卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
The garden oriental osaka
50人以下

明るい光もナチュラルなグリーンもちゃんと入りつつ、 甘くなりすぎずシンプルで素敵な空間を演出できるチャペルでした!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
The garden oriental osaka
50人以下

私はどうしてもテントでパーティーをしたかったのでそれが唯一叶う場所でした!
高砂もソファにできるし、 お花をたくさん使わなくても周りのグリーンに囲まれてする披露宴はとても幸せでした!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ペーパーアイテムは全て手作りしたこと。
両親への手紙は新婦が作詞作曲をして手紙ではなく歌ったこと。
堅苦しい挨拶や祝辞などは全てなしにして、ゲストとの歓談の時間をめいいっぱい増やした事。
テーマカラーというものは決めず、ポイントで色を使うときは“赤”ということだけ決めて、あとはナチュラルな感じにしました!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

旦那さんが王道を着てほしいという願いがあったようなので王道のAライン。
そして、細かい刺繍と甘すぎないチュールに惹かれてこのドレスにしました!

ブランド
Reem Acra
ショップ
THE TREAT DRESSING
ドレス 2着目

どこのドレスショップにもないかぶる事のないカタチとデザインに一目惚れしました。
披露宴の時間も夕方から夜だったのでビジュー達が目立ってよりいいかなと思い、最初の試着からキープしてた運命の1着でした!

ブランド
Jenny Packham
ショップ
THE TREAT DRESSING
シューズ

ブランドはわからないのですが、海外のサイトから取り寄せたもので、足首から垂れるビジュー達が歩くと揺れるのがすごく気に入って買いました!
色は白、と決めてたのであまり迷いませんでした!

ヘアメイクのポイント

1着目はボンネをつけるのでヘアスタイルはボンネが目立つようにし、リップの色も控えめにしました。
2着目はドレスに合わせて女神様みたいにしたかったので、ヘアスタイルもアクセサリーもそのイメージに合わせて、リップはアクセントにボルドーのリップにしてもらいました!

アクセサリー

1着目はボンネとイヤリングはワンポイントのもの。
2着目はオスカーのイヤリングにしました。

ネイル

ネイルはクリアベースにゴールドのパーツ達と赤のストーンを付けました。
フットネイルはボルドー4本とゴールド1本でシンプルにしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

メインは周りのグリーンを邪魔しないような感じで季節感のあるお花たちをリクエストしました。
(パンパスなど) ポイントで赤みのあるものも入れて、甘すぎない感じで、とお願いをしました!

装花のポイント

甘いテイストがどうしても嫌だったので、バラや可愛らしいお花は使わないで下さいとお願いをしました!

フローリスト

日比谷花壇さんにお願いしました。

お料理のこだわり

あまりボリュームがありすぎずなさすぎず、美味しく食べていただける量のコースにしました!

ウェディングケーキ

ケーキはシンプルに。
イチジクとメインのお花と同じお花達を少しのせていただいて、蜜を垂らした感じの1段だけのシンプルなものでした!

引出物

当日渡すのは全て同じにして、後日ご祝儀を多くいただいた方や上司の方には別で引き出物を送りました!

プチギフト

旅する紅茶というタキビベーカリーさんで出してる紅茶にして、そこにオリジナルのタグをつけてテーブルにおくスタイルにしました!

結婚指輪

ティファニーのゴールドで私だけ3つのダイヤがついてます。笑

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

たくさん感動した事はありますが私たちは人前で手紙を読む、という事はせず、式の前にファミリータイムをいただいて そこで新郎は両親1人ずつに手紙を読み、私は両親1人ずつと妹に手紙を渡して読んでもらいました。

私と妹は12歳離れていて、私と妹の間にはずっと不思議な壁が12年間ありました。
それは私の思春期と妹が生まれてきた時期が重なり、私が妹に対してどう接していいかわからなかった事から生まれた壁でした。
「いつか妹に謝らなくてはいけない」と思っていて、ここがチャンスだと思い、つらつらと妹への想いを手紙に書きました。

普段人前では泣くことのない妹がポロポロ涙を流しながら私の手紙を読んでくれた時は、本当に感動しました。

二人らしさとは

私たちらしさとは 自由に生きることだと思っています。
周りになんと言われても2人で決めたことは2人でちゃんと責任をもってやる。
そしてやりたいことをやって旅するように生きる。
それが2人らしさかなと思っています。

嬉しかった参加者の反応

今までで 最高の結婚式だった!と大半のゲストの方に言っていただくことができました!
私たちらしさが全てつまったシンプルだけど大満足できた式だった!って言われた時は本当にあげてよかったなぁと思いました!

私にとって結婚とは

ここまで自分をつくりあげてくれた周りの人たちへの感謝と、これから2人で頑張って行くことの決意表明と、2人がどう生きていくかを再確認するためにあるべきものが結婚式だと思いました!

やりたかったけれど諦めたこと

全てできました。笑
やりたかったことが少なかったのもあります。笑

節約のための工夫

持ち込めるものは持ち込む! (靴やカフス、細かいアクセサリーなど)
手作りできるものは手作りする!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

理想とお金のすり合わせが難しいとは思いますが、1番は誰のために何のために式を挙げるのかを考えて、最優先にするものを考えると案外すんなり決まりました!

あまりテーマカラーなどは難しく考えずに、自分たちがどういう人間で、どういうものや事が好きで、どうやって生きていきたいか、を考えたら自然とスタイルが見えてきました!

旦那さんと楽しんで素敵な結婚式にしてください!

前撮り
後撮り
京都

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

和装前撮りは
京都でロケーションフォトをしました。
写真は @katakura_gentoku さんにお願いしました!

和装は絶対に白無垢に綿帽子と決めていました。
赤のこぶきに、ところどころ金の刺繍が入ってる白無垢に赤い襟をたしていただきました。

和装前撮り アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

着用した衣装

・白無垢
・ウェディングドレス

挙式前撮影 アルバムを見る >