかなか家族や友人に会えない状況が続いていた中で”結婚式”という場で大好きな人たちに会えるということ、そんな皆が自分たちのために集まってくれるということ、感染が起きないように細心の注意を払ってくださっている会場の方々の姿を見て、結婚式ができることは当たり前なんかじゃなくて、本当に奇跡だしありがたいことなんだと実感しました。

結婚式は家族や友人への感謝の気持ちをあらためて伝えることのできるとっても素敵な場です。困難を乗り越えて迎える結婚式当日は幸せに包まれていて、今までの苦労なんて全て飛んでいってしまうくらい感動的で一生忘れない1日になると思います。

勿論、人それぞれ思うことや考え方もあるかと思いますが、どうかご自身の判断を信じて、あまりこの世の中を悲観しすぎずに、当日に向けての準備を目いっぱい楽しんで欲しいなと思います。皆様にとって最高な1日となりますように!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です